本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

2021年10月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

地域内エコシステム構築へ 大館市 森林資源を持続的に循環 公共施設の利用基準策定

2021-10-26
関係者が出席した事業懇談会(大館市北地区コミュニティセンター)
 木質バイオマスエネルギーの燃料供給、製造、利用を市町村など小規模な範囲で循環させ、地域活性化を目指す「地域内エコシステム」のモデル構築事業に大館市が取り組んでいる。本年度林野庁の補助事業に採択され、専門家の支援を受けながら、市公共施設へのペレットボイラー、ストーブの導入基準を新たに作る。事務局は「事業を通して地域全体で木質バイオマス利用意識の向上を図りたい」と話す。
 本年度で5年目となる林野庁の補助事業で、全国で25地域が取り組んでいる。大館北秋田地域林業成長産業化協議会と大館市の連名で申請し、県内で初めて採択された。
 地域内エコシステムは集落や市町村の範囲で、小規模な木質バイオマスエネルギーの熱利用、熱電を供給することで、森林資源を地域内で持続的に循環させる仕組み。林野庁から委託を受けた日本森林技術協会と森のエネルギー研究所が無償で支援し、実証試験や地域の実情に合った計画策定を行う。
 22日に大館市北地区コミュニティセンターで事業懇談会が開かれ、協議会会員が事業の概要について説明を受けた。同協会の担当者は「今まで山に放置されてたC材、D材を使って『川上』から燃料を供給し、『川中』が燃料を作り、『川下』がエネルギーを利用する。地域の理解、合意を形成し、川上から川下まで機能する流通経路の仕組みを構築することで、地域活性化につなげたい」と述べた。
 事務局の大館市林政課によると、市内には木質ペレットの生産工場があり、保育園などの市公共施設にペレットストーブ115基、ペレットボイラー基が設置されている。これまでなかった「木質バイオマス利用施設導入基準」を作ることで、大型のボイラー設置などの推進を目指す。
 同課は「市内の木質バイオマス燃料の消費量は生産量の3分の2で、外に出ている3分の1の少しでも多くを地域内で消費できるようにしたい」と説明。2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにするゼロカーボンシティ宣言の実現に向けた体制整備や、地域全体での利用意識の向上にもつなげたいとしている。
 9月にボイラー更新が予定されている市の3施設で現地調査を行った。3施設の検討結果を検証しながら、今後導入基準を策定。来年2月には事業の成果報告会を予定している。

伊勢堂岱遺跡 保存・活用へ連絡会議 22年度に基本構想策定 北秋田

2021-10-26
県縄文遺跡群保存活用連絡会議・北秋田会議(市民ふれあいプラザコムコム)
 世界文化遺産に登録された伊勢堂岱遺跡の保存・活用を円滑に進めることを目的とした県縄文遺跡群保存活用連絡会議(北秋田会議)の初会合が25日、北秋田市民ふれあいプラザコムコムで開かれた。県や市の関係者のほか、地元で活動する団体などから22人が出席。活用等に向けた取り組みを紹介するとともに、課題などを出し合った。
 伊勢堂岱遺跡を含む北海道・北東北の縄文遺跡群は、7月に世界文化遺産への登録が決定した。連絡会議は、関係者間の連携を強化するとともに、課題や役割等の共有を図ることを狙いとしている。
 会議の議長を務める石川定人県教育次長は「伊勢堂岱遺跡について保存を万全にし、広く活用を図ることを目的に会議を開く。保存・活用の課題について報告いただき、取り組みや課題の共有を図りたい」とあいさつ。続いて、世界文化遺産登録の概要や遺跡の施設と活用、ガイド事業、アクセス、観光・物販について、それぞれ関係する機関・団体が説明した。
 アクセス面では、遺跡周辺での案内標識の設置について報告。「2020年度は秋田道の開通に合わせ、伊勢堂岱インターチェンジ周辺に案内標識を設置した。本年度は、主要交差点の付近の既設標識に、伊勢堂岱遺跡の案内表記を追加する予定」とした。
 また、地元の小ケ田自治会は「クマによる人身事故を受けて、クマよけの電気柵の設置に協力した。毎日の確認作業も行っている」ことを紹介。秋田内陸縦貫鉄道は「小ケ田駅を『縄文小ケ田駅』に改称するとともに、急行列車の停車駅とした。秋田縄文号の運行も開始するなど、PRを図っている」と述べた。
 事務局の県教育庁生涯学習課文化財保護室によると、地域住民を対象に遺跡に関するアンケートも進めている。これらの結果も踏まえ、来年1月下旬に第2回の連絡会議を開催する予定。22年度には、保存活用に関する基本構想を策定する方針だ。

癒やしのふるさと応援 八幡平温泉郷をPR 秋田産業サポータークラブ 首都圏の駅にポスター

2021-10-26
有楽町駅に掲載されたポスター(有楽町=食と美と健康WG提供)
 首都圏在住で本県にゆかりのある産業界のリーダーらで組織する「秋田産業サポータークラブ」の「食と美と健康ワーキンググループ(WG)」は、秋田八幡平温泉郷をPRするポスターを作成し首都圏のJR東日本主要7駅に掲出した。11月12日まで。
 クラブは2006年に設立され、七つのWGが目的ごとに活動を行っている。同WGは秋田ならではの食、温泉、自然、文化、伝統などをもとに、「美と健康」に関するビジネスの創出を検討している。
 WGの千葉良子主査 は「八幡平は一般に岩手県側にスポットライトが当てられることが多く、秋田八幡平はその陰に隠れがち」とした上で「秋田八幡平温泉郷を訪れ各温泉の効能などを調査し、温泉郷の良さをストレートにアピールするデザインでポスターを作成した」と話した。
 ポスターは有楽町、池袋、新宿、渋谷、大宮、浦和、川口のJR7駅で掲出されている。
 千葉主査は「新型コロナ収束後、癒やしの『ふるさと』として秋田幡平温泉郷に出会ってほしいという思いで作成した。今後もふるさと秋田を応援したい」と抱負を述べた。

選挙サンデー舌戦熱く 衆院選秋田2区 2候補、支持拡大へ奔走 秋晴れに各地で訴え

2021-10-25
候補者の演説に耳を傾ける有権者(小坂町小坂)
 衆院選(31日投開票)は24日、期間中唯一の「選挙サンデー」で前半戦を締めくくった。北鹿地方を含む秋田2区の候補者2人は各地を精力的に回り、市街地や集落などで「お願いコール」を連呼。青空が広がる秋晴れの下、感染症対策で有権者とグータッチしながら支持拡大を訴え、後半戦に向けて弾みをつけた。
 秋田2区は届け出順に、自民党前職の金田勝年候補(72)と立憲民主党前職(比例東北)の緑川貴士候補(36)の一騎打ち。新型コロナウイルス対策や経済立て直しを最大争点に安全保障や人口減、社会保障、米価下落などの課題をめぐって論戦を繰り広げている。
 金田候補は公示後初めて三種町入り。琴丘地区を皮切りに山本地区、八竜地区で選挙カーを走らせた。強固な後援会組織をフル稼働して、衆院予算委員長を務めた実績などをアピールしながら「郷土を守り抜く」と訴えた。前半戦は票田の大館市を重点的に遊説しており、25日は北秋田市の阿仁地域や能代市、潟上市を回る予定。
 緑川候補は小坂町や鹿角市を走り回った。有権者を見つけるたびに駆け寄るフットワークの軽さで、対話を重視。小坂町みんなの運動公園では「暮らし目線の政治を取り戻したい」と訴え、「コロナ禍で地方に光が当たっている。希望を持って挑戦できる人生100年時代を目指す」と強調した。25日は大館市や北秋田市で遊説を予定している。
 候補者の演説を聴いた小坂町の60代男性は「公約を当選後に実行できるかどうかが重要。コロナで落ち込んだ観光や地域経済の回復策を見極めたい」と話した。
 比例東北ブロックに立候補した共産党新人の藤本友里候補(42)=北秋田市=は22日から北鹿地方を遊説しており、24日は大館市で街頭演説を行った。

露熊山峡 鍋岩見学やなべっこ楽しむ 北秋田市の荒瀬かだまり 本年度の集大成企画で

2021-10-25
巨大な鍋岩周辺を散策する参加者(露熊山峡)
 北秋田市阿仁荒瀬地区の露熊山峡で24日、「紅葉狩り&大鍋っこ会」が開かれた。景勝地復活へ整備活動に取り組む地元の住民団体「荒瀬かだまり」(佐々木修会長)が、本年度の活動の集大成として企画。地元住民やALT、活動の協力者らが参加し、山峡の自然を満喫した。
 露熊山峡は荒瀬地区の国道105号から西に約3㌔の地点にあり、奇岩や巨岩が点在する景勝地として知られていた。人が訪れなくなった山峡の再活性化に向けて昨年度、荒瀬かだまりが「露熊プロジェクト」を立ち上げて整備を進めてきた。
 4月末から始動し、メンバーらが毎月1回集まって作業を行ってきた。本年度は主にアクセス道路や登山道の整備に着手。車両が通行する林道に敷き詰めた砂利が雨で流れないようゴム板を埋め込んだほか、かつてはハイキングなどで住民らが訪れたブナ岱(標高468㍍)山頂に向かう登山道の草刈りを行った。
 この日は約50人が参加。バスで山峡に到着すると、希望者は散策路を下って高さ約30㍍の「鍋岩」へ向かった。道中には団体が「万三郎滝」と名付けた滝があり、今年6月に散策路から見学できるよう整備している。下側が水で大きく削れた鍋岩の迫力に圧倒されながら、参加者は鍋岩周辺の散策を楽しんでいた。
 旧キャンプ場で行われた鍋っこ会では、地元の食材を使っただまこ鍋や漬物などが振る舞われた。紅葉は見頃まで間もなくという状態だったものの、参加者たちは自然の中で食事を味わい交流を深めていた。このほか、かつて集落や炭鉱があった跡地や奇岩を巡るバスツアーを行った。
 活動2年目の本年度は地元のメンバー以外にも地域おこし協力隊員や地元企業が参加するなど、活動の輪が広がっているという。本年度の活動は冬囲いなどを行う月で終了予定。事務局の柏木静男さん(61)は「活動に協力する人や露熊山峡を発信する機会も増えてうれしい。今後も活動を継続したい」と話している。

2021年9月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

天然芝で存分プレー 鳳鳴高グラウンド JFAのモデル事業 芝生化完了し校内対抗

2021-09-29
芝生化が完了したグラウンドでサッカーをする生徒(大館鳳鳴高校)
 日本サッカー協会(JFA)の「JFAグリーンプロジェクトポット苗方式芝生化モデル事業」に選出された大館鳳鳴高校(渡邉政徳校長)のグラウンドの芝生化が27日に完了し、完成したグラウンドで校内対抗体育大会のサッカー競技が行われた。柔らかな芝生の上を生徒が走る姿が見られた。
 同事業は、日本サッカー協会の社会貢献活動の一環で校庭や公共のグラウンドの芝生化を検討する団体に無償で苗を提供するもの。外遊びやスポーツを通した交流を促進する目的で実施している。同校では昨年12月からグラウンド6800平方㍍を対象に申請し、今年3月に実施が決定した。
 6月下旬に全校で植え付け作業を行った。苗を50㌢間隔で植栽する「ポット苗方式」で2万7880株を植え付けた。使用したのは柔らかく踏みつけに強いティフトン芝でプロサッカーチームの練習場にも使われている。
 サッカー部を中心に散水などの管理を続けた。9月中旬には植え付けた芝生の間から土が見えなくなるほどに成長した。
 この日は、球技を中心に6競技を行う校内対抗体育大会のサッカー競技がグラウンドで行われた。生徒は、天然芝の上でスライディングをするなど大胆なプレーを行い交流を楽しんでいた。このほか、芝の植栽を手伝った大館八幡こども園の園児120人が訪れ、芝の上を駆けて遊ぶ姿が見られた。
 同校サッカー部副主将の仲澤平等(たいら)さん(2年)は「走りやすい柔らかな芝生で、ボールの転がり方も素直になった。スライディングなど思い切ったプレーも取り入れながら練習できるのはうれしい」と笑顔を見せた。
 同部顧問の田畑隆之教諭は「芝生が整ったのでボールのイレギュラーなバウンドが減り、判断スピードを上げた練習が可能になる。より高いレベルを想定して指導したい」と話した。
 同校によると、今後は体育や学校行事などでの活用は行うが、部活動での本格的な利用は来年度からを予定している。土日祝日に地元のスポーツ少年団などへの貸し出しなども視野に入れているという。

扇田病院無床化 反対請願は継続審査 大館市9月議会 無記名投票で賛成多数

2021-09-28
請願の継続審査について投票が行われた本会議(大館市役所)
 大館市の9月定例議会は27日、本会議を再開し、2020年度一般会計と14特別会計、4企業会計を認定、水道事業と工業用水道事業の未処分利益剰余金の処分に関する議案2件、追加提出された病院事業管理者の給与と旅費に関する条例の一部改正案を可決、扇田病院の無床診療所化に反対する請願を賛成多数で継続審査とし閉会した。
 請願は市民有志の「扇田病院を守る会」が提出し、付託された厚生常任委員会は採決で継続審査としていた。委員の明石宏康議員と相馬ヱミ子議員のほか、笹島愛子議員、佐藤芳忠議員、吉原正議員の5人が反対の立場で討論。このうち笹島議員は「さまざまな意見を聞き集約するために今から議論しなければならない」、吉原議員は「民意をしっかりと受け止めて真剣に向き合い、対立ではなく合意に向けた対応を促す意味で採決すべきだ」と訴えた。
 これに対し賛成討論に立った小棚木政之議員は「慢性的な赤字や老朽化、人口減が進む中で1自治体に二つの公立病院を持つ問題など議論なしに拙速な結論を出すと議会の存在意義がないことを意味する。もう少し深く審査すべきだ」と主張した。議長を除く25人で無記名投票を行った結果、賛成16票、反対9票で継続審査とした。
 条例改正は、特別職の病院事業管理者が院長を兼ねる場合に特殊勤務手当を支給できるようにする。
 20年度一般会計は歳入521億6583万円(前年比34・2%増)、歳出500億9263万円(36・3%増)で差引額20億7319万円。21年度への繰り越し財源を差し引いた実質収支は18億2441万円の黒字、この額から前年度の実質収支を差し引いた単年度収支は7146万円の黒字、実質単年度収支は8357万円の赤字を計上した。
 国民健康保険、介護保険など14特別会計の決算総額は歳入205億2379万円(0・6%減)、歳出200億2892万円(0・3%減)。実質収支は4億9335万円の黒字、単年度収支は5542万円の赤字となった。
 企業会計のうち水道事業は収益14億5721万円、費用13億2538万円で純利益1億3182万円。工業用水道事業は収益7916万円、費用7369万円で純利益546万円だった。下水道事業は収益14億3715万円、費用14億4994万円で純損失1278万円。病院事業は総合、扇田病院を合わせた収益118億870万円、費用122億6430万円で純損失4億5560万円だった。

古里盛り上げたいと開発 「鶏めしが恋したプレミアム駅弁茶」 大館東中 花善とコラボ

2021-09-28
商品の完成を発表した会見(大館東中)
 大館市大館東中学校(駒木聖子校長)の生徒らが、オリジナルのブレンド茶を開発した。本場京都の味に定評がある同市の「蔵cafeレストラン康瓏堂」(森田康裕代表)監修の下で作られたもので、〝世界に一つだけ〟の煎茶。同校プロジェクトリーダーの飯塚凜人さん(3年)は「このお茶で地域の皆さまに笑顔と元気を届ける」と希望を語った。10月3日に同校の学校祭での先行販売を予定しており、一般販売は11月13日から。
 フランス・パリの「リヨン駅」に駅弁の出店を予定している同市の駅弁製造「花善」(八木橋秀一社長)とのコラボ商品。「花善×大館市立東中学校お土産プロジェクト」で開発された。
 駒木校長によると「ふるさと大館を盛り上げたいという両者の思いが一致した」ことで4月、立候補した1~3年生11人をメンバーにプロジェクトが始動した。全校生徒からアイデアを募集し、花善フランス支社の従業員らとWEB会議を重ねて開発する商品をお茶に決定。康瓏堂の森田代表が監修し、生徒の意見を基にブレンドする茶葉などを選ぶなどして開発に取り組んできた。
 商品名は「鶏めしが恋したプレミアム駅弁茶」。有機抹茶入りの煎茶で、「サエミドリ」という品種の茶葉を使用。きれいな緑色で爽やかな香りと自然なうま味があり、鶏めしの甘みとも合うスッキリとした味わい。ティーバッグ5個入り(税込み1000円)を合計1000個作った。このほか1945年ごろまで花善の駅弁で使われていた「汽車土瓶」がセットになった商品(同1680円)も1000個製作した。
 27日は、同校で商品完成会見が行われた。八木橋社長と森田代表、駒木校長、同市の高橋善之教育長、プロジェクトメンバーが出席。プロジェクトリーダーの飯塚さんは「自分たちはもちろん、お客さまにとっても最高と思えるお茶が完成した。このお茶で必ず地域の皆さまに笑顔と元気を届ける自信がある」と力を込めた。八木橋社長も「東中生皆さんの頑張りに応えるようフランスでの販売を頑張りたい」と語った。
 10月3日は学校祭で保護者らに先行販売。一般販売は11月13、14日に花善、同20、21日に秋田犬の里、同27、28日にいとく大館ショッピングセンターで予定している。

北秋田 にぎわい創出へ特売 〝市日通り〟の定期市 月末を「サービスデー」に

2021-09-28
月末の「サービスデー」を初めて実施した市日通りの定期市(北秋田市元町)
 北秋田市元町の通称・市日通りで「7」の付く日に開かれる定期市で27日から「月末感謝サービスデー」が始まった。月3回の開催のうち、月末は各店で特売などのサービスを実施し、利用者を増やすため工夫を凝らしている。
 鷹巣地区の市日通りでは、業者でつくる県北商友会(庄司正会長)が7、17、27日に定期市、盆や年末に臨時市を開催している。近年は高齢化により出店数や訪れる人が徐々に減少。このため市日のにぎわい創出につなげようと、月末の毎月27日を「サービスデー」と銘打ち、各店での特売を初めて実施した。
 この日は午前8時ごろから旬の野菜や果物、魚介類、加工品、生活用品などを販売する15店ほどが通行規制された道路に店を構えた。各店が「本日特売日」のカードを掲示。購入客へ果物を1個サービスしたり、馬肉の加工品の値段を割り引いたりと、普段より1~4割程度安い値段で販売する店もあった。
 特売を知らずに訪れた人も多く、「なんだか得した気分」などと笑顔で話していた。午前10時ごろには近隣の保育園児たちが散歩に訪れ、通りはにぎやかな雰囲気に包まれていた。
 定期的に出店している工藤りんご店の工藤隆博さん(64)=同市米内沢=は「平日の月末はなかなか人が来ない。定期的に来てくれるお客さんが増えるとうれしい」と話していた。餅やリンゴを買いに訪れた同市元町の女性は「安く買えていいサービス。昔より店は減って寂しいが、これからも続いてほしい」と話していた。
 サービスデーは月末に毎月実施する。庄司会長は「各店が強みを生かした特売をしている。近所の人にも声を掛けて市日を利用してもらえたら」と期待を寄せている。

大館市 旧庁舎解体が本格化 倉庫など含め16棟 発掘調査経て駐車場に

2021-09-27
解体工事が本格化してきた旧本庁舎(大館市中城)
 大館市の旧本庁舎解体工事が本格化してきた。1953年の風呂屋町大火を受け、復興への期待を背負って翌54年に建設された鉄筋コンクリート3階建て。移転新築に伴い60年余の役割を終えた。来年3月までの工期となっており、発掘調査を経て駐車場を整備する。一連の事業は2024年度完了を見込んでいる。
 旧庁舎は延べ床面積4648平方㍍。東側1891平方㍍は76年、81年、89年に増築した。西側はドーム型の天井とらせん階段が特徴的だった。老朽化が進んだことから09年、10年度に耐震診断を実施。基準を満たしていないことが判明し、当時は補強する方針だった。
 11年3月の東日本大震災で防災拠点の在り方について再検討を迫られ、有識者や公募市民による検討委員会、議会特別委員会で審議を重ねた結果、建て替えに方針転換した。現庁舎は19年4月に着工し、今年5月に開庁した。
 事務机やロッカーなど旧庁舎で使われていた備品は現庁舎や支所、学校などで再利用しているほか、不要となった485点を町内会やNPO法人など30団体に無償譲渡、553点を市民や市内事業所に計20万5720円で売り払った。
 解体工事は旧本庁舎のほか倉庫、公用車車庫など計16棟。アスベスト(石綿)除去や樹木伐採、外構工作物撤去なども含む。白川建設(大館市)と2億1973万円で契約した。
 このうち東側倉庫は大館、弘前、盛岡3消防本部が災害を想定した合同訓練で解体した。旧庁舎については今月から内部を崩しており、車両用通路を確保するため中央部分から解体作業を進める。年内には建物が姿を消す。
 発掘調査は10月に着手し、23年度まで行う予定。駐車場は112台分を設ける計画で、観光バスやタクシーなどが乗りつけられるようにする。建物周辺は歩道として明確に歩車分離を行い、安全性を高める。現庁舎西側出入り口から近い場所には、障害がある人や妊産婦ら向けの「思いやり駐車場」を確保し、雨にぬれないよう庇(ひさし)を設ける。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る