本文へ移動

今日のニュース

2021年9月

鳳鳴、明桜破り4強 秋季全県高校野球 主戦・木村は10奪三振

2021-09-24
鳳鳴は7回、2死一塁から田村の適時二塁打で木村が生還(八橋球場)
 第5日の23日は秋田市のこまち、八橋の両球場で準々決勝残り2試合を行った。北鹿勢は大館鳳鳴が今夏甲子園出場の明桜と対戦。鳳鳴は中盤まで堅守でしのぎ、終盤に畳みかけて勝利をつかんだ。第6日の25日はこまち球場で準決勝を行い、鳳鳴が能代松陽、大館桂桜が大曲工と対戦する。
 ◇準々決勝 【八橋球場】
大館鳳鳴 000000120 3
明  桜 000000001 1

 ▽二塁打=田村(鳳)、坂口(明) ▽併殺=鳳鳴1、明桜1▽暴投=明桜1
 両校譲らない展開となったが、終盤に先制した鳳鳴が明桜の追い上げを振り切り、準決勝進出を果たした。
 鳳鳴は初回、2安打と四球で1死満塁の好機をつかんだものの、連続三振で逸機。5回にも1死一、二塁と先制の場面を併殺で逃し、両校無得点のまま終盤に入った。
 均衡を破ったのは鳳鳴。7回2死一塁から、田村の中越え適時二塁打で1点を先制。8回には1死一、二塁から二つの敵失で1点を追加し、なおも1死二、三塁から瀬川がスクイズを決めて3点目を奪った。
 守っては先発の木村が走者を背負いながらも要所を締め、奪三振の好投。9回は四球からの連打で1点を失ったが、後続を併殺で打ち取るなど堅守で逃げ切った。
 鳳鳴・今畠寿樹監督の話 ロースコアでの接戦は予想していた通り。打席に立つ位置を前後にこまめに調整して駆け引きに勝てたと思う。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る