本文へ移動

今日のニュース

味生む煙、もうもうと 北鹿各地 いぶりがっこ作り盛ん

2020-11-27
ダイコンがいぶされている小屋(とっと工房)
 北鹿地方で秋田の冬を代表する伝統食の一つ「いぶりがっこ」作りが盛んに行われている。各地の作業場で収穫したダイコンをつるし、いぶす光景が見られる。
 大館市比内町達子のとっと工房は、10月末ごろから作業を始めた。同施設に隣接する畑から収穫したダイコンをひもでつるし、煙が立ちこめる小屋の中で約5日間かけてじっくりといぶしていく。作業は7回に分けて行われ、約5000本を加工する。
 まきには昨年切り出し、1年かけて十分に乾燥させたサクラの木を使用。火の上にはトタンをかぶせ、ダイコンに直接火が当たらないようにしている。いぶしあがり、きつね色になったダイコンはザラメや塩、米ぬかなどで漬けて「がっこ」に。がっこは袋詰めし、空気を抜いて殺菌処理をした後、同市の「比内のゆ」で販売される。
 同工房の菊地俊策管理者は「味の評判も良く、東京や仙台などからの注文も毎年10件ほどある」と話した。希望者には、がっこにする前のいぶしたダイコンなどの販売もしている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る