本文へ移動

今日のニュース

2022年8月

下内川の河川改修 県「早期の完成目指す」 大館市沼館地区 工期前倒しを検討

2022-08-06
下内川で進められている堤防の復旧工事(大館市沼館)
 3日の大雨で下内川が氾濫して多数の浸水被害が発生した大館市沼館地区で、県は堤防の復旧作業を急いでいる。調査の結果、流量増加で越水が相次ぎ、沼館橋上流の3カ所で破堤したという。県河川砂防課は現在進めている河川改修工事の工期前倒しも検討すると明らかにし、「一日も早く復旧を終え、河川改修の早期完成を目指したい」との方針を示した。
 沼館地区ではこれまでにも水害が相次いでいる。下内川の川幅が狭く、長木川との合流点も近いため雨で水位が上昇しやすく、越水や堤防決壊が度々起こって集落に流れ込んでしまう状況にあった。
 特に2013年8月の豪雨では浸水被害が住家の床上51棟、床下33棟、非住家61棟に上った。3日の大雨でも70棟以上の建物被害が発生している。
 県河川砂防課によると、今回の氾濫の原因は「上流側からの雨で下内川の流量が多くなり、沼館橋から松木橋の間の多くの場所で越水した。川の流れが強かったり、堤防の強度が弱かったりした3カ所で破堤した」と分析。このうち1カ所は約31㍍に渡って堤防が崩れていたという。
 県は4日から、破堤した箇所で応急の復旧工事を開始。重機で土のうを積み上げるなどし、急ピッチで作業を進めている。1週間弱で完了を見込んでいるという。
 下内川は15年度から着手した河川改修工事の真っただ中。長木川との合流点から高館橋までの3・1㌔区間で川幅を広げ、堤防、護岸を築いて流下能力を高めるもので、これまでに沼館橋の下流側960㍍で工事を終えた。
 今回堤防が決壊したのは沼館橋より上流側だが、同課は「上流側から工事を行うと、下流側の方が川幅が狭くなり、氾濫する危険性が高まるため、河川改修は下流側から進めるのが基本」と説明する。
 一方、度重なる氾濫で沼館地区では浸水被害が多発していることから、28年度の完成を目標にしている工期の前倒しを検討すると明らかにした。「まずは一日も早く復旧を終え、河川改修工事も加速させていく。上流側もできるだけ早く完成できるよう検討していく」としている。

印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る