本文へ移動

今日のニュース

現・新4人が立候補へ 知事選告示まで1カ月 各陣営が臨戦態勢

2021-02-18
 任期満了に伴う知事選は、3月18日の告示まで1カ月に迫った。現職の佐竹敬久氏(73)=秋田市、元衆院議員の村岡敏英氏(60)=由利本荘市、県美容生活衛生同業組合前理事長の山本久博氏(69)=秋田市=に続き、新日本婦人の会県本部前事務局長の相場未来子氏(50)=能代市=が17日に立候補を表明。前回の2017年に続き選挙戦が確実な情勢だ。投開票は4月4日。
 佐竹氏は昨年11月、4選を目指して立候補すると表明。新型コロナウイルス後の社会構造変化と温暖化対策で二酸化炭素排出量ゼロを目指す世界的潮流を強調し、「気力と体力、古里・秋田を思う情熱をもう一度県政にささげたい」と述べた。自民党県連が支持、連合秋田が推薦を決めている。前回は自民、公明、社民各党の支持を得て、前知事らを破り3選した。20日に秋田市川尻町で事務所開きを行う。
 村岡氏は、19年12月に死去した村岡兼造元官房長官の次男。「国政で培った経験とネットワークを、県政発展のため最大限に生かしたい」として昨年12月に出馬表明した。本県の現状について「少子化が急速に進み、経済が停滞し地域活力も失われてしまう」と指摘し、「秋田を再起動させる」と意気込む。1月30日に秋田市川尻で事務所開きを行い、大館市御成町2丁目に連絡所を開設した。
 美容室経営の山本氏は1月に表明し、秋田市中通で事務所開きも行った。「人口減少や高齢化、平均所得の低迷など本県を取り巻く状況が厳しい中、コロナ禍が追い打ちを掛けた。若者が明るい未来を描ける秋田をつくるために民間の決断力と行動力が必要」と強調。洋上風力発電の産業化などを挙げ、「秋田の未来を子どもたちのために変えていく」と訴える。16日には能代市で講演会を開いた。
 相場氏は秋田市の県庁で会見し、「県政課題が山積する中、現役世代の女性である私が県政トップとして解決するために旗を振るべきではないかと考えた」と説明。医療・福祉の充実強化や子どもの医療費無料化、持続可能な農林水産業の推進、労働者の待遇改善、女性幹部の積極登用、洋上風力発電の中止、移住促進などを公約に掲げた。候補者擁立を目指していた共産党県委員会の推薦を受ける。
 昨年12月1日時点の選挙人名簿登録者は85万2318人(男39万8534人、女45万3784人)。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る