本文へ移動

今日のニュース

2021年9月

北秋田 にぎわい創出へ特売 〝市日通り〟の定期市 月末を「サービスデー」に

2021-09-28
月末の「サービスデー」を初めて実施した市日通りの定期市(北秋田市元町)
 北秋田市元町の通称・市日通りで「7」の付く日に開かれる定期市で27日から「月末感謝サービスデー」が始まった。月3回の開催のうち、月末は各店で特売などのサービスを実施し、利用者を増やすため工夫を凝らしている。
 鷹巣地区の市日通りでは、業者でつくる県北商友会(庄司正会長)が7、17、27日に定期市、盆や年末に臨時市を開催している。近年は高齢化により出店数や訪れる人が徐々に減少。このため市日のにぎわい創出につなげようと、月末の毎月27日を「サービスデー」と銘打ち、各店での特売を初めて実施した。
 この日は午前8時ごろから旬の野菜や果物、魚介類、加工品、生活用品などを販売する15店ほどが通行規制された道路に店を構えた。各店が「本日特売日」のカードを掲示。購入客へ果物を1個サービスしたり、馬肉の加工品の値段を割り引いたりと、普段より1~4割程度安い値段で販売する店もあった。
 特売を知らずに訪れた人も多く、「なんだか得した気分」などと笑顔で話していた。午前10時ごろには近隣の保育園児たちが散歩に訪れ、通りはにぎやかな雰囲気に包まれていた。
 定期的に出店している工藤りんご店の工藤隆博さん(64)=同市米内沢=は「平日の月末はなかなか人が来ない。定期的に来てくれるお客さんが増えるとうれしい」と話していた。餅やリンゴを買いに訪れた同市元町の女性は「安く買えていいサービス。昔より店は減って寂しいが、これからも続いてほしい」と話していた。
 サービスデーは月末に毎月実施する。庄司会長は「各店が強みを生かした特売をしている。近所の人にも声を掛けて市日を利用してもらえたら」と期待を寄せている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る