本文へ移動

今日のニュース

鹿角市で氷点下18・3度 11日の北鹿地方 3地点で〝今季一番〟 雪捨て場は混雑

2021-01-12
雪を積んだトラックで混雑した雪捨て場(大館市観音堂)
 晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象の影響で、北鹿地方は11日、厳しい冷え込みとなった。秋田地方気象台によると、午後5時までの最低気温は鹿角市で氷点下18・3度(午前7時54分)を記録し、観測史上5番目の低さとなった。北鹿3地点で今季最低を更新した。朝にかけて雪も降り積もり、排雪作業に追われる人の姿が目立った。
 気象台によると、最低気温は大館市で氷点下15・3度(午前5時40分)、北秋田市脇神で同12・8度(同5時28分)、同市鷹巣で同10・4度(同7時3分)、鹿角市八幡平で同8・9度(同7時51分)など。各地で平年より1~12度低かった。最高気温は八幡平で氷点下5・7度(午後0時53分)を記録し、13日連続の真冬日となった。
 降雪も続き、午後2時までの24時間降雪量は北秋田市阿仁合で18㌢、鷹巣で12㌢。同時刻現在の積雪の深さは阿仁合で111㌢、鹿角市で70㌢、鷹巣で62㌢まで増えた。
 大館市内は未明から午前にかけて冷え込みが厳しく、民家の軒下などでは大きく伸びたつららが見られた。路面も凍結し、慎重に歩く市民の姿があった。
 連日の降雪で、排雪作業に励む人も目立った。同市観音堂の長木川河川敷にある雪捨て場では、各地から集まった雪が高さ5㍍ほどまで積み上がっていた。荷台いっぱいに雪を積んだ軽トラック、大型トラックがひっきりなしに訪れ、一時は10台以上が行き交って待ち時間が出るほどの混雑ぶりだった。
 同市谷地町後の60歳代男性は「寒かったので、いつもより遅い時間から雪寄せを始めた。この3連休で自宅と雪捨て場を10往復はしている」と疲れた表情を見せた。
 気象台によると、12日の県内は曇りの予報で、夕方から雪や雨が降るとしている。気温の低い状態が続く見込みで、路面や水道管の凍結に注意を呼び掛けている。

印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る