本文へ移動

今日のニュース

今月のニュース

4月のニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

第142回種苗交換会 「令和」初開催へ準備 協賛会 事務局設置 大館市で18年ぶり

2019-04-24
NEW
県種苗交換会に向け準備を進める協賛会事務局(大館市総合福祉センター)
 今秋、大館市で開催される第142回県種苗交換会に向けて、協賛会事務局が今月から市総合福祉センター内に設置され、準備作業が本格化した。本県最大の農業イベントで、会期は10月30日から11月5日までの7日間。事務局は市農林課とJAから出向した職員の5人体制で、5月下旬に協賛会設立総会を開き、事業計画などを協議する。事務局は「大館開催は18年ぶりで、成功に向けて準備を進めていく」と話す。
 開催地は昨年11月のJA秋田中央会の理事会で正式に決まった。大館開催は2001年の第124回以来、18年ぶり8回目。「21世紀最初」に続き、「令和最初」の開催地となる。124回は01年10月31日から11月6日までの7日間、大館樹海ドーム(現ニプロハチ公ドーム)を主会場に開かれ、会期中の観覧者は76万5000人だった。
 大館市は昨年度、農林課の職員1人を増員し、主催するJA秋田中央会との連絡調整や情報収集を進めてきた。毎年10月にニプロハチ公ドームで開かれてきた大館圏域産業祭は、今年は休止する方針となっている。
 協賛会事務局は市総合福祉センター3階に設置された。市農林課の古川泰幸課長が事務局長を兼務し、農林課職員3人、JAあきた北から出向した2人の計5人体制。JA秋田中央会と調整を行いながら、準備作業を進めていく。
 事務局によると、5月下旬に地元関係者が集まり協賛会の設立総会を開催する予定。事業計画や予算について話し合い、主会場をはじめ、各事業の会場なども示される。
 事務局は今回の種苗交換会のキャッチフレーズを5月10日から27日までの期間で募集する。最優秀作品はポスターなどに使用されることから「市内外に農業や大館の魅力をPRするキャッチフレーズを寄せてほしい」と呼び掛ける。
 種苗交換会は1878(明治11)年9月に秋田市の寺院を会場に開かれた勧業会議が始まり。大戦中も中断することなく続き、農産物品評会としては全国でも例をみない本県の一大イベントとして定着。昨年秋田市で開かれた141回の観覧者は過去最高の125万人だった。

鹿角市 DMO登録を報告 かづの観光物産公社 「稼げる観光」を推進

2019-04-24
NEW
日本版DMOの登録証交付を報告する岩船社長㊥と清水さん㊨(市役所)
 稼げる観光地域づくりを推進する観光庁の日本版DMO(地域DMO)に登録された、かづの観光物産公社の岩船勝広社長と清水涼太執行役員・営業部長が23日、鹿角市役所を訪れ、秋田運輸支局から登録証の交付を16日付で受けたことを児玉一市長に報告した。
 日本版DMOは、地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに、誇りと愛着を醸成する観光地経営の視点に立った地域づくりのかじ取り役。主な機能は、地域内外での調査・調整を行うことにより、地域全体としての利益を生み、活性化につなげることとされている。
 かづの観光物産公社は2017年11月に地域DMO候補法人として登録され、今年3月29日に正式登録となった。
 岩船社長は「DMOとしての役割、責任の大きさを痛感しているところだが、これからいろいろなことを仕掛けていきたい」と抱負。
 清水さんは「今は着地型ツアーが中心だが、旅行業を広げていきたい」とし、東北6県と新潟県による広域連携DMO「東北観光推進機構」を通じた国内外への情報発信や、鹿角地域を訪れた観光客層の把握、ターゲットを定めた営業などを柱に取り組んでいく考えを示した。
 主な事業では、ユネスコ無形文化遺産の花輪ばやしや世界遺産登録を目指している特別史跡・大湯環状列石など、観光資源を巡るプレミアムツアーを市と連携して本年度7回実施する。
 清水さんは「花輪ばやしは年1回ではもったいない素晴らしい素材。ツアー等で演奏を披露できる機会を増やしたい」などと「稼げる観光」に向けた意気込みを語った。

鹿角農業再生協 メガ団地や集荷施設 本年度 事業 末広でネギとキャベツ栽培

2019-04-24
NEW
本年度事業計画などを承認した通常総会(山村開発センター)
 鹿角地域農業再生協議会(会長・田口善浩鹿角市産業部長)は23日、鹿角市山村開発センターで通常総会を開き、2019年度の事業計画を承認した。農業政策推進部会では末広地区の「園芸メガ団地」整備の推進などを盛り込んだ。
 同協議会は、経営所得安定対策の推進や戦略作物の生産振興、コメの需給調整の推進などを目的に、市、小坂町、農業委員会、農協、果樹協会、消費者の会などで組織している。
 業務を円滑に行うため、水田農業振興、担い手育成支援、農業政策推進の3部会を設置。なお、耕作放棄地対策部会は、耕作放棄地再生利用基金の事業完了に伴い同協議会としての業務が完了したことにより18年度で廃止し、市と町が同対策の役割を担っていく。
 農業政策推進部会は17年度に新設。18年度は園芸品目の生産拡大を図るため、販売額1億円を超えるメガ団地構想の可能性と実現に向けた取り組みに特化して事業を実施した。
 本年度は末広ファームにおいて、ネギとキャベツのメガ団地等大規模園芸拠点整備事業を推進し、集荷施設等の整備を実施する。花きの主力であるシンテッポウユリは、栽培地の集約が困難であるためメガ団地整備事業は断念した経緯があるものの、市単独の産地拡大推進事業により新たなブランド産品として集中的に支援していく。
 小坂町では引き続き、加工用ジャガイモの栽培技術の確立、収量や品質調査の検証のため実証栽培を行う計画。

大館市長に再選の福原氏 2期目へ抱負 「令和にふさわしい政を」 バリアフリー推進など

2019-04-23
当選後、初めて大館市役所に登庁し、職員から花束を受け取る福原氏
 大館市長選で再選を果たした福原淳嗣氏(51)は一夜明けた22日、向町の事務所で会見を開き、2期目の市政運営にかける思いを語った。「初心に戻り令和の時代にふさわしい政(まつりごと)をする」とし、「バリアフリーのまちづくり」の推進など政策の方針を掲げた。投票率が前回を8㌽下回ったことにも触れ、「市民に投票の意識を高めるアプローチが必要」と述べた。
 午前2時ごろに就寝し、3時間ほどで起床。知人から100件を超える祝福のメールが届き、遠くはシンガポールからも。午前9時半すぎに登庁すると、市職員約100人が出迎え花束が贈られた。早速、市幹部と定例の会議に臨み、午後にはあいさつまわりと、忙しい一日を送った。
 選挙期間中は「『大館力』の高まりを実感した」とし、「『うちの集落には歴史物語があり、こういうことに取り組むから助けてくれ』と言われた。人口の多い少ないでなく、あるものを磨く。一人一人の未来に対する強い思いがまちづくりにつながる。そのきっかけが高まっている」と語った。
 2期目の取り組みについては、「バリアフリーのまちづくり」を掲げ、庁内にプロジェクトチームが立ち上がり、マスタープラン(基本計画)をつくる考えを示した。「歴史まちづくりで認定された地域の中に、バリアフリーのまちづくりの対象区域を3カ所つくり、つなげることで利便性を確保したい。例えば、大館駅、総合病院、市役所。まずエリアをつくり、比内、田代にも展開する」と述べた。
 5月8日に本オープンする市観光交流施設「秋田犬の里」は、「もう一つの視点は秋田県大館市渋谷村」と強調。「渋谷はIT企業の中心地になりつつあり、サテライトオフィスを大館にもってきてつながっていく。大館を世界に開き、共有しうる渋谷を核とする内外の仲間とまちづくりをしたい」と語った。また、「2期目は市総合計画、総合戦略の達成率を100%に押し上げることに尽きる。そのことを市民に分かりやすく伝えることも重要」と述べた。
 前回、前々回は「推薦がもらえず孤独な選挙だった」が、政党や業界団体から推薦を得た今回は「精神的に違った」という。一騎打ちを戦った麓幸子氏(57)の1万5000票について「市制初の女性候補に対する期待の票だと思う。4年間緊張感を持って仕事をする」と述べた。

上小阿仁村長選から一夜 「急激な変化しない」 返り咲きの中田氏 前回の反省踏まえ意欲

2019-04-23
質問に答える中田吉穂氏(上小阿仁村内)
 21日に投開票が行われた上小阿仁村長選で、前回の雪辱を果たして2回目の当選を決めた中田吉穂氏が22日、村内でインタビューに応じた。4票差の結果には「村長になる、という気持ちが相手を上回ったのでは」などと説明。村政の運営は「前回は急ぎ過ぎた面があった。今回は、早急に取り組むべきは進め、じっくり取り組むものはじっくりと進めたい。急激な方針変化はしない」と述べた。
 祝勝会のあと、就寝したのは日付が変わった午前1時すぎ。それでも、午前5時ごろから電話が鳴り始め、対応に追われたという。「どの人の声も、喜びにあふれていた。本当にありがたい」と話した。
 勝因については「勝つしかない、という気持ちが強かった。さらに、告示前に各集落で開いた座談会で、村づくりに関心を持ってもらったことも大きい」などと分析。「座談会では、私の親しみやすさを知ってもらえたのではないか」とも話した。
 選挙戦で公約に掲げた「移動販売車」については「最初に取り組みたい。まずは、国の補助制度で使えるものがないかを確認し、どのような形で応募してもらえるかを検討していく」とした。「お年寄りからは『家のそばで買い物できるようにしてほしい』と強く求められた。各集落ともに、店の数が少なくなるなど不自由な暮らしをしている」と述べた。
 また「小学校は今年から、複式学級になった。保護者からは、講師を増やして複式学級を解消してほしい、との声が上がっている」としながら、「児童数が増えれば解消される。家族連れで移住できる施策に取り組んでいく」との考えも示した。集住型宿泊交流施設「コアニティー」については「現状では、利活用できていない。特に、地域の住民が利活用できていない」との見方を説明。「議会や村民と相談しながら、活用方法を考えていく」とした。
 選挙戦が結果的に、村を二分する形となったことについては「数字にはこだわらない。あまり気にしないことにした。公約したことを粛々と取り組んでいく」との考えを表明。村政の運営については「急激な進路変更は行わない。理解を得てもらいながら、じっくりと進めていく。前回は急ぎ過ぎた」とした一方、「今、取り組まなければならないものは、すぐに進めていく」と述べた。

3月のニュース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

行革効果4億8千万円 大館市の推進本部 6次大綱の達成率61% 民間アイデア、連携など

2019-03-26
行革大綱実施計画の進捗状況を確認した会議(大館市役所)
 大館市は25日、行政改革推進本部会議を市役所で開き、第6次行財政改革大綱実施計画(2016~19年度)の進捗(しんちょく)状況などを確認した。本年度は推進課題54項目のうち、民間アイデアの募集や大学・企業との連携強化など33項目が「達成済み」となり、達成率61・1%で前年比11・1ポイント上昇した。効果額はふるさと納税推進や人件費縮減などで約4億8600万円と算出した。
 三役と部長級ら16人が出席。福原淳嗣市長は「3年間の成果、課題の洗い出しを行い、第7次大綱と第2次新大館市総合計画後期基本計画を策定するために話し合いたい」とした上で、「行財政改革は経費削減の側面が出がちだが、そうではない。総合的な行政サービスを提供する一方、時代の役割に気付いて教育・子育て・観光・経済・建設あらゆる分野で未来を切り開くシンクタンクだ。きたんのない意見を出してほしい」と述べた。
 テーマ別の評価によると、「市民が活躍できるまち」の達成度は15項目のうち6項目(40%)、「信頼される行政サービス」は22項目のうち14項目(63・6%)、「将来に向けた健全な財政基盤」は17項目のうち13項目(76・5%)。
 市民の市政参画促進として、民間アイデアの募集はふるさと納税制度を活用してインターネットで資金を募る「ガバメントクラウドファンディング」に取り組んだ。秋田犬ふれあい処の環境整備に充てる目的で目標110万円と設定したところ、2倍以上の225万円が寄せられた。
 地域を支える担い手づくりとして、大学・企業との連携強化では大手菓子メーカー・不二家(東京)と連携した「秋田犬ミルキー」や、製菓会社のギンビス(同)と共同開発したスナック「秋田の枝豆」、市観光キャラクター「はちくん」をあしらったヤマト運輸秋田主管支店の宅配用段ボール箱を発売。秋田看護福祉大で市職員の講義、秋田職業能力開発短大で市民講座を初開催した。
 行政サービス改善の推進として、住民票や印鑑証明書などの証明書をコンビニで交付するサービスを3月に開始。20日時点で63件の利用があった。歳入の確保として、有料広告の拡大はネーミングライツ(命名権)パートナーに市民文化会館を追加。公共施設の適正管理として、総合管理計画に基づき旧正札竹村本館棟や市民体育館・武道館の解体工事などを進めている。
 出席者から「未達成はなぜか検証し、根本的な見直しを」「統計データの分析が必要だ」などの意見が出た。

「古里」に感謝と別れ 小坂町七滝保育所 閉所式で歴史に幕

2019-03-26
修了式では成田所長から年長の中村悠羅ちゃんに保育証書が授与された(七滝保育所)
 3月末で閉所する小坂町立七滝保育所(成田真紀子所長)の最後の修了式と閉所式が25日、同保育所であり、55年の歴史に幕を下ろした。旧職員や住民たちが、地域のよりどころとして愛された保育所に感謝と別れを告げた。
 閉所式に先立ち、修了式が行われ、1~5歳までの園児4人のうち、3人が出席。成田所長から、代表して年長の中村悠羅ちゃん(5)に保育証書が手渡された。
 成田所長は、春から小学生になる悠羅ちゃんへ「いろいろなことに力いっぱいチャレンジしてください」、町内の小坂マリア園に通う3人に対しては「毎日笑顔で通ってください」と呼び掛けた。園児との思い出を振り返り、「職員一同にとって貴重で大切な宝物になった。これからも陰ながら成長を応援し、見守っていきたい」と述べた。
 最後に全員で歌を歌い、慣れ親しんだ施設に感謝した。
 引き続き、閉所式があり、旧職員や住民ら約40人が出席。式辞で細越満町長は「子どもたちは地域のあたたかさの中でたくさんの思い出をつくり、豊かな心を育み、のびのびと成長した」とし、「七滝保育所で過ごした時間は、それぞれの皆さまの心によい思い出として残り続け、これからの歩みの糧になってほしいと願う」と述べた。
 卒園した悠羅ちゃんは「保育所はとても楽しかった。小学校では勉強を頑張り、友達をたくさんつくりたい」と笑顔。園児を通わせていた髙橋梓さん(26)は「先生たちが一人一人の変化に気づいて見てくれて、いつも成長を教えてくれた」と感謝した。
 旧職員の小笠原典子さん(82)は「ここで13年間、働いた。自分の古里がなくなる感じがして寂しい」と別れを惜しんでいた。
 同保育所は1964(昭和39)年に開所。98年から複合施設「ほっとりあ」内の新園舎での保育を開始した。巣立った園児は753人。

北秋田市 喫煙室を閉鎖へ 4月から敷地内も禁煙 合川は完成したばかり

2019-03-26
3月いっぱいで閉鎖される屋外喫煙室(合川総合窓口センター)
 北秋田市は2019年度から庁舎の敷地内禁煙を実施するのに合わせ、3月末で既存の屋外喫煙室を廃止する。合川総合窓口センターの屋外喫煙室は2月末に完成したばかりで、約1カ月で役目を終える。
 市庁舎は現在「建物内禁煙」を実施中。庁舎の外に設置した喫煙室は利用できた。4月1日からの敷地内禁煙は津谷永光市長が2月18日の会見で発表した。対象は本庁舎、地区庁舎、出張所。駐車場も含まれており「全面禁煙」を意味する。受動喫煙対策の強化が目的。学校や医療機関、福祉施設はすでに敷地内禁煙になっている。
 18年度に屋外喫煙室を整備した庁舎もあり、合川総合窓口センターもその一つ。庁舎南側の中庭にエアコン付きの平屋建て(約3平方㍍)1棟を設けた。
 センターによると、工期は昨年12月から今年2月末まで。計画通り完成し3月から供用を開始した。設置費用は約110万円。
 他庁舎の屋外喫煙室は利用者の姿が頻繁に見られるが、合川ではほとんど利用者がいないという。完成から約1カ月で廃止されることになり、吉田幸子センター長は「他の庁舎も含め今後、利活用策を検討することになる。市民から『無駄』と言われないように役立てたい」と話した。
 財政課によると、屋外喫煙室は今月最後の開庁日となる29日に室内の灰皿を片付け、出入り口を施錠する予定。

大館市長選 出馬予定者の考えは 来月12日に公開討論会 表明2氏出席へ

2019-03-25
会見する貝森理事長㊨ら(大館市中央公民館)
 大館市長選(4月14日告示、21日投開票)の立候補予定者を招く公開討論会が告示2日前の12日午後7時から、大館市民文化会館で開かれる。有権者の市政への関心を高めようと、大館青年会議所(JC、貝森大樹理事長)が前回の2015年に続いて企画。「候補予定者の考えをじかに聞くことで、一緒に大館の未来を考える機会にしてほしい」と広く来場を呼び掛けている。
 市長選に立候補を表明しているのは、現職の福原淳嗣氏(51)と新人の麓幸子氏(57)。いずれも討論会に出席の意向を示している。
 コーディネーターは貝森理事長が務める。候補予定者の人となりを知ってもらうため、「○」「×」形式の簡単な質問を行った後、一問一答で予定者の考えを聞く。テーマは人口減少や産業振興、まちづくりなど5点。相手の発言に対する反論、質問もできる。
 貝森理事長らが24日、市中央公民館で記者会見し、開催趣旨などを説明。「一般市民にとって政治や行政は関わりが薄く、縁遠いことも否めない。今の選挙制度では候補者が具体的な政策を打ち出す機会も少なく、有権者にとっては政策論点が不明瞭となりがちで、政治への参画意識を失いかけている」と指摘した上で、「一人一人が人任せの考えから脱皮し、主体的に政治に参加できるシステムの構築が必要だ」としている。
 討論会は07年の県議選で初めて企画。前回も市長選候補予定者2人を招き、市民ら780人がそれぞれの主張に聞き入った。
 討論会は事前申し込み不要、入場無料。大館JCのフェイスブックで同時配信する予定。問い合わせは大館JC(☎0186・49・5140)。

 

パリでJOMON展 縄文遺跡群をアピール 世界遺産登録に向け

2019-03-25
パリで行われたJOMON展(ノルマンディホテル)=登録推進本部提供=
 鹿角市の大湯環状列石や北秋田市の伊勢堂岱遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の普及啓発イベント「JOMON展」がこのほど、フランス・パリ市内で行われた。
 4道県、関係市町で構成する縄文遺跡群世界遺産登録推進本部(本部長・三村申吾青森県知事)の主催。
 2021年度の世界遺産登録を目指す縄文遺跡群や縄文文化の国際的な認知度、評価を高めようと、講演会や展示などを企画。一般市民や考古学者、歴史学者、ユネスコ関係者など約40人が参加した。
 講演は登録推進専門家委員長の菊池徹夫・早稲田大名誉教授と登録推進会議座長の岡田康博・青森県世界文化遺産登録推進室長がそれぞれ行い、1万年にもおよぶ世界史から見ても例のない縄文文化の特徴などを紹介しながら世界遺産登録への協力を呼び掛けた。
 展示したのは北秋田市の白坂遺跡出土の「笑う岩偶」をはじめ各道県から出土した土偶のレプリカ。同本部によると、「笑う岩偶」について「何千年も前から、笑顔が人間の表情として普遍であることを知り、とても感動した」という声や、縄文遺跡群について「深い日本の文化が東北にあることを知り、こういうところこそ世界遺産に登録されるべきであり、ぜひ行ってみたいと思った」といった意見が参加者から寄せられ、縄文への理解と関心が高まった様子だったという。

 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る