本文へ移動

今日のニュース

冬型強まり断続的に雪 倒木や車両一時立ち往生も 8日も暴風雪に警戒を

2021-01-08
雪が強まる中、雪寄せに追われる市民(大館市常盤木町)
 急速に発達した低気圧の接近で冬型の気圧配置が強まり、北鹿地方は7日、断続的に雪が降った。午後5時までに、北秋田市で倒木や車両の一時立ち往生などが発生した。列車の運休、飛行機の欠航など交通機関にも影響が出た。8日にかけてさらに降雪量が増える見込みで、秋田地方気象台は暴風雪や大雪への警戒を呼び掛けている。
 気象台によると、7日午後3時までの24時間降雪量は北秋田市鷹巣で15㌢、同市阿仁合で14㌢、鹿角市で8㌢。気温も上がらず、北鹿5観測地点で真冬日となり、鹿角市と同市八幡平では9日連続となった。
 北秋田市七日市の県道では、雪の重みで倒木が発生し、道路をふさいだ。同所の国道105号では降雪で道路の融雪装置が作動しなくなり、雪にぬかるんだ大型トラックなど車4台が一時立ち往生した。車両排除と除雪作業のため、約4㌔が午後3時10分から約1時間にわたって通行止めとなった。
 大雪が見込まれたため、交通機関は運休、欠航を決めた。JR秋田支社によると、秋田駅以北では7日、奥羽本線の特急つがる上下2本と快速・普通列車上下7本が運休、同11本が区間運休した。花輪線は普通列車上下18本が運休した。花輪線は8日も終日運転を見合わせる。
 全日空によると、7日の大館能代空港発着便は全て欠航した。
 気象台によると、8日の県内も強い冬型の気圧配置が続き、大雪となる恐れがある。8日午後6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で平野部40㌢、山沿い60㌢。雪を伴った風も非常に強く吹く見込みで、7日から8日にかけて内陸で予想される最大風速は15㍍、最大瞬間風速は30㍍。建物被害や交通障害への警戒、なだれや着雪への注意を呼び掛けている。



印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る