本文へ移動

今日のニュース

2021年9月

秋季全県高校野球 桂桜が初の決勝へ 主戦・福田が9回粘投 鳳鳴は完封負け

2021-09-26
7回2死三塁、勝ち越しの左前適時打を放つ桂桜の高清水(こまちスタジアム)
 第6日の25日は秋田市のこまち球場で準決勝を行った。北鹿勢は大館桂桜が県南地区王者の大曲工業との接戦を制し、2016年の開校以来初となる東北大会出場を決めた。大館鳳鳴は序盤から引き離されて能代松陽にコールド負けを喫した。最終日の26日は桂桜が初優勝を懸けて能代松陽との決勝に、鳳鳴は11年ぶり5度目の東北切符を懸け、大曲工業との3位決定戦に臨む。

 ◇準決勝
      【こまち球場】
大曲工業
  001020200  5
  200210121× 8
大館桂桜
 ▽三塁打=石山伶(曲)
 ▽二塁打=石戸谷(桂)、石山伶(曲)
 ▽併殺=桂桜1

 決勝進出を懸けた接戦は、大館桂桜が大曲工業を終盤に突き放して勝利した。昨年の秋季県大会で4位に終わった雪辱を果たし、開校以来初の東北大会進出を決めた。
 桂桜は初回、1死一、二塁の好機を作ると、柳澤、柳谷の連続適時打で幸先よく2点を先制。1点差に迫られた4回にも、2死三塁から石倉の適時内野安打、小林廉の左前安打、福田の左前適時打と3連続安打で2点を追加した。
 その後一進一退の攻防が続き、7回には同点に追いつかれた。しかし直後に、先頭の柳谷が四球を選んで犠打と内野ゴロの間に三塁まで進むと、高清水が左前適時打を放って勝ち越し。8回にも2点を追加して逃げ切った。
 主戦・福田は再三走者を背負うも、粘り強い投球で9回を投げきった。
 桂桜・高谷勉監督の話 守備から攻撃につながり、打者が良い場面で打った。決勝は隙を見せないようにし、地区大会で負けた借りを返したい。

 ◇準決勝
      【こまち球場】
大館鳳鳴
    0000000 0
    014100× 7
能代松陽
     (7回コールド)
 ▽二塁打=相澤(能)▽併殺=松陽1▽暴投=鳳鳴1▽▽野選=鳳鳴1
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る