本文へ移動

今日のニュース

2021年9月

大館市総合福祉センター サービス拠点へ改修 相談機能を集約、サロン開設

2021-09-26
社会福祉協議会が入る2階フロアで行われた引っ越し作業(大館市総合福祉センター)
 大館市は市総合福祉センター(三ノ丸)に相談機能を集約させて福祉サービスの拠点を整備するため改修工事を行っており、今月から順次業務を開始する。市社会福祉協議会は本所事務所を移転し、27日からひきこもりなど各種相談事業に対応する。障害がある人の日中活動を支援する市の「地域活動支援センター」と、交流の場として新たに開設するサロンは10月11日にオープンする。福祉課は「利用者の声を聞き、よりよい運営を目指していきたい」と話す。
 5月の市本庁舎開庁に伴い、総合福祉センター内の福祉部が移転。空いたスペースを改修し、障害のある人や高齢者、子ども、生活困窮などの相談機能を集約させる。8月から2階トイレの洋式化やオストメイト対応、床の張り替え工事を行っている。工事は今月末までの予定。
 最初に社会福祉協議会が27日に業務を開始する。上川沿公民館内の本所事務所が福祉センター2階に移る。総務会計係、地域福祉係など職員12人態勢で、生活福祉資金貸付事業や福祉まるごと相談支援室、フードバンク事業、共同募金委員会の窓口業務などに対応。「ひきこもり相談室」も移転し、今後は本人や家族の居場所づくりも検討していく。
 25日に引っ越し作業が始まり、担当は「市中心部に移ることで来所しやすくなる。個室でひきこもりなどの相談に応じることができ、利便性が向上する」と話した。
 2階では、18歳以上の身体、精神、知的障害者などを対象とした市の「地域活動支援センター」事業の機能を強化させ、サロンを併設する。キッチンやパソコン、作業台などを設置し、昼食作りや脳トレ、軽運動などの社会適応訓練を実施する。障害がある人が集うサロンは長年要望が出されており、利用は登録制度とし、交流する場の創出を目指していく。オープン日は10月11日。
 障害がある人を支援する総合窓口となる「基幹相談支援センター」、「障害者就業・生活支援センター」は泉町地域ふくしセンターから10月中旬までに移転する予定。
 3階にあった高齢者や介護の相談を受け付ける「地域包括支援センターかつら」は1階に移動。空いたスペースには今後、市勤労青少年ホームから児童生徒が利用する「おおとり教室」の移転を予定している。
 福祉課は「新たに障害がある人のサロンが開設され、気軽に利用してほしい。平日のみの開設だが、利用者のニーズを聞き取りながら、運営の在り方を考えていきたい」と話した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る