本文へ移動

今日のニュース

現職・佐竹氏が4選 県知事選 村岡氏の追撃振り切る 投票率56・56%、最低更新

2021-04-05
万歳に代わり、両手を前に出して「ありがとう」と述べる佐竹氏(中央、秋田市川尻町)
  任期満了に伴う知事選は4日、投票が行われ、即日開票の結果、現職の佐竹敬久氏(73)=無所属=が新人で元衆院議員の村岡敏英氏(60)=同、新人で県美容生活衛生同業組合前理事長の山本久博氏(70)=同、新人で新日本婦人の会県本部前事務局長の相場未来子氏(50)=同=を破り、4選を果たした。投票率は56・56%で、前回(2017年)の56・83%から0・27ポイント低下し過去最低を更新した。
 佐竹県政3期12年に対する評価や新型コロナウイルスへの対応、人口減少対策などが争点となり、知事選史上初の女性候補を含む3新人が現職に挑む構図で舌戦を繰り広げた。感染防止のため大規模な集会は開かず、街頭活動やインターネット上の会員制交流サイト(SNS)での発信に力を入れるなど異例の戦いとなった。
 佐竹氏は自民や公明、社民、連合秋田など政党・団体の支援を受けた組織戦を展開。国会議員や首長らが遊説に同行し、「コロナ対策にしっかりと取り組んできた。今こそ安定感が必要。流れを変えるわけにはいかない」と県政継続を訴えた。
 コロナ収束後の方向性として▽新産業と雇用を生む再生可能エネルギー戦略▽森林資源を生かした温暖化対策への貢献▽食糧供給県としての農林水産業の役割増大―の3本柱を掲げた。遊説先では「大館工業団地に進出した企業の事業拡大を応援する」「秋田内陸線の持続的な運行を確保し、魅力を高める」などと地域に合わせた政策を有権者に訴え、再び県政リーダーの座を手中に収めた。
 村岡氏は「秋田市一極集中で県北、県南が沈み込んでいる。県政を変えなければならない」と刷新を訴え、自民党を離党した大館市選出県議らの応援を受けて追い上げたものの、あと一歩及ばなかった。山本氏は「若者の県外流出を食い止めるため、洋上風力の産業化で県民所得を引き上げる」、相場氏は「命と暮らしを守る県政をつくりたい。初の女性知事誕生に力を貸してほしい」とそれぞれ支持を求めたが、広がらなかった。

印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る