本文へ移動

今日のニュース

必要なルール「建物の場所」 満足度トップ「山々の眺望」 鹿角市景観計画市民アンケート

2020-11-20
 鹿角市は本年度、景観法に基づく景観計画を新たに策定する。策定にあたって、身の回りの景観の評価や景観づくりのルールの必要性、好きな景観、改善が必要な景観などに対する市民の意向を把握しようと7月にアンケートを実施し、このほど結果をまとめた。設問のうち、市独自の景観のルールを作る場合に特に必要なことは、「建築物や工作物の設置場所の制限」と答えた人が最も多かった。
 調査は16歳以上の市民1000人(無作為抽出)を対象に7月14日から31日まで行い、45・1%にあたる451人から調査票を回収した。
 設問は全11。自由意見の記入欄も設けた。このうち「市独自の景観づくりのルールを作る場合に特に必要なこと」(10項目から三つ選択)の上位は①建築物や工作物の設置場所の制限37・7%②一定程度以上の造成工事の際の周辺環境への配慮36・8%③道路や橋、公園などの公共施設の色やデザイン29・0%―だった。
 「建築物の色やデザイン、高さのルール」については①制限するエリアを設定する51・4%②新たな制限は必要ない36・4%③市全域で制限する必要がある8・4%。
 大規模な太陽光発電施設等(家庭用を除く)の「今後の設置」については①ルールにのっとっていれば推進しても良い66・7%②設置を推進すべき18・8%③積極的に規制し、制限すべき8・2%。
 このうち「ルールにのっとっていれば推進しても良い」と回答した人への質問「従うべきルール」については①市全体でのルールを作るべき45・8%②設置を推進するエリアを定める28・2%③制限をかけるエリアを限定する24・6%―だった。
 八つの景観それぞれの満足度のうち「満足」「やや満足」と答えた人の割合の合計が最も多かったのは「山々の眺望」で89・3%、最も少なかったのは「駅前や商店街のまちなみ」で29・3%。景観重点地区で世界遺産登録を目指している「大湯環状列石周辺」は60・5%だった。
 「鹿角市の景観を損ねていると感じるもの」(項目から二つ選択)は①空き地や空き家71・2%②ごみの不法投棄24・8%③電柱や電線類14・6%。
 「景観を守り、つくり、育てるために、協力または参加できること」は①落書きやごみのポイ捨てなどをなくす62・5%②自宅の緑や花を増やす40・8%③美化清掃活動に参加する37・7%。
 「好きな景観」(17項目から三つ選択)は①雄大な自然風景62・1%②伝統的な催しもの54・5%③総合運動公園やスポーツ施設25・3%④田んぼや果樹園の風景24・2%⑤水辺の風景23・5%。
 自由意見で答えてもらった「好きな場所」は①総合運動公園・アルパス・花輪スキー場31人②桜山公園14人③八幡平の山並み12人―などだった。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る