本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

4月のニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

第142回種苗交換会 「令和」初開催へ準備 協賛会 事務局設置 大館市で18年ぶり

2019-04-24
NEW
県種苗交換会に向け準備を進める協賛会事務局(大館市総合福祉センター)
 今秋、大館市で開催される第142回県種苗交換会に向けて、協賛会事務局が今月から市総合福祉センター内に設置され、準備作業が本格化した。本県最大の農業イベントで、会期は10月30日から11月5日までの7日間。事務局は市農林課とJAから出向した職員の5人体制で、5月下旬に協賛会設立総会を開き、事業計画などを協議する。事務局は「大館開催は18年ぶりで、成功に向けて準備を進めていく」と話す。
 開催地は昨年11月のJA秋田中央会の理事会で正式に決まった。大館開催は2001年の第124回以来、18年ぶり8回目。「21世紀最初」に続き、「令和最初」の開催地となる。124回は01年10月31日から11月6日までの7日間、大館樹海ドーム(現ニプロハチ公ドーム)を主会場に開かれ、会期中の観覧者は76万5000人だった。
 大館市は昨年度、農林課の職員1人を増員し、主催するJA秋田中央会との連絡調整や情報収集を進めてきた。毎年10月にニプロハチ公ドームで開かれてきた大館圏域産業祭は、今年は休止する方針となっている。
 協賛会事務局は市総合福祉センター3階に設置された。市農林課の古川泰幸課長が事務局長を兼務し、農林課職員3人、JAあきた北から出向した2人の計5人体制。JA秋田中央会と調整を行いながら、準備作業を進めていく。
 事務局によると、5月下旬に地元関係者が集まり協賛会の設立総会を開催する予定。事業計画や予算について話し合い、主会場をはじめ、各事業の会場なども示される。
 事務局は今回の種苗交換会のキャッチフレーズを5月10日から27日までの期間で募集する。最優秀作品はポスターなどに使用されることから「市内外に農業や大館の魅力をPRするキャッチフレーズを寄せてほしい」と呼び掛ける。
 種苗交換会は1878(明治11)年9月に秋田市の寺院を会場に開かれた勧業会議が始まり。大戦中も中断することなく続き、農産物品評会としては全国でも例をみない本県の一大イベントとして定着。昨年秋田市で開かれた141回の観覧者は過去最高の125万人だった。

鹿角市 DMO登録を報告 かづの観光物産公社 「稼げる観光」を推進

2019-04-24
NEW
日本版DMOの登録証交付を報告する岩船社長㊥と清水さん㊨(市役所)
 稼げる観光地域づくりを推進する観光庁の日本版DMO(地域DMO)に登録された、かづの観光物産公社の岩船勝広社長と清水涼太執行役員・営業部長が23日、鹿角市役所を訪れ、秋田運輸支局から登録証の交付を16日付で受けたことを児玉一市長に報告した。
 日本版DMOは、地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに、誇りと愛着を醸成する観光地経営の視点に立った地域づくりのかじ取り役。主な機能は、地域内外での調査・調整を行うことにより、地域全体としての利益を生み、活性化につなげることとされている。
 かづの観光物産公社は2017年11月に地域DMO候補法人として登録され、今年3月29日に正式登録となった。
 岩船社長は「DMOとしての役割、責任の大きさを痛感しているところだが、これからいろいろなことを仕掛けていきたい」と抱負。
 清水さんは「今は着地型ツアーが中心だが、旅行業を広げていきたい」とし、東北6県と新潟県による広域連携DMO「東北観光推進機構」を通じた国内外への情報発信や、鹿角地域を訪れた観光客層の把握、ターゲットを定めた営業などを柱に取り組んでいく考えを示した。
 主な事業では、ユネスコ無形文化遺産の花輪ばやしや世界遺産登録を目指している特別史跡・大湯環状列石など、観光資源を巡るプレミアムツアーを市と連携して本年度7回実施する。
 清水さんは「花輪ばやしは年1回ではもったいない素晴らしい素材。ツアー等で演奏を披露できる機会を増やしたい」などと「稼げる観光」に向けた意気込みを語った。

鹿角農業再生協 メガ団地や集荷施設 本年度 事業 末広でネギとキャベツ栽培

2019-04-24
NEW
本年度事業計画などを承認した通常総会(山村開発センター)
 鹿角地域農業再生協議会(会長・田口善浩鹿角市産業部長)は23日、鹿角市山村開発センターで通常総会を開き、2019年度の事業計画を承認した。農業政策推進部会では末広地区の「園芸メガ団地」整備の推進などを盛り込んだ。
 同協議会は、経営所得安定対策の推進や戦略作物の生産振興、コメの需給調整の推進などを目的に、市、小坂町、農業委員会、農協、果樹協会、消費者の会などで組織している。
 業務を円滑に行うため、水田農業振興、担い手育成支援、農業政策推進の3部会を設置。なお、耕作放棄地対策部会は、耕作放棄地再生利用基金の事業完了に伴い同協議会としての業務が完了したことにより18年度で廃止し、市と町が同対策の役割を担っていく。
 農業政策推進部会は17年度に新設。18年度は園芸品目の生産拡大を図るため、販売額1億円を超えるメガ団地構想の可能性と実現に向けた取り組みに特化して事業を実施した。
 本年度は末広ファームにおいて、ネギとキャベツのメガ団地等大規模園芸拠点整備事業を推進し、集荷施設等の整備を実施する。花きの主力であるシンテッポウユリは、栽培地の集約が困難であるためメガ団地整備事業は断念した経緯があるものの、市単独の産地拡大推進事業により新たなブランド産品として集中的に支援していく。
 小坂町では引き続き、加工用ジャガイモの栽培技術の確立、収量や品質調査の検証のため実証栽培を行う計画。

大館市長に再選の福原氏 2期目へ抱負 「令和にふさわしい政を」 バリアフリー推進など

2019-04-23
当選後、初めて大館市役所に登庁し、職員から花束を受け取る福原氏
 大館市長選で再選を果たした福原淳嗣氏(51)は一夜明けた22日、向町の事務所で会見を開き、2期目の市政運営にかける思いを語った。「初心に戻り令和の時代にふさわしい政(まつりごと)をする」とし、「バリアフリーのまちづくり」の推進など政策の方針を掲げた。投票率が前回を8㌽下回ったことにも触れ、「市民に投票の意識を高めるアプローチが必要」と述べた。
 午前2時ごろに就寝し、3時間ほどで起床。知人から100件を超える祝福のメールが届き、遠くはシンガポールからも。午前9時半すぎに登庁すると、市職員約100人が出迎え花束が贈られた。早速、市幹部と定例の会議に臨み、午後にはあいさつまわりと、忙しい一日を送った。
 選挙期間中は「『大館力』の高まりを実感した」とし、「『うちの集落には歴史物語があり、こういうことに取り組むから助けてくれ』と言われた。人口の多い少ないでなく、あるものを磨く。一人一人の未来に対する強い思いがまちづくりにつながる。そのきっかけが高まっている」と語った。
 2期目の取り組みについては、「バリアフリーのまちづくり」を掲げ、庁内にプロジェクトチームが立ち上がり、マスタープラン(基本計画)をつくる考えを示した。「歴史まちづくりで認定された地域の中に、バリアフリーのまちづくりの対象区域を3カ所つくり、つなげることで利便性を確保したい。例えば、大館駅、総合病院、市役所。まずエリアをつくり、比内、田代にも展開する」と述べた。
 5月8日に本オープンする市観光交流施設「秋田犬の里」は、「もう一つの視点は秋田県大館市渋谷村」と強調。「渋谷はIT企業の中心地になりつつあり、サテライトオフィスを大館にもってきてつながっていく。大館を世界に開き、共有しうる渋谷を核とする内外の仲間とまちづくりをしたい」と語った。また、「2期目は市総合計画、総合戦略の達成率を100%に押し上げることに尽きる。そのことを市民に分かりやすく伝えることも重要」と述べた。
 前回、前々回は「推薦がもらえず孤独な選挙だった」が、政党や業界団体から推薦を得た今回は「精神的に違った」という。一騎打ちを戦った麓幸子氏(57)の1万5000票について「市制初の女性候補に対する期待の票だと思う。4年間緊張感を持って仕事をする」と述べた。

上小阿仁村長選から一夜 「急激な変化しない」 返り咲きの中田氏 前回の反省踏まえ意欲

2019-04-23
質問に答える中田吉穂氏(上小阿仁村内)
 21日に投開票が行われた上小阿仁村長選で、前回の雪辱を果たして2回目の当選を決めた中田吉穂氏が22日、村内でインタビューに応じた。4票差の結果には「村長になる、という気持ちが相手を上回ったのでは」などと説明。村政の運営は「前回は急ぎ過ぎた面があった。今回は、早急に取り組むべきは進め、じっくり取り組むものはじっくりと進めたい。急激な方針変化はしない」と述べた。
 祝勝会のあと、就寝したのは日付が変わった午前1時すぎ。それでも、午前5時ごろから電話が鳴り始め、対応に追われたという。「どの人の声も、喜びにあふれていた。本当にありがたい」と話した。
 勝因については「勝つしかない、という気持ちが強かった。さらに、告示前に各集落で開いた座談会で、村づくりに関心を持ってもらったことも大きい」などと分析。「座談会では、私の親しみやすさを知ってもらえたのではないか」とも話した。
 選挙戦で公約に掲げた「移動販売車」については「最初に取り組みたい。まずは、国の補助制度で使えるものがないかを確認し、どのような形で応募してもらえるかを検討していく」とした。「お年寄りからは『家のそばで買い物できるようにしてほしい』と強く求められた。各集落ともに、店の数が少なくなるなど不自由な暮らしをしている」と述べた。
 また「小学校は今年から、複式学級になった。保護者からは、講師を増やして複式学級を解消してほしい、との声が上がっている」としながら、「児童数が増えれば解消される。家族連れで移住できる施策に取り組んでいく」との考えも示した。集住型宿泊交流施設「コアニティー」については「現状では、利活用できていない。特に、地域の住民が利活用できていない」との見方を説明。「議会や村民と相談しながら、活用方法を考えていく」とした。
 選挙戦が結果的に、村を二分する形となったことについては「数字にはこだわらない。あまり気にしないことにした。公約したことを粛々と取り組んでいく」との考えを表明。村政の運営については「急激な進路変更は行わない。理解を得てもらいながら、じっくりと進めていく。前回は急ぎ過ぎた」とした一方、「今、取り組まなければならないものは、すぐに進めていく」と述べた。

3月のニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「減塩&野菜・果物もう一品」 健康寿命延ばそう 鹿角地域大会 運動 17団体でスタート

2019-03-12
健康宣言などを行った大会(コモッセ)
 脳血管疾患死亡率が全国や県の平均より高い鹿角地域の状況を改善し、地域住民の健康寿命延伸につなげようと、地域内の保健、農林、教育の各分野、スーパーなどが連携して「減塩&野菜・果物もう1品運動」に取り組むことになった。同運動の手始めとなる鹿角地域大会が11日、鹿角市のコモッセで開かれ、参加団体の関係者や一般住民合わせて約80人が出席。減塩や野菜・果物の摂取などを心掛ける健康宣言を行い、運動の輪の広がりに期待した。
 大会は、同運動の事務局を務める県鹿角地域振興局福祉環境部(大館保健所)の主催。
 減塩や野菜摂取などを推進する活動は以前から行われてきたが、今回は「保健分野だけでなく、さまざまな分野の方々と取り組みたい」(小松真吾・福祉環境部長)と考えて運動を展開する。
 現段階で参加しているのは大館保健所、鹿角市と小坂町の行政や食生活改善推進員、医師会、スーパー、産直など17団体。今後も参加者・団体を増やしていきたい考え。
 同部健康・予防課専門員の兎澤真澄さんは「食生活改善推進員や食育ボランティアの方々のお力を借りて、保育所において適塩で野菜豊富な給食を出してもらうように働きかけたり、スーパーや直売所、農業生産者、飲食店等と連携した食環境の整備(旬の情報提供、購入の動機づけ)などに取り組みたい」とし、好ましい生活習慣の定着や良好な社会環境の構築、健康状態の改善、生活習慣病死亡率の改善、健康寿命の延伸につなげる同運動の流れを説明した。
 健康宣言には「しょっぱいものの食べ過ぎに気をつけ、減塩を心掛ける」「野菜1日350㌘、果物1日1個を目指す」「声を掛け合い、適度な運動と定期的な健診受診を心掛ける」の3点を盛り込んだ。
 動画で参加団体を紹介したほか、県が目指す「健康寿命日本一」に関する説明や、青森県の健康寿命延伸の取り組みに関する講演も行った。

包括センター3地区に 進む高齢化、きめ細かくケア 北秋田市が4月1日から

2019-03-12
「北部」担当の支援センターが設置される花園町の施設
 北秋田市は4月1日から、高齢者の暮らしをサポートする機関「地域包括支援センター」を市内3カ所に設置する。高齢化が一層進む現状を踏まえ、市内の社会福祉法人に運営を委託し、よりきめ細やかなサービスを提供する。
 現在の支援センターは市本庁舎内の1カ所。2006年4月に開設し総合相談支援や権利擁護、包括的継続的ケアマネジメント支援などを担当してきた。職員は常勤が7人、非常勤が3人の計10人体制。
 市内全てを一つの圏域として位置付け、業務を行ってきたが高齢化の急速な進展など地域の実情に合わせようと、市高齢者福祉・第7期介護保険事業計画の中で支援センターの運営を見直すことにした。
 生活圏を考慮し市内全域を3地区に分割する。4月に支援センターをそれぞれ配置する。運営は民間に委託。委託先は公募で決めた。
 「北部」は最も対象人口(6918人、2018年4月時点)の多い鷹巣地区を担当し、市社会福祉協議会が委託先として運営する。職員数は5人の予定。所在地は花園町。
 同じく市社福協が運営する「南部」は最も対象人口(2419人)が少なく、阿仁や森吉、根森田、小又、阿仁前田、五味堀、桂瀬の大字地内。職員数は3人の予定。所在地は阿仁銀山。
 「中部」は合川や米内沢、本城、浦田の大字地内。秋田県民生協会が運営する。対象人口は4413人。職員数は4人の予定。所在地は川井。
 いずれの支援センターも委託先の事務所などを使用するという。これまで支援センターの業務に携わっていた市職員4人は統括的な立場で円滑な運営を図る。
 委託に必要な「包括的支援・任意事業費」計1億1600万円を19年度介護保険特別会計当初予算案に計上している。高齢福祉課によると、支援センターが1カ所で市直営だった18年度予算(約8100万円)に比べ、約3500万円増える見込み。市職員の人件費が減ったものの委託料が新たに発生したことが主な理由という。
 同課は「高齢者だけの世帯が市内で増えており、住み慣れた地域で暮らし続けられるサポートがより必要。民間の力を活用し、きめ細やかな対応を図りたい」としている。

被災地支援を経験 保育士の夢、決意に 佐々木星哉さん(21) 東日本大震災から8年

2019-03-11
被災地支援の経験が保育士の夢を後押ししたという佐々木さん(有浦保育園)
 「人生に大きな影響を与えた経験だった」。東日本大震災の発生から、きょう11日で8年が経過する。昨年4月から大館市有浦保育園(芳賀厚子園長)で保育士として勤務する佐々木星哉(せいや)さん(21)。高校在学中に3回、市の被災地支援事業で宮城県気仙沼市を訪問。子どもの笑顔を求めて繰り返し足を運び、将来の夢が決意に変わった。
 保育士を志したのは旧大館二中在学時、授業の一環で保育園を訪れたのがきっかけ。年齢が離れた兄との2人兄弟で、幼児とのにぎやかで楽しい時間に衝撃を受けたという。震災発生時は中学2年、卒業式前日の練習を終えたころ。体育館に集まった生徒たちが叫び、身を寄せ合った。スーパーから食べ物が無くなり、停電復旧時、当たり前だった明るさに感動したのを記憶している。
 旧大館工業高が統合する前の最後の土木・建築科卒業生。2年時に、学級担任の勧めで支援事業に参加した。新聞やテレビの報道でしか知らなかった被災地。自分の目で震災前の写真と見比べ「こんなに店があり人がいた場所がこんな更地にと感じた、想像を絶する光景」と思い出す。
 交流についても不安だったというが、笑顔を絶やさない人柄も後押ししてすぐに打ち解けた。「すごく喜んでくれたのすごくがうれしかった。『また来てね』と言われた通り、また子どもの笑顔に会いたくなっただけ」。卒業までに3回参加し、学ラン姿で特技のマジックを披露したことも。交流や支え合いの大切さを体感したという。「子どもの笑顔を支え、成長を側で見守りたい」と、人との出会いや経験が夢を肉付けしていった。
 短大で資格を取得し、就職先に選んだのは地元大館。昨夏には、市成人式の実行委員長も務めた。座学だけでは通用しない現場で、がむしゃらに励む日々。本年度は2歳児クラスを受け持つ。忙しい中でもうれしそうにする園児から「せいやせんせい」と呼ばれることにやりがいを感じている。
 8年という時間の流れの早さと風化に思いを寄せる。全国的に相次ぐ大規模災害にも恐れを感じている。「社会の変化の影響を一番受けるのは子ども。社会福祉の専門職として、子どもが夢に向かって歩み続けるよう努める」。笑顔で語る目には、確かな熱を感じさせた。

奈良さんらたたえる 北秋田市 スポーツ賞 89人19団体を表彰

2019-03-11
北秋田市スポーツ賞表彰式(市文化会館)
 北秋田市体育協会(成田昭夫会長)は9日、北秋田市文化会館で本年度市スポーツ賞表彰式を行い、各競技で好成績を収めるなど活躍した89人、19団体を表彰した。地域スポーツへの貢献や各種大会での活躍をたたえた。
 特別功労章にはスポーツ選手を医科学面からサポートし、鷹巣スキーレーシングスポーツ少年団の団長として選手の育成に尽力した奈良正人さん(奈良医院院長)、秋田北鷹高スキー部ノルディック監督として県高校総体スキーの男子リレー5連覇を成し遂げた古矢勝久さん(同校教諭)の両名が選ばれた。
 生涯スポーツ賞には津谷喜代八さん(北秋田市ユニカール協会)、山田金成さん(同市グラウンド・ゴルフ協会)、千葉志朗治さん(同市ゲートボール協会)の3人。特別栄光賞にはフェンシングの2018世界ベテラン選手権大会で3位になった成田政志(同市フェンシング協会)が選ばれた。このほか栄光賞37人11団体、奨励賞46人8団体が表彰された。
 成田会長は受賞者の活躍をたたえ「来年はいよいよ東京五輪、パラリンピックが開催される。北秋田からも選手が出場することを願う」などとあいさつ。受賞者を代表して奈良医院長が「今日の受賞を一人一人が思い出に刻み、今後もそれぞれの立場で頑張ることを誓う」と述べた。

大沼と後生掛 鮮やか 鹿角 八幡平中に寄贈 OB、字も団体が「風景幕」

2019-03-11
校舎の中央階段に設置された「八幡平風景幕」(八幡平中)
 鹿角市八幡平中学校(奈良育校長)の校舎内に、十和田八幡平国立公園内にある大沼と後生掛の「風景幕」が設置されている。OBや地元の三つの団体が共同で寄贈した。八幡平でボランティアガイドを行っている生徒たちは、OBらの贈り物に喜んでいる。
 寄贈したのは八幡平温泉リゾート協会(浅石敦幸会長)、八幡平42歳寿会(山口正明会長)、東京八幡平会(内堀修吾会長)。毎年、全校挙げて八幡平山頂付近での外来植物駆除作業、大沼と後生掛でのボランティアガイドを行っている。生徒たちの頑張りを応援する贈り物。
 縦1・6㍍、横3・6㍍で、テント幕に風景写真をプリントした。左側には大沼、右には後生掛の風景を配している。大沼は赤く燃え上がるような木々の紅葉、鮮やかな青の水面がまぶしい。後生掛は、噴気を上げる泥火山、遊歩道など自然の驚異が伝わる。
 生徒、教職員が何度も通る、中央階段の踊り場に掲げた。風景幕を前にした今坂喬悟さん(3年)は、「自分たちの頑張りがこういう形になり、活動を続けてよかったと思う」と喜んでいる。
 奈良校長は「風景幕を毎日見ながら学校生活を送る生徒には、ふるさとの美しさを心に刻み、将来この地区を支えたり、思いを寄せたりする人になってほしい」と期待を込めている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る