本文へ移動

今日のニュース

鹿角そばっこまつり開幕 市内外の5店を巡る 先着250人割り引き コロナ対策で16日間

2020-11-22
そばを薬味の松館しぼり大根と味わう男性(道の駅かづの)
 「そばの里」づくりに取り組んでいる鹿角市で21日、「第9回鹿角そばっこまつり」が始まった。例年は道の駅かづの「あんとらあ」を会場に市内のそば店など5店舗程度が出店して開いていたが、新型コロナウイルス感染症対策で開催期間を16日間とし、市内外の参加5店舗を巡る形で行っている。
 ソバ生産者や食品加工業者、飲食店、行政などで構成する鹿角そばの里づくり推進協議会(安保春喜会長)の主催。鹿角産ソバの消費拡大などを目的に2012年度から開いている。
 道の駅かづの「あんとらあ」のレストランでは鹿角産そば粉を使用した「大日堂ざるそば」が人気を集めた。埼玉市から訪れた70代の男性は「辛み大根とそばが合っていておいしい」と松館しぼり大根とそばの相性の良さに舌鼓を打っていた。
 12月6日まで。各店舗先着250人は価格が200円引きとなる。各店舗のアンケート用紙に記入した人が対象。
 参加店舗と対象メニューは▽満月(大湯)=そばメニュー全て▽京にしき(花輪)=手打ちそばメニュー全て▽したかわら(花輪)=そばメニュー全て▽かづの庵(大館市十二所の北部老人福祉総合エリア内)=自家製粉そばメニュー全て▽あんとらあレストラン(花輪)=大日堂ざるそば。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る