本文へ移動

今日のニュース

コロナ禍 タクシー苦境 忘・新年会自粛で利用「ゼロ」 大館市内すでに2社廃業

2021-01-14
配車依頼を待つタクシー(冨士タクシー)
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で忘年会・新年会が自粛傾向にある中、タクシー業界や自動車運転代行業界の需要が低迷している。例年であれば一年で一番の稼ぎ時だが、「新年会会場からの輸送はほぼゼロ」という事業所も。売り上げは前年に比べて2~3割落ち込んでおり、稼働台数を減らしたり、営業時間を短縮したりといった対応を余儀なくされている。「今までにない厳しい状況」という声が漏れる。
 大館市大町の冨士タクシーでは、昨年4~6月の売り上げが前年同期の6割まで減ったが、市のプレミアム付き商品券の影響などで徐々に需要が回復。10月には前年同期比85%まで持ち直した。しかし11月は同75%、12月は同78%、1月も同70~80%に沈む。
 県ハイヤー協会大館支部長も務める髙橋紀博社長は「通常12~1月は、1年間の売り上げの3~4割を稼げる一番の繁忙期」と話す。週末には多い日で500~600件の配車依頼があるが、今年は忘年会・新年会が激減した影響で半減し、「会社、団体規模での会が少なく、会場への配車はほとんどない」という。
 車両の稼働台数を減らしたり、運転手の出勤時間を変更したりして経費の削減に努めている。コロナ禍以前は24時間体制で対応していたが、現在は午前2~6時の営業を取りやめ。市内ではコロナ禍で既にタクシー会社2社が廃業した。運転手不足も叫ばれる中、「需要はもう戻らない。地元の利用客を大切に、安心して利用できる、働ける環境にしていかないと」と危機感を抱く。
 同市釈迦内のタクシー会社・さくら観光も「会社、法人単位の新年会からの輸送は、ほぼゼロ」と語る。山口謙一統括部長は「例年に比べ需要減が顕著。年明けからはさらに加速している。緊急事態宣言が出たこともあるのか、外出を控えている印象。これまでなら一度に3~4台の配車依頼もあったが、今年は記憶にない」とこぼす。
 市のお持ち帰りグルメ配達サービス「大館の食タクシー」が好調なほか、高齢者らからの通院、買い物時の需要が堅調で、「日中でいくらかはカバーできている」というものの「夜の売り上げは例年に比べ2~3割減少している」と明かす。「いつまで我慢すればいいのか心配。一歩ずつ丁寧に、工夫していくしかない」と対応を模索する。
 一方、運転代行事業者からは「一番影響を受けている業界」との声が上がる。同市餌釣のひがし運転代行は、12月の売り上げが例年に比べて約3割減だった。浪岡博幸代表は「それでも、忘年会はそれなりにあった」と振り返る。利用客減少は1月に入ってから拍車がかかり、「新年会が全くない。赤字の日もある。5割減どころではない。今までにない状況」と頭を抱える。
 このため、稼働台数や待機する運転手を減らさざるを得なくなった。「例年であれば忙しい時期。でも今は全然駄目。2~3月はどうなるか分からないが、コロナ次第。給付金やプレミアム商品券でなんとかなっていたが、今後も助成がないと厳しい。可能な範囲で催し物が再開してほしい」と切実に願っている。



印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る