本文へ移動

今日のニュース

旧鹿角パークホテル 改修費3億円など盛り込む 鹿角市12月議会、27日招集

2020-11-21
一般会計補正予算案の初日採決などを決めた鹿角市議会運営委員会(市役所)
 鹿角市は20日、12月定例議会を今月27日に招集すると告示した。議会運営委員会(中山一男委員長)は会期を12月17日までの21日間と決めた。提出を予定している議案等は36件。旧鹿角パークホテルの営業再開に向け、市が改修工事費3億円を負担する補助金を盛り込んだ一般会計補正予算は、一日も早い再開を目指すため、初日に採決を行う予定。
 同ホテルは1980(昭和55)年に設立。花輪地区では宴会場を備えたシティーホテルとして最大級の規模で、宿泊、各種会合、披露宴など幅広く利用された。
 しかし、近年は人口減少や同業ホテルとの競合などにより業績が悪化。さらに新型コロナウイルス感染拡大により宴会や宿泊のキャンセルが相次いで資金繰りも限界に達し、5月1日に事業を停止した。負債総額は約5億円。従業員36人は解雇された。
 中心市街地のにぎわいと経済活動の重要な拠点であることから、市が新たな経営体を模索していたところ、鹿角市出身の佐藤順英(ゆきひで)氏が営業再開に手を挙げた。
 佐藤氏は福島県で発電所のプラント関連工事などを手掛ける会社を経営。先月14日にホテル経営を目的に現地法人「鹿角プランニング」を立ち上げ、今月12日に旧パークホテルの土地と建物を取得した。
 改修工事は12月初旬に着手し、来年3月~4月中旬にプレオープン、同6月ごろにグランドオープンとなる見通しとなっている。
 営業形態は旧パークホテルと同様、宿泊、各種会合、披露宴、レストランなど。従業員は25~30人(うち正社員12人程度)の見込み。
 再開にあたって改修費は老朽化した設備の更新や補修など約7億2000万円。このうち3億円を市が補助する方針。市が旧パークホテルの再生を目的に創設した「中心市街地中核ホテル再生支援事業補助金」には、3億円を上限として1回に限り交付することや、5年以内に事業を廃止した場合は補助金を返還しなければならないことなどを交付要項に定めている。
 上程を予定しているのは一般会計など補正予算5件、工事請負契約変更6件、条例一部改正6件、第7次総合計画基本構想の策定、過疎地域自立促進計画の変更各1件、指定管理者の指定14件、市道路線の認定、廃止、専決処分の報告各1件の計36件。
 日程は次の通り。開議はいずれも午前時。
 ▽27日=本会議(開会、市長行政報告、決算特別委員会審査報告、審議、議案上程など)▽28日~12月6日=休会(議案精査、休日)▽7、8日=本会議(一般質問)▽9、10日=常任委員会(付託事件の審査)▽11~16日=休会(休日、事務整理)▽17日=本会議(常任委審査報告・審議、閉会)
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る