本文へ移動

今日のニュース

企業誘致へ補助拡充 福原市長が方針示す 市道岩瀬線に交付金 大館市3月議会・一般質問

2021-03-02
一般質問が行われた本会議(大館市役所)
 大館市の3月定例議会は1日、本会議を再開し、5議員が一般質問を行った。企業誘致に向け福原淳嗣市長は「情報サービス産業支援事業費補助金の拡充を予定しており、いつでも積極的な事業展開を開始できるよう準備を進めている」と述べた。山瀬ダムから三菱重工業田代試験場付近の市道岩瀬線については、「のり面保護など安全対策が必要と判断し、国に交付金を要望したところ予算配分について内示があった」と明らかにした。
 登壇したのは佐藤芳忠議員(市民の風)、田村儀光議員(令和会)、栁館晃議員(同)、笹島愛子議員(共産党)、田中耕太郎議員(令和会)。
 首都圏からの人材受け入れ体制について質問があり、市長は新型コロナウイルスの影響を踏まえ「リモートワーク(遠隔勤務)や移住に注目が高まっている。お試し勤務拠点としてベニヤマ自然パークや五色湖ロッジ、(共用オフィスの)マルーワなどの機能充実を図り、サテライトオフィス(出先拠点)事業をさらに推進したい」と答弁。その上で「コロナ収束後を見据え、リモートワーク実施企業約1000社を対象としたニーズ調査を実施している。データを分析し、企業誘致をさらに促進させるために、情報サービス産業等支援事業費補助金の拡充を予定している」と述べた。
 2017年9月に市道認定した岩瀬線は維持修繕を行う一方、現況調査や橋りょう点検を進めながら整備方針の検討を重ねてきたとして「安全対策を講じる基幹整備が必要と判断したため、国の防災・安全交付金事業に要望したところ、予算配分について内示があった」と説明。「速やかに工法の検討や設計を行い、議会に相談しながら工事を進めたい。宇宙輸送を担うロケットの運用に欠かせない燃焼試験を支える重要インフラ。まさに国策の一翼を担っている」との考えを示した。
 コロナの影響で経済的に困窮している学生への給付金を求める質問に対しては「幅広い層への波及効果が期待される支援策を講じる」と述べるにとどめた。
 観光交流施設・秋田犬の里について「直営の期間は延長するのか」との問いには、「指定管理者制度の導入を22年度に予定しており、来年度に指定管理者を決定する」と答えた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る