本文へ移動

今日のニュース

2021年10月

旅行需要 回復傾向に 北鹿地方 宣言解除で予約5倍も 行き先は県内から首都圏に

2021-10-14
旅行の予約、問い合わせ増加に対応している窓口(秋北航空サービス大館営業所)
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言等が全面解除され、県の定める警戒レベルも引き下げられたことを受け、旅行業界では冷え込んでいた需要が回復傾向にある。大館市の旅行会社では、予約・問い合わせが宣言期間中の約5倍に増加。県内中心だった行き先も首都圏が目立つようになってきている。
 大館市の秋北航空サービス大館営業所では、9月日に緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が全面解除となったことに伴い、旅行の予約・問い合わせが急増。宣言期間中だった9月と比べると、10月は約5倍に上る。「これまでは問い合わせもなかったが、日がたつごとに予約が増えている」という。
 利用客は50~60歳代が中心で、個人や夫婦など1~2人の少人数で予約する人が目立つ。公共交通機関の乗車券や航空券と宿泊施設をセットで求める人が多くなっている。
 県の「旅して応援!あきた県民割キャンペーン」の影響もあり、これまでは県内での日帰り旅行が好調で、目的地は県内が約9割を占めていた。10月に入ってからは一転して首都圏、東京方面を選択する利用客がほとんどとなった。
 同社の照井良浩営業部長は「コロナ禍前の2019年に比べるとまだまだ厳しいが、宿泊を伴う予約が増えてきている」と話す。「今は県外が全体の9割」というほど状況が一変している。
 県の警戒レベルが「4」から「3」に引き下げられ、県外との往来を含む行動制限も緩和されたことが需要回復につながった。「影響をとても感じている。感染者も少なくなり、ワクチン接種が進んでいることもあるのでは」とみている。
 旅行商品については今後も感染対策の徹底が求められることになるとし、「対策をしっかり行っている施設の利用、感染リスクを低減できるツアー・プランを提案していく。行政の補助制度も周知しながら、ウィズコロナ時代に対応した魅力的な旅行を提供していきたい」と展望を語った。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る