本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース
RSS(別ウィンドウで開きます) 

第一日昭工業 大館市に本社機能移転 工場増設で集約 県、誘致企業に認定

2019-09-21
工場増設に伴い本社機能を移転する第一日昭工業大館支店(大館市釈迦内)
 食品製造プラントなどを手掛ける第一日昭工業(栗山英明社長、本社・川崎市)が工場増設に併せて本社を大館市に移転することになり、県は20日、同社を誘致企業と認定した。業務の効率化とコスト低減を図るため、生産拠点の大館支店(大館市釈迦内)に管理・経理部門を集約する。
 1965年6月に設立し、89年まで釈迦内鉱山の関連業者として機械設置工事やメンテナンスを手掛けていた。閉山後は化学プラントや環境関連、食品製造関連向けに機器の製造・設置工事を行い、材料の切断加工から溶接、機械加工、組み立てまで自社内で対応している。2018年に県の「ものづくり中核企業成長戦略推進事業」認定を受けるなど、難易度の高い製品づくりを展開している。
 工場増設は、需要が見込まれる下水処理場向け大型・中型の遠心脱水機・遠心濃縮機のメンテナンスや試運転業務の受注に対応する狙いがあり、8月に着工。鉄骨平屋372平方㍍を第3工場隣に建てる。2020年6月に操業開始する予定で、4年間で新規雇用8人を見込んでいる。従業員は現在41人。投資額は約1億3000万円。3年前にも食品分野へ参入するため約3億円を投じて工場を増設したほか、高性能レーザー加工機を導入、素材加工の内製化と自動化で生産性の向上を図った。市工場設置促進条例に基づく指定工場となっている。
 県は工場増設に併せて誘致企業として認定し、誘致受け入れ決定通知書を同社に交付した。
 本社機能の移転に伴う県補助金の指定は、羽田電線(由利本荘市)に続いて本年度2件目。

中学生が軽傷 クマ被害受け対応協議 鹿角市鳥獣対策協 おり設置や刈り払いなど

2019-09-21
クマによる被害防止対策などを協議した緊急会議(市役所)
 19日に鹿角市の花輪第一中学校付近で下校中の男子生徒がクマに襲われ軽傷を負う人身被害があり、市は20日、鳥獣被害防止対策協議会(会長、大森誠・市農林課長)の緊急会議を市役所で開いた。関係者によると、下校中の児童生徒のクマ被害は、少なくともここ30年は聞いたことがないという。襲ったクマの捕獲や現場周辺の刈り払いなどに向け、関係者や関係機関と連携して対応にあたることを確認した。
 市、県、森林管理署、警察、消防、猟友会、果樹協会、JAなどの担当者約人が出席。市、消防が人身被害の発生状況やクマの出没状況などを報告した。
 本年度(19日現在)のクマの出没は108件で前年度同期(227件)の半数程度だが、捕獲頭数は52頭と前年度同期並み。クマによる人身被害は市内で本年度初めて。
 今後の被害防止対策では、住宅地が近いため猟銃による駆除はできないことから、おりの設置を検討する。場所は、餌によってクマを誘因する可能性がある学校周辺ではなく、猟友会に現場を確認してもらった上で、クマの生息地に近い里から離れた場所に仕掛けたい考え。
 被害現場となった学校と県道を結ぶ階段の脇は2、3日前に教育委員会が刈り払いをしたばかり。教委はクマを誘因した可能性があるクリの木の伐採などを含め、広い範囲で刈り払いを行いたい考えで、今後、周辺の土地所有者に協力を仰ぐことにしている。
 このほか、生徒たちの見守り、学校周辺にある果樹園への電気柵設置の呼び掛け、クマの誘因物の有無の点検などについて対応を確認した。
 今年はブナの大凶作が予想され、里へのクマの出没が懸念されているため、被害防止に向けた住民への注意喚起を機会あるごとに実施していく方針。

特別会計の増額鈍化へ 北秋田市9月議会 決算審査が始まる

2019-09-21
審査が始まった北秋田市議会の決算特別委(市第二庁舎)
 北秋田市の9月定例議会は20日、2018年度各会計決算審査を行った。介護保険特別会計が膨らむ中、当局は「増額の伸びが今後鈍くなる」との見通しを示した。
 一般会計決算特別委員会(板垣淳委員長)と特別・企業会計決算特別委(佐藤光子委員長)をそれぞれ設置。この日から一般会計は本庁舎、特別・企業会計は第二庁舎で25日までの3日間審査する。10月2日に津谷永光市長を招き、総括質疑を予定している。
 特別・企業会計決算特別委は介護保険特別会計などを審査した。18年度は第7期介護保険事業計画の初年度に当たり、決算規模は約57億円だった。
 委員は市町合併の05年度時点で約35億円だった特別会計が年々膨らむ状況を懸念。見通しを質問した。
 これまでは高齢化が急速に進展したものの、近年は高齢者数が横ばい状態にあると高齢福祉課が説明。サービスを必要とする要介護認定者数も「大きな動きがない」という。
 今後、認知症対策など新たに事業が必要とされる可能性はあるものの、特別会計全体では増額傾向が鈍化すると見通した。
 第7期計画では介護保険料の基準月額が660円増の6460円に引き上げられた。同課は「消費増税や事業費の増加があっても7期の期間中に引き上げることはない。計画の3年間を一つのスパンとして考えている」と述べた。

一般会計 実質収支11億の黒字 18年度決算 審査を開始 市民税など前年度比増 大館

2019-09-20
 大館市の9月定例議会は19日、一般・特別会計決算特別委員会(石垣博隆委員長)を開き、付託された2018年度一般会計と15特別会計の決算認定案の審査を開始した。福原淳嗣市長は冒頭のあいさつで、個人市民税、法人市民税が対前年度比で増となり、ふるさと納税の寄付額も7億円を超えたことなどを紹介。監査委員は「今後とも財政の健全性を確保しながら、長期的な視野での施策推進を望む」との意見を述べた。
 18年度の一般会計は、歳入が前年度比3・5%増の391億5308万円、歳出は同3・3%増の371億749万円。差引額は20億4559万円で、19年度への繰越財源を差し引いた実質収支は11億2338万円の黒字。実質収支から前年度の実質収支を差し引いた単年度収支は5億2003万円の赤字。実質単年度収支も7億6738万円の赤字を計上した。
 国民健康保険、介護保険など15特別会計の決算総額は、歳入が6・7%減の210億607万円、歳出は6・3%減の202億7332万円。実質収支は7億3275万円の黒字、単年度収支は1億6150万円の赤字となった。 市債残高は18年度末で前年度比1億5735万円(0・5%)増の346億1276万円。公営企業会計を含む全会計の市債残高は前年度から8413万円(0・1%)増加し659億676万円。
 福原市長は歳入について、市税は都市計画税を廃止したが、個人市民税、法人市民税収入が対前年度比増となり、収納率が過去最高を更新したと説明。ふるさと納税は「返礼品の魅力向上などで寄付額が7億円を超え、地域経済への波及効果があった」と強調した。
 歳出は「子育て世代に関する市の独自事業として在宅子育て事業給付金などで負担軽減を図りつつ、待機児童対策を推進した」と強調。歴史まちづくり事業推進や交流人口の拡大を図るため秋田犬の里建築工事を実施したことなどにも触れた。
 長谷部明夫代表監査委員は審査報告で、「第6次市行財政改革大綱に基づき、歳入の確保と歳出の削減や行政の効率化などに取り組み、一定の成果を上げている」と評価しながら、「多くの事業を抱える中で、人口減少対策や少子高齢化への対応にかかる経費の増加も見込まれ、厳しい財政運営が続くと予想される。各種事業は計画内容を精査し、より効率的、効果的に推進してほしい」などと求めた。
 特別委は20日に一般会計款別審査など、24日は総括質疑などを予定している。

声良鶏銅像 駅前設置は不採択 請願・陳情 地上イージスは継続審査 鹿角市9月議会

2019-09-20
 鹿角市の9月定例議会は19日、最終本会議を開き、委員会に付託していた議案13件と決算認定案1件、追加提案の一般会計補正予算案(第5号)、議員発議の意見書案各1件を可決、認定したほか、声良鶏銅像のJR鹿角花輪駅前への設置を求めた請願を不採択、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の秋田市新屋地区への配備に反対の意思を示すよう求めた請願、陳情計3件は継続審査とした。2018年度一般・特別各会計の決算認定案6件が追加提案され、決算特別委員会を設置、閉会した。
 「声良鶏銅像を花輪駅前を離れることなく設置することを求める請願」は、鹿角花輪駅前にある銅像を歴史民俗資料館へ移設する市の方針に反対している市民団体「声良鶏銅像の設置を考える会」(奈良東一郎代表)が提出。
 吉村アイ議員が採択の立場から「市民の声の代弁者である議会として『考える会』に寄せられた700人を超える署名、市民の熱い思いをくみ取るべき」、田村富男議員が不採択の立場から「銅像移設を機に資料館をまちなか観光の目玉として生かすべき。銅像も重要だが、声良鶏の飼育・保存対策にもっと力を入れるべき」とそれぞれ討論。議長を除く16人による起立採決の結果、請願の趣旨に賛成4人、反対12人で不採択とした。
 地上イージス配備反対の請願、陳情について、戸田芳孝議員が採択の立場から「住民の生活を脅かす配備計画はあってはならない。新屋地区だけでなく県民全体の問題」、兎澤祐一議員が「根本的には国防の問題で、拙速に結論を出すべきではない。もっと議論をすべきと考えるので継続審査が妥当」とそれぞれ討論。起立採決の結果、継続審査とした総務財政委員長報告に対して12人が賛成し継続審査とした。
 追加提案の補正予算は、滞納市税不適切処理訴訟で最高裁第3小法廷が市民団体の上告を棄却し、判決が確定したことから、顧問弁護士委託料194万円(弁護士への報酬)を計上した。財源は財政調整基金を充てる。
 意見書は、森林・林業・木材関連政策の推進を政府に求める内容。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

伝統の舞軽快に 鹿角 大里で先祓舞

2019-08-18
先祓舞を奉納する舞子たち(八幡平谷内の八坂神社)
 鹿角市の無形民俗文化財に指定されている先祓舞(さきばらいまい)が15、16の両日、八幡平大里と谷内集落の地元神社例大祭で奉納された。華やかな衣装を身に着けた舞子と呼ばれる子どもたちが地域を回り、無病息災や地域安泰を祈った。
 毎年、大里は川原稲荷神社、谷内は天照皇御祖神社(神明社)の祭典で奉納される。このうち谷内は、江戸時代中期に岩手県八幡平市の兄川稲荷神社から伝えられたとされ、兄川舞ともいわれる。
 15日の宵宮は天照皇御祖神社(神明社)から御旅所の八坂神社まで、16日の本祭は八坂神社から集落内を巡りながら神明社まで、ご神体のみこしの順路を清める先祓いとして舞い踊る。
 16日は、縁結びの神社として知られる八坂神社で神事を行い、境内で舞を奉納した。舞子は小中学生ら23人。じゅばん、たすき、腰帯、鉢巻き、白足袋などを身に着けた子どもたちが、かね、笛、太鼓のはやしに合わせて、伝統の舞を軽快に披露。小学低学年は手に飾り棒、同高学年と中学生は刀を持って勇ましく、「ソラヨイサッサ」の掛け声を上げながら舞った。
 神社を出発し、みこしを先導しながら地域を回り、軽快な舞を披露した。

認知症高齢者対策 「見守りシール」登録20人 大館市 「事業の周知もっと必要」

2019-08-17
大館市が導入している「見守りシール」と伝言板システム
 認知症高齢者対策として大館市が実施する「徘徊(はいかい)高齢者等見守りシール事業」は3年目に入り、20人が利用登録している。衣類などに貼るQRコード(2次元バーコード)付きシールを配布し、道に迷った場面に出くわした市民が読み取って家族に知らせ、早期対応につなげる仕組み。シールを活用した発見事例はまだないが、長寿課は「高齢者が地域で安心して生活できるよう、登録を促すだけでなく、見守る側の市民へも事業を周知していきたい」と話す。
 事業は2017年度に開始した。徘徊が心配な65歳以上高齢者の家族らから申請を受け付け、対象者の衣服や杖、靴などにQRコード付きのシールを貼り付ける。道に迷っている人を発見した市民がQRコードを携帯電話などで読み取ると、登録している家族にメールが届き、インターネットの専用「伝言板」を通じて発見場所や状況のやりとりができる。本人はニックネームで登録し、双方の個人情報や電話番号などは開示されない。
 シールは1人当たり4000円程度で、一度登録すれば継続して使用できることから、県内の自治体で初めて事業を導入した。長寿課によると、現在登録者は20人。市地域包括支援センターなどから紹介を受けて登録するケースが多く、チラシを配布して市民にPRしてきたが、利用は伸び悩んでいる状況だ。これまで高齢者の発見につながった事例はないが、落とし物の靴のシールを読み取り、連絡がきたケースがあった。
 「認知症高齢者が増加するとされる中、日中1人で過ごす人や高齢者世帯が安心して地域で生活できるよう、登録者を増やしていかなければならない」と長寿課。「発見した市民が家族につながるシールだと分かり、すぐに読み取って対応できるよう事業の周知がもっと必要」とも話す。
 同じく17年度に開始した「はちくんパトロール隊」には市民52人が登録。認知症サポーター養成講座を受講し、犬を散歩させながら見守りを行っている。「毎日会う人を見かけなくなった」との隊員からの指摘で自宅で体調が悪くなっていた高齢者を発見したほか、道に迷う高齢者に対応した事例があり、長寿課は「気軽にできる見守り活動で、さらに隊員を増やしていきたい」としている。

現役マタギに「弟子入り」 北秋田 先人の知恵、体験学習

2019-08-17
鶏の羽をむしる児童生徒たち(北秋田市阿仁前田)
 「マタギ文化発祥の地」とされる北秋田市で16日、先人の知恵を学ぶ体験学習会が始まった。市の友好交流都市・東京都国立市や市内などから小・中学生40人が参加。鶏の解体作業やきりたんぽ鍋作りに挑戦し、命の恵みを味わった。
 市や市教委、住民有志でつくる実行委員会(佐藤慶博委員長)、県教委が19日まで3泊4日の日程で開催した。現役マタギに「弟子入り」して教わるプログラムを用意。2日目以降、カジカ取りやキャンプ、杉苗の植林作業などにも挑戦してもらう。
 市内の小学4~6年生10人、国立市の4~6年生11人、短期チャレンジ留学で来市した4年生から中学2年生19人が参加した。国立からは保護者や市職員計14人が随行した。
 結団式で佐藤委員長が「動物の命をいただいて生きているというありがたさを知ってほしい」とあいさつ。津谷永光市長や委員らが児童生徒全員と握手を交わし活動をスタートした。
 初日はきりたんぽ鍋作りがメイン。マタギが山中で食べたとされる料理。鶏の羽をむしったり肉を小分けしたりする作業を参加者たちが体験した。中には初めて見た光景に「怖い」と尻込みする姿も。それでも委員から「命のありがたさを考えてみましょう」と促されると、肉を傷付けないように丁寧に羽をむしっていた。

開幕告げる神輿渡御 ご神体御旅所に鎮座 19、20日に花輪ばやし 鹿角市

2019-08-17
幸稲荷神社を出発した神輿渡御の一行(鹿角市花輪)
 花輪祭典の開幕を告げる「神輿渡御(みこしとぎょ)」が16日、鹿角市花輪で行われ、東山の幸稲荷神社本殿を出発したご神体が花輪の中心街を巡行した後、谷地田町の里宮「御旅所」に鎮座した。
 花輪祭典は地域の総鎮守、幸稲荷神社の祭り。国の重要無形民俗文化財でユネスコ無形文化遺産の花輪ばやしは、祭礼ばやしを奉納する伝統行事として19、20の両日行われ、街が祭り一色に染まる。
 この日は雨天となる中、午後1時すぎに神輿が幸稲荷神社を出発し、福士川沿いに市街地へと下った。同2時ごろ、祭典の要所となっている組丁「赤鳥居」前で神明社の神輿と合流。神職、氏子らに守られながら、大太鼓の列を従えて練り歩いた。住民は供物を手に一行を出迎え、豊作や家内安全、商売繁盛などを願って拝礼していた。
 16日から御旅所に鎮座している神輿は、20日未明の「朝詰行事」に合わせて新田町の「桝形」へ渡御。同日午後の「還幸祭」で桝形を出発し、本殿に還座する。

新成人 盛夏の誓い 大館市と北秋田市 令和最初、大人の一歩

2019-08-16
恩師の登場に歓声が上がった(ほくしか鹿鳴ホール)
 大館市と北秋田市で15日、令和最初の成人式が行われた。1998年4月2日から99年4月1日までに生まれた大館市674人、北秋田市318人が対象。新成人たちは家族や恩師らから祝福を受けながら、大人としての一歩を踏み出した。
 大館市ではほくしか鹿鳴ホールで式典が行われ、対象の75%に当たる507人が出席した。会場にはスーツや華やかなドレス、振り袖に身を包んだ新成人たちが訪れ、級友との再会を喜んだ。
 式で福原淳嗣市長は「本当におめでとう。自分がなぜこの世に生を受けたのか考え、大館人としての誇りを持ってほしい」などと祝辞を述べた。中学時代の恩師を代表し、阿部剛士教諭(大館一中)は「大きく成長してくれていてうれしい。皆さんには今後、全ての人と自分自身を大切にしてほしい。人生がさらに輝くことを願う」と激励した。
 新成人を代表し守屋啓吾さんは「人生の節目、大人の門出を迎えられたのは家族や先生、仲間たちのおかげ。大館に貢献できるよう精いっぱい努力するとともに、地元を支えていけるようまい進したい」と力強く誓った。
 続いて中学時代の恩師がステージに登場した。懐かしい顔を見つけた新成人たちからは、拍手や歓声が上がった。
 式後には実行委員会(佐藤海斗委員長)が主催するミニライブや来場できなかった恩師からのメッセージビデオが上映された。出席者は20年分の思い出を胸に、今後の人生に思いをはせているようだった。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

襲名披露公演 記念マカロン 小坂町の康楽館 13、14日 1000個限定販売

2019-07-10
1000個限定で販売される「記念マカロン」
 13、14の2日間、小坂町の芝居小屋・康楽館で開かれる二代目松本白鸚さん、十代目松本幸四郎さん親子二代の襲名披露公演「松竹大歌舞伎」を記念し、同町は、洋菓子などの製造・販売を手掛けるダロワイヨジャポン(本社・東京)と共同で、特製の「マカロン」を製作した。歌舞伎の象徴ともいえる「隈取り」などがマカロンに直接プリントされている。
 白鸚さんは、これまで康楽館での歌舞伎公演に3回出演しており、2006年11月には、歌舞伎の十八番である「勧進帳」の900回記念公演を演じるなど、康楽館の芸術文化活動に大きく貢献。今回の親子での襲名披露公演にあたり、町では「花を添えて盛り上げたい」(細越満町長)という思いがあった。
 記念マカロンは、秋田銀行地方創生総合アドバイザーの櫻庭英悦さん、昨冬のイベント「クリスマスマーケット」で焼き菓子「シュトーレン」の限定販売に協力してもらった菓子メーカー「不二家」、不二家が全額出資するダロワイヨジャポンによる連携で実現した。
 町役場で9日、記者会見が行われた。町長は「ダロワイヨジャポンはパリに本店を置く、世界的な会社の日本法人。製品は大変評判が高く、おいしいお菓子を製造する会社。さまざまなアドバイスをいただき、小坂町らしい素晴らしい商品を開発することができた」と述べた。
 フランス・パリ発祥の伝統菓子「マカロン」はダロワイヨジャポンの看板商品。吉岡友紀子社長は「歌舞伎とマカロンが合うのか悩んだ」と前置きした上で、「パリのオペラ座と康楽館の関係、和洋折衷の建物が今もあるこの町の伝統と、パリの伝統が歌舞伎という形で出会うのがおもしろいと思い、コラボが実現した」と紹介した。
 商品はマカロンが6個入りで金柑味、ショコラ味、抹茶味は歌舞伎の定式幕の3色を表現。吉岡社長は「色合いにこだわって作った。特に金柑味はお店でも販売しておらず、この色合いを実現するために作ったもの」と特別な商品であることを強調した。
 また、バニラ味などのマカロンには町のイメージキャラクター「かぶきん」や「康楽館」などをプリントし、「記念のお土産になるように仕上げた」(吉岡社長)。
 製造にあたり、松竹に足を運び、承諾を得たという。櫻庭さんは「松竹としても初めての取り組みで、知恵を出し合った。今回は、松竹に評価してもらったことが最大のポイント」と、松竹の全面的な理解に感謝した。
 記念マカロン(税込み1500円)は限定1000個。箱には白鸚さん親子の画像が施されている。両日とも午前9時から午後6時30分まで、康楽館正面入り口前の特設売り場で販売する。歌舞伎の観劇者以外も購入可能。

観光基本計画 中間評価、見直しへ 大館市 変化踏まえ「抜本的に」

2019-07-09
 大館市は本年度、観光基本計画の中間評価と見直しを行う方針だ。2016年度の策定以降に広域連携などの取り組みが始まり、議会からも「産業政策として明確な方向性を打ち出してほしい」と要望が出ていた。福原淳嗣市長は市議会6月定例会一般質問で「全庁を挙げて抜本的に見直していく」との考えを示した。
 計画期間は23年度まで8年間。基本理念は「匠と歴史の宝箱を発信」、基本方針として▽交流人口の拡大▽観光の産業化▽広域連携の促進―の3本柱を掲げた。施策目標は大館ブランドの向上、プロモーション(宣伝活動)力の強化、おもてなし体制の充実、広域観光地域づくりの機能追加、海外からの誘客拡大の5項目としている。
 観光入り込み客数は15年度188万人(うち訪日外国人586人)から19年度220万人(8000人)、23年度250万人(1万人)に増やし、経済波及効果は15年度206億円から19年度247億円、23年度278億円とする数値目標を設定した。
 6月議会の一般質問では「ここ数年の観光シーンの急激な変化に対応していない。方向性が不明瞭で、交流人口が増えるだけでは市民理解が得られないのではないか」として実効性ある計画への見直しを求め、市長が「4年目の本年度に中間評価を行い見直す」と答えた。
 見直しに当たっては、地域連携DMO(観光地経営組織)・秋田犬ツーリズムの設立や観光交流施設「秋田犬の里」オープン、3D(大館・函館・角館)連携、奥州藤原氏を縁とした交流など、計画策定以降に大きく変化した状況を反映させる必要があると判断。これまで築いた広域連携の中での位置づけや目標なども明確にしたい考え。
 施策については秋田犬を活用した情報発信、民間企業や各種団体と連携した受け入れ体制の整備などを基本とし、費用対効果や外部からの集客に伴う経済効果などを分析しながら具体化する。

エレックス極東 北秋田に研修センター 太陽光発電の保守・点検など 県の誘致企業に認定

2019-07-09
開設した研修センター(北秋田市脇神)
 電気設備のメンテナンスなどを手掛けるエレックス極東(本社・名古屋市、三宅正貢社長)は8日、北秋田市に「エレックス極東 鷹巣 再生可能エネルギー研修センター」を開設した。県の誘致企業となったことから同日、県産業労働部の妹尾明部長から三宅社長へ、誘致企業受入決定通知書が手渡された。
 同社は電気保安管理業務を主体として1963年に創業。管理体制が高く評価され、営業エリア拡大のための拠点開設を進めている。北秋田市では、脇神地内で2014年8月に太陽光発電所「燦ソーラー」を開設。16年6月には阿仁前田、17年4月には合川でも稼働させた。
 研修センターは、燦ソーラーに隣接する脇神字高森岱地内に開設。木造一部2階建て、延べ床面積122平方㍍の既存住宅をリフォームして事業所とした。
 小型無人航空機ドローンを活用したソーラー発電パネルの点検のほか、風力発電、バイオマス発電の管理やメンテナンスに関する社員向けの研修を行う。併せて県北地区におけるサービス拠点事業所としても活用する。創業時の従業員は5人、将来的には15人の雇用を見込んでいる。
 この日は開所式の神事に続き式典が行われ、来賓の津谷永光市長は「市の産業振興、地域の経済活性化につながることを大いに期待している」などとあいさつした。
 誘致企業の受入決定書を受け取った三宅社長は「研修センターを開設することで、県や北秋田市の雇用に少しでも力になれれば。今後、しっかりと実りある事業として展開していく」と述べた。

鹿角市の市税 前年度比で2%増 19年度調定額 所得の伸びなど要因

2019-07-09
 鹿角市は、市税の2018年度収入状況と2019年度当初賦課状況をまとめた。19年度の調定額は市民税(個人)が9億7000万円で2・52%、固定資産税が14億9000万円で2・28%それぞれ増加。納税者は減少しているものの、給与所得の伸びなどにより前年度を上回っている。
 まとめによると、19年度当初賦課状況は、市民税が1万4618人、調定額9億7568万6000円。固定資産税が1万4230人、14億9053万円。軽自動車税1万8680台、1億1475万3000円。
 前年度比で市民税は2400万4000円、固定資産税は3315万9000円、軽自動車税は211万3000円それぞれ増加。給与所得の伸びや建築、企業の設備投資が増加傾向にあることが要因とみられている。
 18年度収入状況は、一般税が調定額(現年度分)30億6222万円に対し、収入済み額が30億1211万円、収入率は98・36%。滞納繰り越し分を加えた収入率は90・09%。国民健康保険税は調定額(現年度分)6億6301万円に対し、収入済み額は6億2447万円、収入率は94・19%。滞納繰り越し分を加えた収入率は77・63%。

県北、令和初の優勝 接戦制し2年ぶり 県北5支部対抗将棋 勝ち点並んだ大館準V

2019-07-08
5支部を代表する20棋士が熱戦を展開(大館市中央公民館)
 北鹿新聞社主催の「第41回日本将棋連盟県北5支部対抗将棋大会」は7日、大館市中央公民館で開かれ、県北が2年ぶり5回目の優勝を飾った。前回王者の大館は、県北と得点が並ぶ大接戦を繰り広げたが、大会規定で準優勝となった。鹿角、能代、比内と続いた。
 大会は将棋の普及やアマチュアのレベル向上を目的に、1979年に始まった。第39回に比内が加わり6支部で戦ったが、前回から二ツ井が参加を見送り、再び5支部対抗となっている。県北各支部を代表する17~84歳の20棋士が4組に分かれてリーグ戦を展開した。
 得点(全勝で16点)は大館と県北がともに12点、3位鹿角9点、4位能代6点、5位比内1点。大館と県北は得点が同じとなり、最後は大会規定にのっとり、チームの年齢合計の高い順で順位が決まった。
 表彰式で運営委員長の小畑勝明・大館支部長は「優秀選手賞は出場最年少と最年長が獲得し、年齢関係なく平等にできる将棋の素晴らしさをあらためて感じた」と講評した。
 令和初の優勝を飾った県北は、櫻庭英隆三段(59)が全勝するなど全員で勝ち星を積み重ねた。櫻庭三段は3勝の高橋将智三段(35)の活躍をたたえ、「大館は強敵で優勝できると思っていなかったが、若手の力が伸びていると感じた」と喜びを語った。
 大館は丸山久徳三段(34)と柴田成仁五段(58)が全勝し、中堅とベテランが全力を出し切ったが、2連覇は果たせなかった。
 鹿角は前回と同じ3位。初参戦で、今大会最年少の阿部創平二段格(17)が2勝を挙げてチームを勢いづけた。
 2大会連続準優勝だった能代は、4位に順位を落としたが、今大会最年長の三浦誠二三段(84)が2勝を挙げ健闘した。
 3年連続出場の比内は、もう1人の大会最年長、菅原淳一五段(84)が1勝を挙げるも上位はうかがえなかった。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る