本文へ移動

今日のニュース

2022年7月

子どもの遊び場 パークセンター改修発注 大館市 防火壁や空調更新 「木育」を推進

2022-07-03
改修工事が始まったパークセンター(大館市上代野)
 大館市は子どもの遊び場整備に向け、ニプロハチ公ドームパークセンターの改修工事を発注した。火災時の延焼を防ぐ間仕切り壁を新たに設けるほか、内装を不燃材で仕上げたり非常用照明を更新したりする。年中快適な温度を保つよう空調設備も一部更新。幼児から児童まで年齢層に合わせた空間を創出する。12月のオープンを目指している。
 パークセンターは鉄骨造り延べ床面積1266平方㍍。1997年8月に開設し、これまで展示会やイベントなど多目的に利用してきた。
 工事は建築、電気設備、機械設備に分け、いずれも今月20日から11月18日まで。契約額は合わせて1億373万円。集会場として間仕切り壁新設や内装不燃化仕上げ、外壁改修、排煙窓増設、自動ドア新設、火災報知・非常用照明設備更新、厨房(ちゅうぼう)機器撤去、トイレ改修などを行う。
 遊び場は就学前児童向けと小学校低学年向けに分け、それぞれ木のぬくもりを感じられる空間と、自由に体を動かして遊べる空間を整える。森林や環境への関心を高めてもらう「木育(もくいく)」の推進に向け、木製おもちゃを取りそろえる。
 保護者の休憩場所や授乳スペース、物販スペース、事務室なども設ける。トイレにはおむつ替えシートやベビーチェアを設置し、オストメイト(人工肛門・人工ぼうこうの保有者)も対応する。
 2カ年計画で進めており、2021年度は西側の内装を改修。有浦児童会館内の子育て支援拠点事業「つどいの広場ひよこ」が移転した。改修工事に伴い、同事業は7月5日から12月中旬までの間、県北部老人福祉総合エリア内ふれあいセンターやまびこキッズスペース「森のおへや」で行う。
 遊び場を巡っては19年2月、子育て中の母親らが約4500人分の署名を集め、市に多世代が集える場の整備を要望。市は市民交流センター(旧女性センター)に「木育ひろば」を開設したものの、利用しやすい専用施設を望む声が根強いことからパークセンターへの整備を重点施策に位置付けた。
 土日開設を望む声が多く、子ども課は「市民の要望に応えていきたい」としている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る