今日のニュース

今月のニュース
 

旧正札本館の解体工事 ハチ公小径は通行可 大館市と業者が説明

2018-07-18
NEW
旧正札竹村本館棟の解体工事説明会(市営中町住宅内の集会所)
 大館市が本年度から着手した大町の旧正札竹村本館棟の解体工事が本格化するのを前に、市と工事の施工業者による説明会が17日、市営中町住宅内の集会所で開かれた。施工業者は工程のほか、ハチ公小径は工事期間中も通行が可能であることや工事車両の出入り口は大町側とすること、騒音・振動計と数値の表示板を設置することなどを説明。8月1日のハチ公小径側への仮囲い設置から、現地での作業が開始される。
 旧正札竹村ビルは2001年の倒産に伴って閉鎖されていたが、外壁崩落の危険があったことなどから、市が05年12月までに土地と建物を計2580万円で購入した。その後、1961年建設と最も古く、劣化も進んでいた旧館棟は解体しハチ公小径として活用。新館棟には、あきた結婚支援センター北センターや自衛隊秋田地方協力本部大館出張所などが入居している。
 本年度、解体されることになった本館棟は大町の道路側に面した建物で、69年12月の建設。鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)地下1階、地上9階建てで、延べ床面積は6223平方㍍。敷地面積は784平方㍍。
 市は17年度に、解体工事に向けた実施設計とアスベストの含有調査を進めた。アスベストは一部の建材に使用が見つかったが、除去に多大な費用が必要となる吹き付け材への使用は無いことを確認している。
 実施設計に基づき、本年度の一般会計当初予算には解体工事費3億7710万8000円を計上。入札の結果、伊藤羽州建設(本社・大館市、石山清武社長)と3億2508万円で契約した。
 工事説明会は、市建設部まちづくり課と伊藤羽州建設の主催。近隣の住民や事業者を対象に工事の概要などを説明しようと、この日の午前と夕方の2回、開催した。
 10人が出席した午前の説明会では、市建設部まちづくり課の担当者が工事の概要を紹介したのに続き、伊藤羽州建設の担当者が、解体前の作業や建物の解体手順、安全対策などを説明した。
 この中で、馬喰町と中町をつなぐハチ公小径は「本館棟側の一部を小路エリアとして使用するものの、歩行者は通り抜けできるようにする」としたほか、工事車両の出入り口については「大町側に設置し、その部分のアーケードは解体し撤去する」と説明。騒音、振動計と表示板を設置することも明らかにした。
 また、建物の解体手順では「大型の重機をクレーンで屋上につり上げ、建物の上部から解体を進める」ことを紹介。「お盆や神明社祭典、大館アメッコ市などの際には、工事を休む。安全には十分に配慮しながら進めたい」などと述べ、理解を求めた。
 工期は来年12月20日まで。建物本体の解体は11月ごろから始まる見通しで、1カ月に1階分ずつのペースで進める計画という。

松栄の桜伐採始まる 北秋田市 8月末までに終了予定

2018-07-18
NEW
大きく張り出した枝から順に伐採した作業(松栄)
 北秋田市を代表する観桜名所「松栄桜並木」(同市松栄)で17日、老朽に伴う伐採作業が始まった。樹齢60年余りの歴史を感じさせる大枝や幹が慎重に切り落とされ、並木の終わりを迎えようとしている。
 生涯学習課によると、国道105号沿いの約800㍍間に現存する桜59本全部と杉1本の計60本を伐採する計画。桜の木の多くが枯れたりテングス病にかかったりしているためで、地元自治会の要望を受けて伐採の手続きを進めていた。工事は当初18日に開始予定だったが、業者の都合で1日早めたという。
 初日は午前8時30分ごろから、並木中央付近に位置する松栄自治会館脇で作業を開始。高さ10㍍近い桜の枝を、重機のワイヤでつるすように支え、作業員がチェーンソーで切断した。観桜名所として歴史を刻んできただけあって、枝は前後左右に大きく張り出した状態。最後に幹を切り倒すまで1時間近くかけるケースもあり、周辺の安全に配慮しながら慎重に作業が進められた。
 8月末までに伐採を終える予定。1日3、4本ペースで進めるという。伐採後の枝や幹の処理は未定で、希望者がいれば提供や売却を検討する。
 並木は1952(昭和27)年、地元青年会が苗木を植えた。最も多い時期で177本が立ち並び、開花期は「桜のトンネル」と親しまれた。近年はまばらにしか咲かなくなっていた。

清流にホタル舞う 鹿角市花輪 東山の福士川周辺

2018-07-18
NEW
幻想的な光を放つゲンジボタル(花輪東山)
 鹿角市花輪東山地区の福士川周辺で、近年にないほど多くのホタルが飛び交い、住民を楽しませている。
 福士川は花輪スキー場付近が源流の清流。地元の男性(61)は「5年前の大雨で川に茂っていたアシが流され、翌年はホタルが全く見られなくなった」と振り返る。
 その後、「原因は分からないが、ホタルが年々増えてきた」という。今年は6月22日からゲンジボタルの発生が確認され、現在は「今までいなかった所まで生息域が広がっている。私が小学生の頃の50年前と同じぐらい多い。環境が良くなったのではないか」と話し、ホタルが飛び交う幻想的な光景を楽しんでいる。
 男性によると、ホタルが多く生息しているのは総合運動公園の下流から幸稲荷神社下流付近まで。今月末まではゲンジボタル、その後はヘイケボタルが発生するという。

鳳鳴サヨナラで16強 延長11回の激戦制す 夏の甲子園予選

2018-07-17
鳳鳴は最終回、工藤裕のサヨナラ適時打で福嶋が本塁に滑り込む(グリーンスタジアムよこて)
 第4日の16日は2回戦8試合を行い、北鹿勢は大館鳳鳴が秋田南に延長11回、サヨナラ勝ちで16強入りを決めた。大館桂桜は角館に先制された後、1点差に迫る粘りを見せたが惜敗した。北鹿勢6校のうち5校が姿を消し、残るは鳳鳴のみ。18日は雨天順延となったため、鳳鳴はベスト8を懸けて、19日にこまちスタジアムで五城目と対戦する。
◇2回戦
【グリーンスタジアムよこて】
秋田南 00000000100   1
大館鳳鳴00000010001×  2
(延長11回)
 ▽二塁打=栗山穣、工藤裕(鳳)▽併殺=鳳鳴2▽暴投=秋田南2▽捕逸=秋田南1、鳳鳴1▽野選=秋田南1
【こまちスタジアム】
大館桂桜000101000 2
角  館20100000× 3
 ▽二塁打=竹内(角)細越(桂)▽併殺=桂桜1、角館1▽暴投=桂桜1
 秋田南―鳳鳴は、両者息詰まる投手戦は延長11回の激戦の末、大館鳳鳴が秋田南を下した。
鳳鳴主戦・杉原は変化球を効果的に使い、打たせて取る安定した投球。走者を背負っても併殺で切り抜けるなど、バックももり立てた。
 一方の打線は7回、左前打と敵失で1死一、三塁とすると、杉原の二ゴロが野選を誘い、待望の先制点を挙げた。このまま逃げ切るかに見えたが9回、2死三塁から左前適時打を浴びて延長戦へ。
 延長11回、表を三者凡退で終えると、先頭の福嶋が左前打で出塁。続く工藤裕の左越え適時二塁打で長駆ホームイン。初戦を突破した。
鳳鳴・齊藤広樹監督の話 守備の粘り、投手の我慢が勝利につながった。同点で動揺したが後攻の強みがでた。

自然、子育て環境が好評 鹿角市で移住体験 神奈川の2組が2泊3日

2018-07-17
きりたんぽ作りを体験する参加者たち(花輪の柳田きりたんぽ店)
 鹿角市の移住体験ツアーが16日までの3日間、市内で行われた。募集枠2組に対し、応募したのは12組という人気ぶり。神奈川県の2組が市内にホームステイしながら、子育て環境を見学したほか鹿角の自然、特産を満喫した。
 建築・住宅雑誌「チルチンびと」を発行している風土社(東京・千代田区)と連携した企画。募集は同社のメディア、市のホームページなどを通して行い、首都圏を中心に12組が応募、アンケート結果などを考慮し、神奈川県の2組を選んだ。
 大湯・十和田、八幡平の2コースで、14日から16日まで2泊3日の日程で行われた。「普段の暮らしを体験してもらう」という考えから、今回は民家にホームステイした。大湯・十和田コースは「子育て環境、まちなか滞在」をテーマに商店街や保育園、農家訪問などが内容。
 八幡平コースのテーマは「大自然を満喫、アウトドア派に」。八幡平大沼ウオーク、湯治体験、ピザ作り、バーベキューパーティーなど。両コースとも地元の保育園を訪れ、夕涼み会に参加、交流する機会が設けられた。
 最終日の16日は2組が同じコースを回り、ブリーベリー狩り、きりたんぽ作りを体験した。花輪の柳田きりたんぽ店(柳田博明代表)では、先代の柳田亮子さん(73)から説明を受けた後、串につぶしたご飯を付けて、握りながら形を作った。
 子ども3人と夫婦で参加した男性(31)は「自然に囲まれ、癒やされた。夜空の星には感動した。保育園はスペースが広く、環境は良いと感じた」と話し、「子どもたちは帰りたくないと言っている」と満喫した様子だった。
 

五輪選手村のドア製造へ 環境配慮、試作重ね受注 大館の田代製作所

2018-06-30
東京五輪選手村向けのドアを製造する工場(田代製作所)
 室内ドア製造の田代製作所(本社・大館市岩瀬、日景好範社長)が、2020年東京五輪・パラリンピック選手村の宿泊施設に使われるドアを製造することになった。材料を再利用できるよう4年前から試作を重ね、環境負荷の少ない取り組みが評価された形。日景社長は「国を挙げたスポーツの祭典に携われることは誇り。選手が落ち着いて過ごすためにも質の高い製品を供給したい」と意気込んでいる。
 選手村は中央区晴海の約18㌶に整備するもので、不動産大手11社が民間資本で手掛ける。17年1月に建築工事に着手し、19年12月までに選手らの宿泊施設として14~18階建ての21棟を整備。大会後は改修したり、新たに50階建ての高層ビル2棟を建てたりし、最大1万2000人が住む街として生まれ変わる。
 選手村向けのドアは高さ225・5㌢、幅90・2㌢。一般的な製品に比べ10%ほど大きい。通常の芯材は木材だが、今回は環境負荷低減の観点から全面に段ボールを使用するのが特徴。再利用を想定して枠組みに木材、表面に普通紙を使うシンプルなデザインだ。大手建材メーカーの関連会社と共同で試作を繰り返し、複数の企業グループが参加したコンペで採用された。強度や機能面で影響が出ないようにするのが最も苦労した点だという。
 宿泊施設全体の約半分に当たる5519本を受注し、来年2月から3、4カ月かけて製造、順次出荷する。各国・地域の選手や役員らの生活拠点となることから、ものづくりの技術をアピールする好機でもあり、日景社長は「何らかの形で五輪に参加したいと考えていたので、実現できて本当に良かった。社員のモチベーションも上がる。地元にこうした企業があることを知ってもらい、地域が少しでも元気になってくれたらいい」と語り、五輪後の改修も積極的に受注を狙う。

「毛馬内ばやし」途絶の危機回避を 鹿角市の中町自治会 市の支援で伝承活動強化

2018-06-30
「毛馬内ばやし」を練習する参加者(十和田市民センター)
 鹿角市十和田毛馬内の中町自治会(勝又幹雄会長、17世帯)は本年度、地区に伝わる民俗芸能「毛馬内ばやし」の伝承活動に本格的に取り組んでいる。各自治会における課題解決や活性化に向けた自主的な取り組みをサポートする市の「集落支援員活動事業」などを活用。将来的な途絶が危惧されているはやしの太鼓練習や明治初期の屋台の修繕などを計画している。
 集落支援員の配置は、総合計画後期基本計画の重点プロジェクトの一つ「地域コミュニティ活力再生プロジェクト」に盛り込まれている事業。
同プロジェクトは、少子高齢化による人口減少が進む中、地域コミュティー活動の縮小・廃止等を余儀なくされる事態も予測されるとし、地域人材の確保やコミュニティー支援体制の強化を図るもの。
 集落支援員は地域コミュニティーの活性化を図るため、自治会の話し合いに参加し、課題の共有と効果的な支援を行うことを目的に昨年度から、市民共動課に非常勤職員1人を配置している。おおむね50世帯以下の小規模な自治会を対象とし、昨年度は5自治会、本年度は中町を含む4自治会が活用。支援員が自治会と協力しながら状況調査や話し合いを行い、各自治会の状況に応じた活性化の取り組みをサポートしている。計画づくりや活動を支援する補助金制度もある。
 中町が伝承に取り組む毛馬内ばやしは毛馬内月山神社祭典(7月12、13日)で奉納される伝統芸能。伝承曲は6曲。かつては毛馬内本町通りの上町、中町、下町の3町が奉納していたが、近年は中町だけとなり、太鼓のたたき手も20年ほど前から町外者の協力を得ながら確保している。
 一昨年から毛馬内ばやし保存会長を務めている勝又会長(69)は「はやしを教える人がいなくなり、6曲のうち4曲は途絶えたような状態で危機感を持っている。今回の事業が伝承に向けた最後のチャンスだと思っている」と期待をにじませる。
 事業の柱は住民を対象にした太鼓演奏の練習と、1877(明治10)年に購入したという本屋台の照明や幕の新調の二つ。
 このうち太鼓練習は28日夜、十和田市民センターで始まり、初日は小学生から大人まで10人が参加。小学生の頃から中町ではやしを演奏し、6曲のたたき方を習得している青山定明さん(54)=宮城県登米市在住=が講師と笛の伴奏を担当し、参加者が6曲を繰り返し練習した。練習は全5回の予定。7月12、13日の本番で参加者が成果を披露する。

地域のつながり大切に 北秋田市社福協 全戸訪問がスタート

2018-06-30
市民宅を訪れ、災害発生時の助け合いなどについて呼び掛ける社会福祉協議会の職員(左)
 北秋田市社会福祉協議会は29日、職員が地域に出向いて福祉の課題などを把握する全戸訪問活動を開始した。今年は防災を中心に、災害発生時の支援や近隣住民との助け合いなどについて呼び掛けた。
 地域の課題や住民が抱えるさまざまな問題を共に共有し情報提供を行うほか、自治会や民生委員・児童委員との連携を密にして地域のネットワーク強化を図ろうと毎年実施している取り組み。約460人の職員が1人当たり約20世帯を担当し、市内の約1万2000世帯を13日まで15日間で訪問する。
 訪れた職員は地域に関して気になることや家庭での困りごとなどを聞いて問題解決の糸口を探ったほか、1人暮らしの高齢者には熱中症予防や特殊詐欺被害に遭わないよう注意喚起も行った。
 今回は昨年から複数回発生しいる豪雨災害などを踏まえ、災害発生時には市社協が設置運営を行う「災害ボランティアセンター」の活用を呼び掛けた。このほか「助け合うためには日頃のつながりが大切」と地域のネットワーク構築の重要性を訴えた。
 訪問終了後は18日までに訪問の結果をまとめ、自治会長や民生委員らに報告する。緊急対応が必要な場合や対応が困難なケースについては、関係機関と検討して支援につなげていく。

古里支える人材育て 大館市で企業博覧会 中学2年生ら550人参加

2018-06-29
各ブースで地元企業が魅力を説明(大館市中央公民館)
 地元企業の魅力を中学生が学ぶ「企業博覧会」が28日、大館市中央公民館で開かれ、古里を支える大人たちが仕事への誇りや事業内容などを伝えた。31社・団体が出展し、大館国際情報学院を含む市内9校の約550人が参加した。7月2日には北秋田市で行われる。
 県北秋田地域振興局が主催して2年目。生徒たちに進路選択の幅を広げてもらうとともに、古里で頑張ろうとする気概の醸成が狙い。企業側には情報発信のノウハウの蓄積や、人材確保の重要性を再認識してもらう機会としている。
 前回は希望した小中学生を対象に開催。よりキャリア教育との連動性を強めるため、今回は高校受験や夏休みの職場訪問などを控えた中学2年生を主対象に絞った。2市の延べ出展企業も前回を大幅に上回り、32社から64社に倍増。観光・運輸やリサイクル、林業など多様な業種を集めた。
 この日は参加生徒の人数から午前、午後に分けて実施。館内の各部屋に所狭しとブースが設けられ、映像や製品、パワーポイントを使って自社を紹介。「大館を支える物を作っている」「インターネットの普及などで地元でも働ける」などと強みや熱意を伝えた。
 生徒たちは最大9人の班で4カ所を各15分で回り、その後1社を自由訪問。生徒たちはメモを取ったり、質問を投げかけたりしていた。
 デザイナーを目指しているという安藤佳歩さん(比内2年)はサービスや製造業の会社などを訪問。「多くの地元企業を学べる機会。求める人材の姿が、積極性やコミュニケーション能力など人柄に関することが多かったのが印象的だった」と話した。
 事業担当の地域企画課・奥山法子副主幹は「学校の教育課程に合わせた参加で、中には1年生も。視野を広げ、古里の良さに気付くきっかけにしてほしい」と話した。博覧会は次年度以降も継続する方針。生徒や出展企業への事後アンケート結果から、改善を重ねていくという。
 7月2日は北秋田市民ふれあいプラザコムコムで、同市と上小阿仁村の6校約260人の参加、33社・団体の出展を予定している。
 

2年連続の黒字決算 JAかづの総代会 剰余金は8200万円

2018-06-29
議事に先立ち功労表彰を行った通常総代会(かづのJA会館)
 JAかづの(田中專一組合長)は28日、鹿角市花輪のかづのJA会館で通常総代会を開き、2017年度事業報告、剰余金処分案を承認した。3年ぶりに黒字に転じた16年度に続いての黒字決算となり、今後は早期の要改善JA指定からの脱却と、利益準備金の積み増しを図っていく。
 報告によると17年度の経営状況は、事業利益が8000万円の計画に対し1億500万円、当期剰余金が4100万円の計画に対し8200万円。
 計画対比で増加となった主な要因について田中組合長は「共済の新規契約が計画を大きく超えたことによる付加収入の増加や計画外の受取配当金等、貸倒引当金の圧縮、人件費を含む管理費の抑制、不採算部門の収支改善など経営改善に鋭意取り組んだことが挙げられる」と説明した。
 同組合の子会社「ファー夢(ム)かづの」(社長・田中組合長)については、経営改善に向け17年度から5カ年の再生事業計画を策定し、17年度は同組合が3500万円を出えん(寄付の意)した。田中組合長は「抜本的改革でもある財務支援に取り組んだ結果、17年度は再生計画初年度としてほぼ計画を達成することができた」とし、累積赤字の早期解消に取り組む考えを示した。
 あきた北、鷹巣町との3JA合併については「17年度はJAあきた北央の経営問題が発生し、JA鷹巣町より救済のための吸収合併が19年2月に行われる予定。3JAでの合併はその後にあらためて協議を行うことになる」とした。
 議事では議案のほか、JAグループの自己改革実践の加速化に関する特別決議を採択した。
 任期満了に伴う役員改選を行い、理事16人、監事5人を選任した。
 ▽理事=畠山巌、似鳥勇一、畠山克久(八幡平)菅原俊二、田中博美(花輪)山本喜代宏、小鴨健一(柴平)工藤勝康、小笠原正光、栁沢誠(十和田)小舘正光、中村仁(小坂)石川盟子、畑澤富子(女性)阿部浩一、中村朝光(学識経験)
▽監事=戸舘三義(八幡平)木村英樹(花輪・柴平)安保公博(十和田・小坂)阿部公洋(学識経験)木村政義(員外)
 
 

創生プランを着実推進 北秋田市商工会通常総代会 4項目の重点施策

2018-05-19
事業計画など決めた北秋田市商工会の通常総代会(コムコム)
 北秋田市商工会の2018年度通常総代会は18日、北秋田市民ふれあいプラザコムコムで開き、2年目に入る商工会創生プランに掲げた施策や事業の推進による事業者支援の強化を重点とする事業計画など決めた。任期満了に伴う役員改選では会長に藤本忠氏を再選した。
 総代120人のうち、委任状を含めて半数を超える76人が出席。藤本会長はあいさつで「国内経済は緩やかに回復基調にあるとされるが、地方では課題が山積している。商工会創生プランを着実に推進し、地域商工業の維持と発展を図り、経済の好循環につなげていきたい」と述べた。
 続いて議事に入り17年度の事業報告と収支決算、18年度の事業計画と収支予算などを原案通り承認した。
 18年度事業の基本方針では、商工会の役割について「地域経済を支え、地域活性化の基盤となる事業者が将来にわたって事業を継続・発展させる活動を積極的に支援する」とあらためて位置付け。「チームで支援 事業者と歩み続ける商工会」をテーマに創生プランに掲げた施策や事業の着実な推進を図るとした。
 重点推進施策は▽伴走型個社支援の実施▽事業継承の推進▽会員加入促進運動の実施▽受託業務・地域振興事業の見直しと業務の効率化―の4項目。伴走型個社支援は、地区ごとに担当者を配置した上で年間の巡回計画を作成し、きめ細かな企業訪問を展開し、課題の解決を図る。
 事業継承の推進については、事業者の状況に応じた支援のため、マッチングの際に重要視される事項の明確化を図り、専門の相談員を含めたチームを組織して支援活動を繰り広げる方針。
 役員は次の通り。
▽会長=藤本忠(フジモトホールディングス・再)▽副会長=藤岡茂憲(藤岡農産・再)片岡信幸(片岡電気工事・同)▽専務理事=佐藤康弘(佐藤乳販・再)▽理事=金森勝三(金森建築・再)中嶋隆史(むらかわ・同)上杉操(上杉組・同)小笠原昭(小笠原塗装・同)小笠原寿(小笠原工務店・同)佐藤昌郁(佐藤庫組・同)柴田裕(柴田新聞店・同)中嶋誠(シード・同)奈良浩平(奈良商店・同)成田和吉(成徳仕出しセンター・同)野宮幸博(カメラの科学模型社・同)萩野秀実(阿仁川あゆセンター・同)畠山好子(ローマ美容室・同)檜森正太(成文社・同)森澤徳夫(森沢石油・同)北林一成(秋田土建・同)髙橋伸幸(晩梅・同)福嶋相(阿仁タクシー・同)永井昌孝(永井電機商会・同)和田テヱ子(和田設備工業・同)三浦武(米内沢中央印刷・新)佐藤浩宗(宗和・同)野宮加代子(みらい環境・同)松橋史尚(ダスキン鷹巣・同)
▽監事=米倉章(米倉石油・再)木村信智(木村精肉店・同)
 

17年度政務活動費 「調査・研究」に支出23人 大館市議会

2018-05-19
 大館市議会議員(定数28)へ2017年度に交付された政務活動費で、年額18万円の交付額を超えて支出した議員は12人だった一方、交付額の範囲内で支出した議員は16人だったことが、北鹿新聞社が情報公開請求して入手した収支報告書で明らかとなった。主な使途は県外への行政視察や議会報告書の作成、資料費など。市への返還額の合計は96万9036円だった。
 地方自治法の規定に基づき、01年度から「政務調査費」に関する条例を施行、調査研究に必要な経費の一部として交付してきた。交付額は月額1万5000円(年額18万円)。
 12年9月の地方自治法改正で、政務調査費は「政務活動費」に改め、支出対象には「その他の活動」を追加。大館市は「要請・陳情活動費」の項目を加え、13年度の交付分から適用した。
 収支報告書によると、調査研究費に支出したのは23人で、多くが県外への視察だった。会派で視察を行ったのは、平成会が大分県別府市、由布市と北海道函館市で、温泉事業やインバウンド対応などを調査した。新生クラブは北海道木古内町、小樽市、旭川市に出向き、体験型観光や教育旅行の受け入れ、ふるさと納税、CCRC事業などの調査を行った。
 議員個人では東京都のほか、宮崎県都城市、静岡市、静岡県伊豆市、滋賀県大津市、京都府京丹後市などでの視察や研修等の報告があった。
 専門紙の購読料や書籍購入費などの資料購入・作成費は16人が支出を報告。議会報告会の会場使用料や議会報告書等の作成費用に関する広報広聴費は、12人が支出していた。事務所費の報告はなかったが、1人が議会報告書の配布に伴って「人件費」を支出した。
 13年度から加えられた「要請・陳情活動費」の報告はなし。その他の経費は、ファイルやコピー用紙、プリンターのインクなどの費用だった。
市からの交付総額は28人分で504万円。報告された支出額の合計は445万6474円。全額を使い切ったのは16年度より1人多い12人で、最も多い議員は28万549円を支出したと報告した。使われなかった96万9036円は、市へ返還された。
 
 

湯の駅で観光周遊性アップ 大型連休入り込み増で当局示す 鹿角市議会・産業建設委

2018-05-19
大型連休の観光入り込み状況などの報告を受けた産業建設委(市役所)
 鹿角市議会は18日、3常任委員会を開き、当局が所管事項の報告や6月定例会の上程予定議案などを説明した。産業建設委員会(田中孝一委員長)では、大型連休の観光入り込み・宿泊者数が前年に比べて増加したことについて、当局は4月28日にオープンした市内二つ目の道の駅「湯の駅おおゆ」のオープンや、道の駅かづの「あんとらあ」との共同企画の実施などを挙げ、「市内観光の周遊性がこれまで以上に高まったことによる効果」との見解を示した。
 大型連休の入り込み状況は毎年、4月29日~5月5日の7日間を調査期間としている。昨年まで観光入り込み数は主要8施設、宿泊者数は主要5施設を対象としていたが、観光入り込み数は今年から歴史民俗資料館と湯の駅の2施設を追加して10施設とした。
 観光入り込み数は10施設で計3万6084人、追加2施設を除いた8施設では計1万6214人で前年比2・7%、421人の増。宿泊者数は5施設合わせて5472人で前年比3・4%、181人の増。
 当局は「湯の駅のオープンに加え、あんとらあでの観光物産フェアの開催、両駅を結ぶスタンプラリーや情報発信を展開したことで、周遊性が高まった」とし、「引き続きこの流れを維持しながら国内外からの誘客に向けて効果的な事業を積極的に展開していく」との考えを示した。
 湯の駅について委員が「隈研吾さんが設計した建物は、普通の人が分からない所で手間を掛けて造っている。そういうすごい所をもっとPRすべき」と指摘。これに対し当局は「これからパンフレット等を作っていく。利用客に建物を見てもらえるよう指定管理者を通じて周知していきたい」とし、今後、隈さんを招いたイベントも計画されていることを説明した。また、波及効果について「(向かいにある)ホテル鹿角では、ランチの利用がかなり伸びているとうかがっている。すみ分けをしながら取り組んでいきたい」とした。
 このほか委員は、湯の駅のカフェとショップが大型連休明けの7、8日に休館したことをめぐり「市外からも(休館を知らずに)随分来ていたので残念だった。市ではどう考えているのか」と質問。当局は「指定管理者側としてもタイトな期間で準備し、オープンにこぎつけた。大型連休後、もう一度、態勢を整えるという意味で休館の申し出があり許可を出した。ホームページ上ではかなり前から休館を周知していたが、行き渡っていなかったのは反省すべきと思っている」とし、「今後、よほどのことがない限りは通年営業していきたい」とした。
 

森吉山県立自然公園 国立・国定公園目指す 運動母体、年度内設立へ

2018-05-18
運動の方向性などについて協議した設立準備会(市役所第2庁舎)
 北秋田市の森吉山県立自然公園を、国が指定する自然公園に昇格させようという活動が本格始動した。市内の観光や自然保護団体などが設立を目指している昇格運動連絡協議会の設立準備会が17日、市役所第2庁舎で開かれ、運動の推進方法などについて協議。年度中に開催を目指す設立総会に向けて会員募集など行うことを確認した。
 森吉山の国立・国定公園への昇格に向けた動きは、北林丈正県議の一般質問をきっかけに市観光物産協会が中心となって動き出した。これまでは指定要件のクリアが可能とされる国定公園を目標としていたが、「国立公園が良い」という声もあることを踏まえ、国立と国定いずれかの指定を目指すことにした。
 準備会には協議会の設立発起人に名を連ねた市観光物産協会、商工会、山岳会、NPO森吉山、秋田内陸縦貫鉄道、北秋田市金融団などの代表者らが出席。協議会の規約や実施事業などについて話し合った。
 発起人を代表して市観光物産協会の檜森正太会長が「森吉山が国の指定する自然公園へと昇格することは、自然保護のみならず観光振興、地域活性化など幅広い分野で大きなメリットがある。スピード感を持って設立の準備を進めていきたい」とあいさつ。
 活動のきっかけをつくった北林県議は、国が指定する自然公園への昇格に向けた自身の取り組みを説明しながら「国が行った国立公園などの再編を踏まえると可能性はある」などと話した。
 協議では運動の方向性について、国立か国定かを明確にせず「国が指定する自然公園への昇格を目指す」と位置付けた。推進にあたっては地域の企業や団体、住民に会員として参加を募り、地域が一体となって体制を構築する考えで一致した。
 今後は、7月ごろに再び準備会を開いて協議会の規約や事業計画、予算など設立総会に提出する議案について協議することにした。檜森会長は「スピード感を持って進めなければならない。会長の任期中(3年)のうちに、ある程度のところまで進めたい」と意欲を示した。
 協議会の設立に向けて準備会は一般や企業・団体の会員を募集している。問い合わせは市観光物産協会(電話0186・62・1851)。
 

個社支援や労働力確保など計画 かづの商工会総代会 3項目重点に展開

2018-05-18
本年度の事業計画などを承認した通常総代会(鹿角パークホテル)
 かづの商工会は17日、鹿角パークホテルで通常総代会を開き、本年度の事業計画などを承認した。個社支援のさらなる強化・促進、労働力不足への対応、組織運営の強化の3項目を重点に掲げ、各種事業を展開する。役員改選を行い、柳澤隆次会長を再任した。
 柳澤会長はあいさつの中で、活動強化計画「商工会創生プラン」(推進期間=2017~21年度)と、プランに基づく同商工会の「アクションプログラム」に言及。実施初年度の昨年度について「事業者第一の視点に立ち、個社支援の強化と運営体制の改善を重点推進施策に位置づけて取り組んだ。目標をおおむね達成し、好スタートを切ることができた」と振り返った。
 個社支援では、国等の補助制度に該当しない事業所の取り組みを支援する単独の補助制度「伴走型支援事業補助金」をはじめ、国や市の各種補助金の活用支援、創業者支援などを実施。補助金交付実績は延べ129事業所、3691万円だった。このうち伴走型支援事業は新規28件、257万円。
 本年度は伴走型支援事業を継続して実施。新規の支援先を拡大するとともに、これまでの支援先のフォローアップを強化し、次のステージに引き上げる支援を推進する。
 事業承継支援では、県連合会に設置される事業承継相談センターと連携し、事業承継診断の実施、事業承継計画の策定とその具体化、空き店舗や後継者難の対策として創業者や移住者への就業支援を進める。
 販路拡大では、ビジネス展示・商談会「ビジネスマッチ東北」への出展支援を計画。
 労働力不足への対応では、これまでの地元高校生を対象にした就職促進活動を地域外の大学生や社会人まで広げ、地元企業や就職に関する情報提供を強化するほか、多様な労働力を確保する観点から女性や高齢者、障害者の就労支援にも取り組む。
 事業運営にあたっては、これまでの部会と併せ、新設した三つの常設委員会を活用し、運営へのチェック機能の強化を含めて会員の意見が反映される体制を確立する。
 柳澤会長は「アクションプログラムの成否は、職員の業務スキルの向上と意識改革はもとより、会員皆さまの理解浸透と機運醸成が不可欠。商工会としても『事業者に信頼され、役に立つ商工会』の実現のため、行政や関係団体との連携を強化し、産業育成と地域振興に取り組んでいきたい」と協力を呼び掛けた。
 

4月のニュース

 

山田ロードレース 春風浴び健脚 1301人が完走

2018-04-30
春風を浴びながら大館路に飛び出す参加者たち
 第66回山田記念ロードレース大会兼県ロードレース大館大会は29日、大館市長根山陸上競技場を発着点とするコースで開かれ、青空の下、男女23種目で健脚を競った。今回は国内外から1560人がエントリーし、1301人が完走した。この日は天候に恵まれ、参加者は沿道の声援と春風を浴びながら大館路を快走した。北鹿勢は9種目を制した。
 大会は1953年のボストンマラソンで当時の世界最高記録で優勝した山田敬蔵さん(90)=同市出身=の偉業をたたえ、毎年4月29日に開催している。開始式では、国際情報高の野呂彩季愛さん(3年)が「練習の成果を発揮し、環境に恵まれた大館で精いっぱい走り抜きたい」と選手宣誓した。
 ゲストランナーは、世界陸上女子マラソン金メダリストの浅利純子さん=鹿角市=、芸人ランナーの宇野けんたろうさん、第一生命グループ陸上競技部OGの二宮美幸さん、法政大陸上部2人の5人がエントリーし、大会を盛り上げた。
 
 

大湯市日 湯の駅で移転オープン 県外客の姿も

2018-04-30
大勢の人でにぎわう大湯市日(湯の駅おおゆ)
 鹿角市の大湯市日が29日、移転先の道の駅「湯のおおゆ」で新装オープンし、大勢の人でにぎわった。
大湯市日は「4」と「9」の付く日に開設されている。始まったのは、115年前の1904(明治37)年ごろと言われ、歴史は古い。
 28日にオープンした湯の駅には〝市日棟〟が整備され、800㍍離れた従来の場所(十和田大湯字中田地内)から移転することになった。
市日が入った建物は三角屋根が特徴のしゃれた木造。柱、壁は木目が浮き立ち、温かさを漂わせている。移転前より多い、12店舗が出店した。
 店頭には山菜や野菜、果物、鮮魚、大判焼き、お菓子、衣服、花きなどが並んだ。湯の駅がオープンしたばかりとあって、朝から大勢の人が訪れ、お目当ての品を買い求めていた。
 香川県から観光で家族と一緒に訪れたという木内静子さん(66)は大湯温泉街の旅館に宿泊。「のどかでいいですね。とにかく安いのには驚いた」と話し、リンゴなどを買い求めていた。地元の女性(79)は、「新しいところはいいですね」と話した。
 鹿角市日会の中村力会長は「近くのホテルに宿泊したお客さんも来ている。交流人口の増加に期待している」と移転先での営業に期待を寄せていた。

 
 

ご当地キャラとお花見 秋田内陸線 GWイベント

2018-04-30
満開の桜をバックにキャラクターを撮影する参加者たち(阿仁河川公園)
 北秋田市阿仁銀山の阿仁河川公園で29日、県内各地のご当地キャラクターと一緒に花見を楽しめる催しが行われた。秋田内陸縦貫鉄道(吉田裕幸社長)が大型連休に合わせて企画したイベント。家族連れらが訪れ、満開の桜を背景に写真を撮るなどして楽しんでいた。
 秋田内陸線GW(ゴールデンウイーク)イベントと銘打って28日から5月6日まで実施するイベントの一環。観光拠点としてリニューアルオープンした阿仁合駅を中心に、絵が描かれた石を探すWAROCK(わろっく)宝さがし(5月4日)、駅前おまつりひろば(5日)など行う予定。
 お花見には内陸線キャラクターの「じゅうべぇ」をはじめ、内陸線沿線の仙北市にある田沢湖から生まれたという湖の妖精「フカインダー」、秋田市のニャジロウなどが集結。阿仁合駅ホームで乗客を出迎えた後、河川公園に移動して満開の桜の下でふれ合った。
 県外から訪れたというキャラクターのファンもおり、桜を背景にした〝インスタ映え〟しそうな写真を撮影するなど楽しんでいた。
イベント期間中は内陸線が1日乗り放題になるホリデーフリーきっぷを利用できる。

 
 

「湯の駅おおゆ」オープン 鹿角市に2カ所目の道の駅 観光誘客に期待

2018-04-29
オープンした湯の駅おおゆ(物販ショップ)
 鹿角市が十和田大湯に整備した道の駅「湯の駅おおゆ」が28日、オープンした。竣工(しゅんこう)記念式典で児玉一市長ら関係者がテープカットを行い、新たな観光拠点施設の誕生を祝うとともに、地域活性化や新たな誘客に期待した。晴天の下、大勢の地域住民らが詰め掛け、設計者の隈研吾さんによるトークショーや物販ショップでの買い物、カフェでの飲食、足湯などを楽しんだ。
 湯の駅は、豊富な温泉等の地域資源を十分に生かし、低迷する温泉地の再生を図ろうと、官民でつくる検討委員会が2009年度に整備計画をまとめ、報告書を児玉市長に提出。これを受け、市は観光客と市民の交流や地域のにぎわい創出、市の基幹産業である観光業と農商工業の活性化を図る拠点と位置づけて整備を進めてきた。総事業費は約10億円。
 敷地面積は約2万4700平方㍍。湯の駅は木造平屋建て延べ床面積646平方㍍。施設内は物販ショップやカフェ、調理研究室、研修室、休憩コーナー、情報提供コーナー、観光案内所などで構成。屋外には足湯、温泉じゃぶじゃぶ池、屋外ステージ、イベント広場、草すべりの丘、ほたるの小川、ビオトープ(生物生息空間)などを配置し、別棟の市日スペースに大湯定期市場が移転する。指定管理者はノリット・ジャポン(本社秋田市、菅原久典社長)。
 式典は屋外ステージで行い、児玉市長が「道の駅かづのに続く市内二つ目の道の駅。十和田湖と八幡平の玄関口の役割を担う拠点としてそれぞれが個性を発揮し合うことで、本市の魅力向上とより一層の観光誘客に寄与するものと期待している」とあいさつ。
 続いて大湯小の児童4人を含め、国、県、市などの関係者14人がテープカット。同小6年の阿部雄岳さんは「たくさんの人が集まって、みんなが仲良くなれる所になってほしい」と願いを込めた。
 この後、オープニングイベントを開催。隈さんと設計スタッフによるトークショー「大湯の『えんがわ』のつくり方」や、隈さんが案内して回る施設説明ツアーを行った。大正琴や民謡のステージも披露されオープンに花を添えた。
 ショップでは飲食物、加工品、新鮮な農産物、温泉関連グッズなど地域内外の商品を販売。カフェでは特産のかづの牛や八幡平ポークを使ったメニューが好評だった。営業時間は午前9時~午後6時。
 市日スペースでは「かづの牛鍋」と「鹿角りんごジュース」の振る舞い、みそ付けたんぽの販売が人気を集めた。湯の駅を特集したフリーペーパーも配布した。
 

子グマに会おう! 北秋田市のくまくま園 今季の営業スタート

2018-04-29
生まれたばかりの子グマをなでる子どもたち(くまくま園)
 北秋田市阿仁打当の市営阿仁熊牧場「くまくま園」で28日、今季の営業が始まった。生まれたばかりのツキノワグマ2頭とふれあえるコーナーが人気を集め、開園と同時に親子連れでにぎわった。
 2014年7月にヒグマ舎を備えてリニューアルオープンし現在はヒグマ17頭、ツキノワグマ49頭の計66頭を飼育している。今季は11月4日まで。開園は午前9時から午後4時。
 開園前にオープニングセレモニーが行われ、津谷永光市長や観光関係者らが祝った。大阿仁保育園児11人がダンスを披露し盛り上げた。
 大型連休初日とあって親子連れが目立ち、早速クマに餌を与えるなどして楽しんでいた。市によると、今年1月27日に生まれた子グマ2頭は当初、雌とみられたが最近になって1頭が雄だったことが分かったという。名前は公募中。子どもたちはふさふさの毛をなで「かわいい」と歓声を上げた。
 園に実在するクマをモデルにした絵本の贈呈式も行われた。制作の中心となった仲澤弘昭さん=大館市=から園に2冊が贈られた。モデルとなった「のりこ」は雌グマの運動場におり、来園者から「のりちゃーん」と盛んに声をかけられていた。
 28~30日と5月3~6日の間は1日3回、子グマとふれ合える。30日はカピバラとのふれあい体験も企画した。5日は12歳以下が入場無料。近くの市営「遊遊ガーデン釣り堀」(3~5日)で園の入場券を提示すると、半額の500円(釣りざお、餌付き)で釣りができる。
 

3月のニュース

 

定住自立圏 共生ビジョンを策定 大館市と小坂町 生活機能強化など3本柱

2018-03-31
 大館市と小坂町は30日、大館圏域定住自立圏共生ビジョンを策定した。「鉱山で磨いた匠と歴史を大切にし、次世代に夢つなぐまちづくり」を将来像に掲げ、具体的な取り組みは▽生活機能の強化(産業振興)▽結びつきやネットワークの強化(地域公共交通、移住促進)▽圏域マネジメント能力の強化(人材育成など)―の3本柱。観光や交通ネットワークの構築、移住情報の発信などを盛り込んだ。
 期間は2018年度から5年間。両市町が役割分担し、医療や福祉、インフラ整備などの連携・協力で都市機能や生活機能などを確保する「定住自立圏」形成を促進、定住の受け皿づくりを目的としている。ビジョンを策定すると、特別交付税措置や補助事業の優先採択など国の財政支援が受けられる。
 将来像は、両市町で構成する圏域の暮らしやすさや魅力の質的向上、広域観光連携などによる産業活性化を図りながら移住・定住、交流人口の拡大、人口減少の抑制を目指す。効果として小坂町や青森県内10市町村で構成する上十三・十和田湖広域定住自立圏とのつながりができ、特に観光面の連携で関係性人口の増加が図れることを挙げた。
 具体的な施策は、資源循環型社会の形成に向けた3R(リデュース=ごみ削減、リユース=再利用、リサイクル=再資源化)関連環境イベントの実施や周遊ルート・観光拠点ネットワーク構築、公共交通ネットワーク構築、移住情報の発信、両市町職員の合同研修など。ごみの排出量削減や大館―小坂間輸送人員の現状維持など成果指標を設定した。
 路線バスを利用しにくい公共交通不便地域については、住民ニーズや需要に見合った多様な運行形態による交通手段の確保など、協働事業の取り組みへの可能性について情報共有を図る。主要地方道大館十和田湖線(樹海ライン)は整備促進を図る。移住施策では企業求人など暮らしに関わる情報を一体的に発信するとともに、移住希望者のニーズに応じた生活体験ツアーを実施する。
 

北海道・北東北の縄文遺跡群 世界遺産へ6度目挑戦 推薦書案を提出

2018-03-31
 6度目の挑戦―。鹿角市の大湯環状列石や北秋田市の伊勢堂岱遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録推進本部(本部長・三村申吾青森県知事)は30日、2020年度の世界文化遺産登録に向けた国の推薦候補になることを目指し、文化庁に推薦書素案を提出した。13年から5年連続で推薦が見送られてきただけに、悲願の実現に向けて関係者の期待も膨らんでいる。国内候補は今夏の文化審議会で決まる見通し。
 縄文遺跡群は北海道、秋田、青森、岩手の4道県にある17遺跡で構成。国がユネスコ世界遺産委員会への登録申請を目指す暫定一覧表(暫定リスト)へ09年1月に記載された。
 4道県と関係市町は同10月、登録推進本部を設置し、登録実現を目指して取り組みを進めてきたが、国が世界遺産委員会へ推薦する国内候補は1年に一つだけという難関となっている中、文化審議会での「落選」が5年続いてきた。
 昨年の推薦見送りを受け、登録推進本部は関係自治体の担当職員や専門家、外部有識者などで構成するプロジェクトチームを新たに設置。縄文遺跡群を4道県の17遺跡に限定する具体的な理由など、文化審議会から示された課題の解決について専門家等と協議しながら、推薦書素案の改定作業を進めてきた。
 今年7月末をめどに開催される文化審議会で国内推薦が決定された場合は▽国がユネスコへ推薦書を提出▽国際記念物遺跡会議(イコモス)が中間報告▽イコモスがユネスコへ登録勧告―などを経て、20年度のユネスコ世界遺産委員会で登録決定といった手続きが予定されている。
 

100㌔マラソン ハチ対策の強化確認 北秋田で全体実行委

2018-03-31
ハチ対策などを確認した総会(北秋田市交流センター)
 仙北市から北秋田市間を走る「北緯40度秋田内陸リゾートカップ100㌔チャレンジマラソン大会」の全体実行委員会総会が30日、北秋田市交流センターで開かれた。昨年9月の27回大会で選手がハチに襲われる被害が発生した事故を受け、事前の駆除や応急手当てなど対策の徹底を確認した。
 27回大会を報告し28回大会の事業計画案と予算案を承認した。新たな大会会長に北秋田市森吉地区の黒澤芳彦さんが選ばれた。
 28回大会は9月23日に開催予定。4月1日から6月30日まで先着順で参加申し込みを受け付ける。定員は50㌔の部350人、100㌔の部1350人の計1700人。
 事業計画に出没が相次いだクマ、被害が出たハチの対策を明記した。特にハチ対策として駆除・撃退用品を準備し、各エイドステーションに応急手当てマニュアルを配布する。被害発生時の報告様式も整えた。
 昨年の27回大会報告によると、46㌔地点付近でキイロスズメバチとみられるハチに選手が刺された。救急車や大会車両で計6人を医療機関に搬送。大会終了後に3人が受診した。幸い大事には至らなかったという。
 過去の大会でもハチ被害があり、実行委はコース上で巣を駆除してきた。今回襲ったハチはガードレール下の空洞に巣を作り、事前に発見できなかったという。総会で委員から「対策を徹底するというが、全て点検するのはかなりの労力」「巣の特定が難しい」と、限界があるとの指摘も出た。
 29回大会(2019年9月22日)の開催についても承認した。このほか、北秋田市のふるさと納税制度返礼品として大会参加資格を新たに用意する。5万円の寄付で100㌔の部参加資格、7万円の寄付でさらに特産品が付く。
 

「おおだて暮らし」楽しむ 「しごとづくり」など重点 大館版CCRC推進協が基本計画

2018-03-30
大館版CCRC整備推進協議会(ニプロハチ公ドームパークセンター)
 大館市の大館版CCRC整備推進協議会(会長・小笠原吉張秋田職業能力開発短期大学校教授)は29日、ニプロハチ公ドーム(大館樹海ドーム)パークセンターで開き、策定を進めてきた基本計画を原案の通り承認した。定住促進と移住者の獲得を目指すもので、重点プロジェクトには「しごとづくりプロジェクト」など3項目を設定。計画の名称は「地域と人が多彩に輝く『おおだて暮らしを楽しむ』基本計画」とした。
 CCRCは「コンティニューイング・ケア・リタイアメント・コミュニティ」の略。国が進める地方創生の一環で、米国発祥の仕組み。大都市圏から地方へ人の流れをつくり、地域活性化を図る狙いがある。
 こうした考えを取り入れながら、市は大館版CCRCを「暮らしづくり」の推進施策の一つに位置づけ。「おおだて暮らし」の魅力を充実させることで、若年層を含むあらゆる世代の健康長寿、生涯活躍を実現し、定住促進と移住者の獲得を目指すとした。
 基本計画によると、市では「農山村タイプ」と「まちなかタイプ」の二つのタイプにより展開。農山村タイプは「地域内の自助、共助、公助のサービス実現により、地域住民の在宅での長寿、生涯活躍を目指す」、まちなかタイプは「学びや就労機会の提供により、アクティブシニアとしての生活実現を目指す。中山間地域からの住み替え希望も受け入れる」としている。
 「基本的な考え方」には▽地域コミュニティを単位とした「暮らし」と「文化」の魅力充実▽地域コミュニティの「10年後」を展望▽おおだて暮らしの充実と「大館びと」づくりの推進―の3点を設定。「取り組みの進め方」では、「市のまちづくりの一環としての事業推進」「施策間連携による包括的なまちづくりの推進」「民間(市民・産業界)の主体的な取り組みの推進と支援」「ソフトプログラム事業の先行」などを挙げた。
 推進体制の構築を目指すための重点プロジェクトは▽地域の「10年プラン」の策定支援▽しごとづくりプロジェクト(まちなかでの若年者受け入れの仕組みづくり)▽「大館暮らす会」「大館暮らしマイスター」の立ち上げ―の3点。「しごとづくり」では、高い教育レベルや豊かな自然環境など、市の強みを魅力と感じる子育て世代への情報発信も、積極的に行うとした。
 基本計画がまとまったことで、2018年度は市役所内部の庁内横断組織や官民協働体制の構築を目指し、重点プロジェクトの実証事業を進める方針。結果などを踏まえながら、19年度以降の事業化に向けた検討を進めることにしている。
 

加工用ジャガイモを試験栽培 小坂で試作協設立 カルビーへ出荷目指す

2018-03-30
加工用ジャガイモの試験栽培に向けて立ち上がった協議会(町役場)
 小坂町は2018年度、町内の真木平地区で加工用ジャガイモの大規模栽培に向けた実証試験を実施する。29日、関係者による町加工用馬鈴薯試作協議会を設立した。1年間の試験栽培を通して栽培技術の確立、一定の収量確保や品質などを調査し、菓子メーカー・カルビー(本社・東京都)へ人気商品の原料として出荷を目指したい考え。
 町は、県などが整備に力を入れる「園芸メガ団地」について、町としての在り方を検討していく中で、既存の耕作放棄地対策事業の一環として町内で大規模ほ場を活用する法人が存在したことから、加工用ジャガイモの栽培に着目した。県の協力を得て、カルビーと協議を進めていた。
 試験栽培を行う同協議会は県、ポークランドグループ、農業生産法人大地、町などで組織。設立総会は町役場で開かれ、県鹿角地域振興局農林部農業振興普及課の松橋正仁課長は「小坂における土地の有効利用や園芸の振興などに向けて、道筋となれるように期待している」とあいさつ。
 町観光産業課農林班の杉原隆広課長補佐はこれまでの経緯に触れながら、「菜種を小坂でも栽培しており、横浜町(青森県)の菜種はイモの後作で行っていたことを知り、これなら町にも合うと思った。やりやすい環境は整っている」と述べた。
 試験栽培は、真木平地区にあるポークランドグループのほ場1㌶で、カルビーから供給された種イモ2種類を作付けする。実作業はポークランド、大地に委託。5月大型連休前に植え付けし、収穫は8月のお盆ごろを予定している。
 町によると、「ポイントは北海道の前にいかに出荷できるか。収穫後はカルビーに見てもらい、引き取ってもらえるかどうかを評価してもらう」。収穫前には先進地研修も行うという。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*