本文へ移動

今日のニュース

国の3次補正 小坂町は9600万円 予算特別委 町長選後の財源に

2021-03-02
付託議案11件を原案通り可決すべきもの決定した予算特別委員会(役場)
 小坂町議会の予算特別委員会(椿谷竹治委員長、委員11人)は1日役場で開き、2021年度当初予算など付託された議案11件を原案通り可決すべきものと決定した。国の第3次補正予算について、当局は町への配分は約9600万円で、町長選後の肉付け予算の財源に充てる考えを示した。
 付託されたのは一般会計、特別会計の当初予算10件と下水道事業特別会計への繰り入れの計11件。当初予算は39億4300万円で前年度当初比で9400万円(2・3%)の減となった。4月に任期満了に伴う町長選が行われるため、骨格編成となったのが要因。
 一般会計の総括質疑を行った後、各特別会計を審議した。
 総括質疑では、国から地方に交付される地方創生臨時交付金の規模や使途について質問があった。本年度、同町に配分された地方創生臨時交付金は総額約2億5744万円で、年度内に財源として使用する。
 1月に国会で成立した国の第3次補正予算について、当局は町への配分が約9600万円と答弁。町長選に伴い、当初予算は骨格編成となったことから、選挙後に編成する肉付け予算の財源に充てる考えを示した。
 歯科診療所特別会計は、新年度の歯科診療収入を前年度当初比で744万円の減と見込んでいる。理由について、当局は新型コロナの感染拡大対策として、「患者数を調整しているため、新規患者が減少している」と説明した。
 介護保険特別会計で、介護予防として32自治会で行っている「お元気くらぶ」の運営について、質問があった。当局は、町主導だった運営方式を新年度は見直していく方針を示した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る