本文へ移動

今日のニュース

2021年9月

自然の癒やし感じて 十和田ふるさとセンター 2年ぶりプレオープン 体験メニューの準備進む

2021-09-24
プレオープンした十和田ふるさとセンターの館内
 小坂町の十和田ふるさとセンター(十和田湖大川岱)が、2年4カ月ぶりに再開した。本格的なオープンは来年4月で、湖畔周辺のトレッキング、登山ガイド、カヌーなど自然体験メニューの実施へ向け、準備を進めている。
 同センターは1984年、町民の保養施設、環境拠点として緑地園地内に完成した。近くには湖畔の遊歩道や大川岱桟橋が整備され、訪れた人の食事や休憩などに利用されてきた。鉄筋コンクリート、鉄骨造りの2階建て。毎年、12月から3月までは冬季休業している。
 管理、運営していた指定管理者が撤退し、19年4月からは冬季休業後に再開できないまま、休止となった。町は新たな指定管理者を募集したが、応募がない状態が続いていた。今回応募したのは、新会社「十和田湖西湖岸地域開発合同会社」(同町荒谷字上ノ平、佐藤宏美代表社員)。秋田市、鹿角市、大館市に居住する、イベント企画や林業などを専門とする4人が4月に設立した。
 センターは8月にプレオープン。玄関から入ると、ロビーが広がり、正面には大きな暖炉が来館者を迎える。自然の中でゆったりと休憩できる雰囲気。計画によると、十和田湖西湖畔周辺のトレッキング、登山ガイド、専用のボードに乗ってパドルでこぎ進むウオータースポーツのSUP(サップ)、カヌーなどの自然体験型イベントを予定。来年4月の本格的なオープンへ向け、準備を進めている。
 同社の役員川又伸文さん(46)=鹿角市=は「波の音など自然の静けさが魅力。にぎやかな休屋に比べ、西湖畔周辺は静かさがあり、ストレスフリー、癒やしを感じられるエリア」と大川岱湖畔の魅力を語り、「寒い時は暖炉に火を付けている。好評です」とPRする。
 日曜日には、キッチンカーが出店し、ホットドッグ、コーヒー、ソフトドリンクを販売している。開館時間は午前10時から午後3時まで。休館日は月、火曜日。天候状況などにより、開館時間や休館日を変更する場合がある。ツイッターなどSNSで情報を発信している。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る