本文へ移動

今日のニュース

2021年9月

仏・リヨン駅で鶏めし 大館の花善 11月から半年間 県産食材で弁当6種

2021-09-15
 大館市の駅弁製造「花善」(八木橋秀一社長)は11月1日から来年4月末まで半年間、フランス・パリの主要ターミナル「リヨン駅」構内に出店する。2019年7月の常設路面店に続くパリ出店で、駅構内への単独出店は初めて。県産食材を使用した「秋田弁当」など6種類を販売する予定で、名物「鶏めし」の味と駅弁文化を情報発信する。
 14日に同社と県庁をオンラインでつないで発表した。同社はフランス国鉄の出店者募集に応募し、審査を経て7月、採択通知を受けた。今後正式に出店契約を結ぶ。初挑戦の19年9月時は落選し、2度目の応募で実現した。
 リヨン駅は高速列車TGVが発着し、新型コロナウイルス禍以前は年間1億6000万人(2018年)が利用する〝巨大駅〟。同社の現地法人「パリ花善」が駅構内の一角に店舗とテラス計50平方㍍を構え、スタッフ15人体制で駅弁を製造・販売する計画。価格は1個900円~1900円程度(税込み)の予定。
 限定販売となる「秋田弁当」は鶏めしに加え、きりたんぽの田楽みそ、稲庭うどんのバジルソースあえ、枝豆入りひじきなど副菜7点が添えられている。主に輸出した県産食材を用い、現地で調理する。
 八木橋社長が県庁で会見し「フランスは鉄道網がしっかりしていて、文化を大切にする国。まずは駅弁文化を知ってもらいたい」と意気込みを語った。
 商品開発にあたり、地元の小中高生が駅弁購入者へのプレゼント製作などの形で協力した。会見に大館国際情報学院高の髙橋聖良さん(3年)、東中の石母田琥太郎さん(同)、有浦小の山縣侑莉さん、近藤愛さん、長崎丈琉さん(以上5年)の計5人が参加。協力の経緯を説明し「パリの人に喜んでもらいたい」などと語った。
 同社は18年10月から1カ月間、JR東日本や駅弁会社など7社共同でリヨン駅に出店した。19年7月にはパリ中心部に常設店舗を開業し、コロナ禍の現在も営業を継続している。11月からは一時休止し駅出店に注力するという。
リヨン駅で売り出す「秋田弁当」
商品開発に協力しオンラインで説明する有浦小の児童(前列3人)。後方のデザインが出店予定の店舗(花善)
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る