本文へ移動

今日のニュース

コロナ経済対策 「応援チケット」販売開始 北秋田市 プレミアム50%、市民が列

2020-11-19
販売、利用開始日にチケットの購入に訪れた市民(北秋田市鷹巣体育館)
 北秋田市が新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として独自に取り組む「スーパープレミアム付応援チケット」の販売が18日、市第二庁舎などで始まった。販売初日から市内の取扱店舗でチケットが利用できることも影響し、各販売会場で市民が列を作った。
 応援チケットはプレミアム率を過去最大の50%に設定し、初回は7月から8月まで販売。2回目となる今回は、市内経済のさらなる活性化などを目的に、チケットの利用期間を75日間に伸ばして販売。購入のしやすさなどを考慮して1セット当たりの値段を前回より下げ、7500円分を5000円で販売した。購入限度は1世帯10セット。
 前回は販売開始後の追加募集分も含め、発行予定数の8割近くの購入があった。追加販売を行わない今回は、市内の半数以上の世帯から発行予定数7万セットの約91%に当たる計6万3654セットの申し込みがあった。
 チケットの販売と利用開始日が同時に始まったこの日は、販売会場の鷹巣体育館や各総合窓口センター、出張所に市民が大勢訪れた。このうち庁舎の混雑や三密を避けるために会場が設けられた鷹巣体育館では、サブ体育館の会計と受け渡しのコーナー計7カ所で市職員9人が応対。開始直後には50人以上が屋外まで続く列を作った。
 チケットが1セット10枚つづりのシートに変わったことで枚数を確認する時間も短縮され、チケットの受け渡しは円滑に進んだ。購入世帯の約8割が購入限度の10セットを申し込んでいることから、10セットの購入者には事前に枚数を数えたチケット入りの封筒を手渡した。
 10セットを購入した女性(73)は「灯油を買う予定。長く使えて助かる」と笑顔を見せた。購入したチケットで早速冬タイヤを買いに行くという男性(38)は、「最初は秋田市か通販でタイヤを買うつもりだった。お得で地域のためになると思う」と話していた。
 販売窓口では23日まで、土日祝日もチケット販売を行う。24日から販売終了日の12月28日までは平日のみ販売となり、鷹巣地区の販売窓口は体育館から市役所第二庁舎へ変更される。チケットの取扱店舗は日時点で計446店舗で、利用期間は来年1月31日まで。

 
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る