本文へ移動

今日のニュース

復興への思いを筆に 桂桜美術部書道班 東北6県交流展に出展 被災地へメッセージ

2021-03-01
 東日本大震災の発生から10年を迎え、大館桂桜高校(片岡俊仁校長)の芸術部・書道班の生徒4人が書道で被災地へのメッセージを送った。部員たちが鎮魂・復興・希望の思いを筆に乗せ作品をしたためた。作品は東北6県高校書道交流展「絲(いと)ITO」(宮城県)で展示される。
 同展の担当者が同班の活動を聞き、出展の依頼があった。部員も「書道を通じて貢献できるなら」と快諾した。各県から2校がエントリーし、北鹿からは同校だけ。
 同校は2作品を出展。1月から構想を練り、制作に1週間をかけた。縦4㍍×横6㍍の作品には「過去と未来をつなげる糸」と書かれ、震災から前に踏み出し、続けた歩みを応援する言葉が力強い筆致でつづられる。2㍍×3㍍の作品ではコロナ禍に焦点をあて「一緒に生きていこう」と書かれている。
 部員らは「震災で大切な家族や友達、恋人を失ってしまった方々の心に少しでも寄り添えるような作品制作を目標にした。心を込めて取り組んだ」とコメントを寄せた。
 展示のテーマは「絲」。一本の糸は細く弱くとも、二本、三本とより合わせれば、太く強くなり、織ると強い布になる。個の力は小さくとも、東北6県の高校生で連携すれば震災やコロナ禍を乗り越えられる存在になれると考案された。
 「過去と未来をつなげる糸」はせんだいメディアテーク6階Bギャラリー(仙台市青葉区、3日まで)で展示。「一緒に生きていこう」は瑞巌寺(ずいがんじ)(松島町)で19日から24日まで。
「過去と未来をつなげる糸」(同校提供)
「一緒に生きていこう」(同校提供)
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る