本文へ移動

今日のニュース

混戦の中、運動最終日 上小阿仁村長選挙 あす投票 激しい舌戦が続く

2020-11-28
上小阿仁村長選挙のポスター掲示場
 中田吉穂村長の死去に伴って24日に告示された上小阿仁村長選挙は、29日に投開票が行われる。前職と新人の一騎打ちとなり、村内の各所で激しい舌戦を展開。混戦が続く中、運動期間の最終日を迎えた。
 立候補したのは届け出順に、前職で返り咲きを狙う農業の小林悦次候補(66)=五反沢字五反沢=と、前村議会議長の新人で会社員の小林信候補(59)=小沢田字釜渕=の、いずれも無所属の2人。
 小林悦次候補は、村職員や村長の経験をアピールしながら「村長不在の非常事態を早急に正常化する。村長の経験を生かしてすぐに、対応することができる」などと訴え。年金生活者への支援やインフルエンザ予防接種無料化のほか、第2弾の給付金支給などを公約に掲げている。
 小林信候補は、村議会議長などの政治経験をアピール。「村は危機的状況。立て直すには住民と行政、議会が一つになることが大切」と訴えるとともに、「幼児教育と保育環境の充実」や「高齢者の生活支援の充実」「事業所支援と働く場の充実」などの実現を目指すとしている。
 同村の村長選挙は、1983年から連続6期を務めた故北林孝市氏が勇退した2007年の選挙以降、4回連続で村長が交代する激しい選挙が繰り広げられてきた。ただ、投票率は新人同士の一騎打ちを制して北林氏が初当選した83年が96・42%、07年は92・70%だったものの、11年は90・48%、15年は88・48%、19年は86・36%と低下傾向をたどっている。
 今回は、前回から1年7カ月しか経過していない中での選挙であることや、統一地方選の中で行われたこれまでと違い、議会議員選挙とは別日程になったこと、さらには新型コロナウイルス感染症の影響などで、投票率はもう一段、低下することが懸念されている。両陣営ともに票読みには苦慮しながらも、運動期間の最後まで、票の上積みを目指していく構えだ。
 投票は29日午前7時から午後7時(八木沢は午後6時)まで、村内8カ所で行われ、午後8時から村健康増進トレーニングセンターで開票。午後9時までには、大勢が判明する見通しだ。
 村選挙管理委員会が23日現在でまとめた有権者数は2033人(男974人、女1059人)。

 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る