本文へ移動

今日のニュース

旧鹿角パークホテル 来春の営業再開へ 市出身者が新会社設立 市が改修費3億円を補助

2020-11-18
営業を再開する見通しとなった旧鹿角パークホテル(鹿角市花輪)
 今年5月、業績悪化に伴い事業を停止した鹿角市花輪の旧鹿角パークホテルが、来春春にも営業を再開する見通しとなった。同市に先月設立された「鹿角プランニング株式会社」(資本金100万円、佐藤順英(ゆきひで)社長)が同ホテルの建物と土地を取得し、経営を担う。再開に必要な改修工事費のうち3億円を上限に、市が新たな補助金を創設して負担する方針。17日に開かれた市議会全員協議会で児玉一市長が説明した。議員からは再開を歓迎する声のほか、破格の財政支援に慎重に進めるべきだとする意見も聞かれた。
 同ホテルは1980(昭和55)年に設立。花輪地区では宴会場を備えたシティーホテルとして最大級の規模で、宿泊、各種会合、披露宴など幅広く利用された。
 しかし、近年は人口減少や同業ホテルとの競合などにより業績が悪化。さらに新型コロナウイルス感染拡大で宴会や宿泊のキャンセルが相次ぎ、資金繰りも限界に達して5月1日に事業を停止した。負債総額は約5億円。
 営業再開に手を挙げた佐藤社長(64)は鹿角市出身。福島県で発電所のプラント関連工事などを手掛ける会社を経営している。「3年ほど前から古里鹿角のために何かしたい」と話をしていたことから、市がホテル再開を打診したところ、快諾したという。
 先月日にホテル経営を目的とした鹿角プランニングを立ち上げ、今月12日に旧パークホテルの土地と建物を取得した。
 再開にあたっては老朽化したレストラン、厨房(ちゅうぼう)、館内の空調・給排水・電気、宿泊室の設備(クロス、調度、ベッド)の更新、外壁・屋根の防水補修など改修が必要となる。全体工事費は約7億2000万円(第1期~3期工事)。このうち再開に最低限必要となるのが第1期工事で、工事費約3億9000万円のうち3億円を市が補助する方針。
 補助にあたって、市が旧パークホテルの再生を目的にした「中心市街地中核ホテル再生支援事業補助金」を創設。3億円を上限として1回に限り交付することや、5年以内に事業を廃止した場合は補助金を返還しなければならないことなどを交付要項に定めた。27日開会予定の12月定例市議会に同補助金を盛り込んだ補正予算案を提出する予定。
 計画によると、改修工事は12月初旬に着手。内装工事は来年3月~4月中旬に完了しプレオープンする予定。その後、外装工事が同6月ごろに完了しグランドオープンとなる見通し。
 営業形態は旧パークホテルと同様、宿泊、各種会合、披露宴、レストランなど。従業員は25~30人(うち正社員12人程度)の見込み。今月30日に佐藤社長と児玉市長が合同記者会見を行い、具体的な計画を示す予定。
 全協で児玉市長は「同ホテルはにぎわいと経済活動の重要な拠点だった。事業停止により周辺の飲食店や納入業者、タクシー・代行業などさまざまな業種の事業者が影響を受け、一日も早く再開してほしいとの声が多くの市民から上がっていた」とし、「市民の思い、佐藤氏の熱意に応えるためにも市としてできる限りの支援をしなければならない」との考えを示した。
 戸田芳孝議員が「3億円の金額は大きい。市民の声を聞いて進めるべき」と指摘。これに対し阿部一弘副市長は「パークホテルの実績を勘案すると、周辺への経済波及効果は年間5億8000万円。十分に公益性があると判断した」と理解を求めた。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る