本文へ移動

今日のニュース

十和田神社 光の冬物語がスタート 幻想的な空間演出

2020-11-19
点灯式に参加する地元の子どもたち(十和田神社)
 冬の十和田湖のイベント「カミのすむ山 十和田湖 光の冬物語」が18日、休屋の十和田神社をメイン会場に始まった。今年は国内で活動しているイルミネーションの専門集団が、6種類の光で約1㌔の幻想的な世界を演出する。来年の1月31日までの予定。
 冬物語は、小坂町や青森県十和田市の観光関係者で組織する実行委員会(中村秀行会長)が冬季の観光活性化を図るイベントとして、毎年開催している。
 今年は休屋の奥にある十和田神社を会場に、参道や湖畔沿いの歩道を約1㌔にわたってプロジェクトマッピングやイルミネーションなどで光の空間を演出した。
 関係者48人が集まったオープニングセレモニーで、プロジェクトマッピングを企画担当したフェスタルーチェ実行委員の古澤良祐会長は「ご家族でいつもと違った十和田神社の雰囲気を楽しんでいただけたら」と話した。その後の点灯式では地元の子どもたちが点灯を行った。
 神社前の一宮エリアでは光のフェスティバルと飲食ブースを設けている。時間は午後5時から同9時まで。
 入場料は前売り券が大人1200円(当日券1600円)、小学生以下は無料。問い合わせは、休屋の十和田湖観光交流センターぷらっと内の実行委員会事務局(☎0176・75・1531)
 
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る