本文へ移動

今日のニュース

鹿角市12月議会 旧鹿角パークホテル 改修費3億円など補正予算 賛成多数で可決 

2020-11-28
一般会計補正予算は賛成多数で可決した(鹿角市役所)
 鹿角市の12月定例議会は27日開会し、2019年度各会計決算6件を全会一致で認定したほか、上程議案35件中10件を原案通り可決した。このうち旧鹿角パークホテル再開を支援する補助金3億円を盛り込んだ一般会計補正予算は一部議員から「金額が大きい」と異論が出たが、起立採決の結果、賛成多数で可決。児玉一市長は「私の市長としての政策で、一つの企業誘致だと認識している」とし、理解を求めた。
 一般会計補正予算は歳入歳出それぞれ10億6489万円を追加し、総額を230億9351万円とするもの。旧パークホテルの営業再開に向け、市が改修工事費3億円を負担する中心市街地中核ホテル再生支援事業補助金は、一日も早い再開を目指すため、同補助金とGIGAスクール整備事業費のみを計上する第10号補正として初日に採決した。
 旧パークホテルの新たな経営体は先月設立された鹿角プランニング。社長の佐藤順英(ゆきひで)氏(64)は鹿角市出身。福島県で発電所のプラント関連工事などを手掛ける会社を経営している。市がホテル再開を打診したところ、快諾した。
 再開にあたっては老朽化した施設の改修が必要で、全体工事費は約7億2000万円。このうち3億円を市が補助することとし、17日の市議会全員協議会で説明した。来年3~4月のプレオープン、同6月のグランドオープンを予定する。従業員は25~30人(うち正社員12人程度)の見込み。
 質疑では無会派の吉村アイ、田口裕、戸田芳孝の3議員が補助金額の妥当性やホテル経営の見通しなどについて、当局の見解をただした。
 阿部一弘副市長は「補助金の3億円は結果的に工事費を通じて市内経済に還元される。旧パークホテルの周辺への経済波及効果は年約5億8000万円と非常に大きく、交流人口の拡大や雇用、景観、地価など総合的に鑑みて公益性が高いと判断した」と強調。
 花海義人産業部次長は「鹿角プランニングの役員は8人構成。事業計画を確認したが、うまくいくだろうと判断した。3年目に黒字化を見込んでいる」と説明した。
 児玉市長は「補助金額が高いか安いかは、この後で結果が出るものと思っている。せっかく来てくれる会社なので成功するよう、みんなで温かくお迎えしたい」との考えを示した。
 その上で、安保誠一郎議員(無会派)は▽補助金が巨額でその内容が示されていない▽所管の常任委員会で十分な審査がなされていない▽コロナ対策を最優先すべき―の三つの観点から、一般会計補正予算に対する反対討論を述べた。
 これに対し、栗山尚記議員(鹿真会・公明)は「民間による事業再開という、これ以上ないチャンスを逃すことのないよう、市として最大限の支援を行うのは当然のこと」、中山一男議員(清風会)は「ホテルの再開が遅れるほど地域経済へのダメージは大きくなる。スピード感を持って早期着工し、オープンすることが必要」と賛成討論。議長を除く起立採決の結果、賛成12、反対4の賛成多数で可決した。
 上程したのは予算関係3件、条例関係8件、指定管理者の指定案4件、過疎地域自立促進計画の変更案、市道路線の認定案各1件の議案17件、規約を一部変更する専決処分の報告1件。
 このうち一般会計補正予算や工事請負契約変更6件、特別職、議員、一般職の期末手当を引き下げる条例改正3件の計10件を可決。議案25件と陳情5件を常任委員会に付託し散会した。会期は12月17日まで。

 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る