本文へ移動

今日のニュース

2021年9月

大館市山田 地域の店「たんひ」開店 住民が運営 日用品販売や直売所

2021-09-26
 大館市山田地区で25日、地域住民が運営する商店「Store たんひ」がオープンした。山田部落会(赤坂実会長)が田代公民館山田分館近くの遊休施設を改修し、週6日、食料品や日用品の販売、地場産野菜などの直売を行う。多世代が集う交流サロン「Cafe(カフェ) Acco(あっこ)」を併設し、買い物弱者を支援しながら、住民が集える地域の拠点を目指す。
 山田地区は人口約550人で、高齢化率が5割に迫る。2019年度に県の「コミュニティ生活圏形成事業」モデル地区となり、人口減少が進む地区の課題解決に向け住民がワークショップを重ねた。
 地区唯一の商店が店主の高齢化で閉店が見込まれることが課題の一つに挙がり、「商店機能だけでなく、人が集まり交流する場を」などの意見が出され、サロンを併設した商店を開設した。総務省の過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業補助金を活用し、約150平方㍍の広さの遊休施設を改修。今後は移住定住に向け、原木ナメコ収穫などの体験も提供する予定。
 たんひではパンや豆腐、調味料、総菜などの食料品や日用品を販売するほか、自家製野菜を扱う直売コーナーを設置した。婦人会を中心に住民12人が登録し、運営にあたる。車での送迎や配達も計画している。店名は「してください」を意味する方言の「たんせ」からとり、人と人をつなぐ願いを込めた。
 商店隣にはイスやテーブルを並べ、自由に集えるサロンAccoを設けた。「あっこさ行こう」と気軽に言い合えるようにと、山田子ども会が命名した。
 オープニングセレモニーで赤坂会長は「山田にこんなものがほしいという住民のさまざまな声が形になった。小さな店だが10年、20年後にあって良かったと思える施設にしたい」とあいさつ。オープンを機に、地区で代々約150年続いてきた商店を今月で閉める能村房二さん(88)は「年齢的に閉店したいと話すと、地域の人から困ると言われてきた。1人ではどうにもならなかったが、山田に店が残り感謝している」と話した。
 月曜定休。営業時間はたんひが午前9時~午後7時(土、日曜は午後5時まで)、Accoは午前7時~午後7時(土、日曜は午後5時まで)。
買い物客でにぎわう店内
テープカットをする関係者(大館市山田)
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る