本文へ移動

今日のニュース

2021年9月

古里盛り上げたいと開発 「鶏めしが恋したプレミアム駅弁茶」 大館東中 花善とコラボ

2021-09-28
商品の完成を発表した会見(大館東中)
 大館市大館東中学校(駒木聖子校長)の生徒らが、オリジナルのブレンド茶を開発した。本場京都の味に定評がある同市の「蔵cafeレストラン康瓏堂」(森田康裕代表)監修の下で作られたもので、〝世界に一つだけ〟の煎茶。同校プロジェクトリーダーの飯塚凜人さん(3年)は「このお茶で地域の皆さまに笑顔と元気を届ける」と希望を語った。10月3日に同校の学校祭での先行販売を予定しており、一般販売は11月13日から。
 フランス・パリの「リヨン駅」に駅弁の出店を予定している同市の駅弁製造「花善」(八木橋秀一社長)とのコラボ商品。「花善×大館市立東中学校お土産プロジェクト」で開発された。
 駒木校長によると「ふるさと大館を盛り上げたいという両者の思いが一致した」ことで4月、立候補した1~3年生11人をメンバーにプロジェクトが始動した。全校生徒からアイデアを募集し、花善フランス支社の従業員らとWEB会議を重ねて開発する商品をお茶に決定。康瓏堂の森田代表が監修し、生徒の意見を基にブレンドする茶葉などを選ぶなどして開発に取り組んできた。
 商品名は「鶏めしが恋したプレミアム駅弁茶」。有機抹茶入りの煎茶で、「サエミドリ」という品種の茶葉を使用。きれいな緑色で爽やかな香りと自然なうま味があり、鶏めしの甘みとも合うスッキリとした味わい。ティーバッグ5個入り(税込み1000円)を合計1000個作った。このほか1945年ごろまで花善の駅弁で使われていた「汽車土瓶」がセットになった商品(同1680円)も1000個製作した。
 27日は、同校で商品完成会見が行われた。八木橋社長と森田代表、駒木校長、同市の高橋善之教育長、プロジェクトメンバーが出席。プロジェクトリーダーの飯塚さんは「自分たちはもちろん、お客さまにとっても最高と思えるお茶が完成した。このお茶で必ず地域の皆さまに笑顔と元気を届ける自信がある」と力を込めた。八木橋社長も「東中生皆さんの頑張りに応えるようフランスでの販売を頑張りたい」と語った。
 10月3日は学校祭で保護者らに先行販売。一般販売は11月13、14日に花善、同20、21日に秋田犬の里、同27、28日にいとく大館ショッピングセンターで予定している。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る