本文へ移動

今日のニュース

2021年9月

大館市下内川 河川改修が本格化 水害相次ぐ沼館地区 県が14カ年で治水対策

2021-09-21
河川改修工事が本格化している下内川(大館市沼館)
 大館市沼館地区の下内川で、河川改修工事が本格化している。雨による川の氾濫で、同地区では度重なる水害に見舞われてきた経緯があり、県北秋田地域振興局が治水対策として2015年度に事業化し、18年度から着工。延長約3・1㌔で川幅を広げ、堤防、護岸を築いて流下能力を高める。本年度は国の補助事業にも採択され、急ピッチで作業が進められている。
 沼館地区ではこれまで水害が多発しており、特に13年8月の豪雨での浸水被害は床上51戸、床下33戸、非住家61戸に上った。下内川の川幅が狭く、長木川との合流点も近くて雨で水位が上昇しやすい状況にあり、越水や堤防決壊が起こって集落に流れこんだことが主な原因だった。
 被害が頻発している上、周辺に鉄道や道路もあって市民生活への影響が大きいことから、県が河川改修の事業化を決定。長木川との合流点から高館橋までの3・1㌔区間で、河道拡幅、築堤、護岸工事を行うことにした。
 工事では川幅を約30㍍から約54㍍に広げて流下能力を高める。両岸に堤防(高さ1~1・5㍍、幅3㍍)を築いて越水を防ぐほか、堤防が削れないようにコンクリートの護岸も設ける。15~28年度の14カ年計画で、総事業費は24億5000万円を見込む。
 15年度に計画を策定し、現地調査、測量、用地買収、設計を経て、18年度に着工。対象区間のうち、重点区域に設定した沼館橋から下流側約1㌔から着手した。
 本年度は「大規模特定河川改修事業」に採択され、事業費2億5000万円のうち二分の一を国が負担する。今後は農業用地に水を引くための取水堰も、洪水時に流れを阻害しない構造として整備し直す。重点区域での進捗(しんちょく)率は現在35%で、年度内に80%に達する見通し。現場周辺では大型重機が行き交い、連日作業が進められている。
 重点区域での工事は遅くとも25年度までに完了する見込み。その後残りの区間に取りかかり、28年度以降の完工を目指す。
 同振興局企画・建設課は「沼館橋から上流側も用地買収を進めている。なるべく早期に実施できるようにしたい」とする。「騒音・振動はできるだけないよう心掛けているが、重機も通行するので地元住民には不便をお掛けする」と理解を求めている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る