本文へ移動

今日のニュース

「ラジオおおだて」1月中旬開局へ コミュニティーFM 北陽中生徒が番組も 北鹿で2局目

2020-11-22
ラジオ開局に向けて練習する生徒たち(大館市釈迦内の大館放送)
 大館市釈迦内のラジオ局大館放送(小山明子代表・局長)のコミュニティーFM「ラジオおおだて」が来年1月中旬に開局する。北鹿地方では2例目となる。メイン番組の進行役となるパーソナリティーは日替わりで市民が務め、北陽中学校(伊多波卓美校長)の生徒12人も参加。地域に密着した情報を届けて、古里を盛り上げたいと挑戦することを決めた。生徒たちは幅広い年代が地元を深く知ることができる番組にしようと、練習を重ねている。
 コミュニティー放送局は、市区町村の一部の地域で、地域に密着した情報を提供するためのFMラジオ放送局。きめ細やかな地域情報の提供、福祉活動への利用、防災情報伝達等に役立つと期待されている。
 小山代表が2018年度、会社役員や税理士ら6人で開局準備室をつくり、開局に向け必要な資格「第2級陸上特殊無線技士」を取得。総務省東北総合通信局は今年6月、同社に対し、コミュニティー放送局の予備免許を付与した。
 事業所と放送局は、大館ゴルフセンター(釈迦内)敷地内に設置。11月の開局予定だったが、アンテナなど機材設備の準備が遅れたため、1月中旬に放送を開始する。
 主な放送内容は、同市の天気やイベント、交通と防災など生活情報を中心にし、番組に出演するパーソナリティーは市民に限定。地域密着メディアとして地域活性化を目指す。
 11月21日現在、決まっている番組は10~70代の市民がパーソナリティーを務める月曜~金曜の朝(午前10時から正午)と夕方(午後5時から同6時)の2本。このほか、市も番組を借り上げ、情報を発信する。
 このうち、同校の生徒たちは毎週水曜日、夕方の番組を担当。3グループに分かれて、交代でパーソナリティーを務める。生徒たちは11日から週に1回、練習を開始。小山さんの指導の下、限られた時間内にいかに声だけで情報を伝えられるかを考えて、本番に向けて取り組んでいる。
 練習時、会話を広げてメンバーを先導していた浅利青輝(はるき)さん(2年)は「自分だけが話すのでなく、全員が参加できるよう意識している。練習を重ねて、北陽中ならではの番組をみんなでつくりたい」と意気込む。伊多波校長は「子どもたちがこの経験を通して、表現方法を学び、人として成長することを願っている」と述べた。
 小山代表は「子どもたちが番組を持つことは全国的にも珍しい。協力を快諾してくれた伊多波校長には感謝しかない。情報を見直し、言語化して伝えることは難しい。子どもたちにとって教育の一つとなり、聞く人に熱意が伝わる番組を目指す」と抱負を語った。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る