本文へ移動

今日のニュース

名称は「サキホコレ」 秋田米新品種 都内と秋田市で発表イベント

2020-11-18
秋田市のエリアなかいちでは名称発表イベントのパブリックビューイングが行われた
 コメどころ秋田を代表するブランド米として2022年秋の市場デビューを目指している秋田米新品種秋系821の名称が「サキホコレ」に決まった。公募で寄せられた約25万件の中で最終候補に選ばれた6点から佐竹敬久知事が決定。17日に都内と秋田市の2会場をオンラインでつないだイベントで発表された。
 サキホコレは良食味でいもち病耐性が強い愛知県育成の中部132号と、粒が大きく良食味で晩生タイプの本県オリジナル品種秋田97号(つぶぞろい)をかけ合わせて開発された。本県産米の主力「あきたこまち」より成熟期が遅い晩生種で、いもち病に強く、高温による品質低下も少ない。
 ▽白さとツヤが際立つ外観▽粒感のあるふっくらとした食感▽上品な香り、かむほどに広がる深い甘み―が特徴で、価格帯の高いコメを購入している一般消費者を対象に行われた調査では、外観や香り、柔らかさ、粘り、甘みなど全ての項目でコシヒカリを上回る評価を得ている。
 サキホコレの栽培は、品種特性などを踏まえて県が選定した推奨地域のみで行われる予定。北鹿地方を含めた県北部から選定された地域はない。
 名称の公募には国内外から25万893件の応募があり、米穀関係の専門家らによる選考で▽秋うらら▽あきてらす▽秋の八二一▽稲王▽サキホコレ▽べっぴん小雪―の6点を最終候補に絞り込み。佐竹知事が最終決定した。
 東京会場のイベントには佐竹知事やJA秋田中央会の斉藤一志会長、本県出身の女優佐々木希さんらが参加した。
 サキホコレに決めた理由について佐竹知事は「稲には盛夏のわずかな時期に小さな花が咲き、稲の花が咲き誇った年は豊作となる。出来秋を迎える秋田の情景を想像させる名称で、郷里への誇りを感じる」などと話した。

秋田市のエリアなかいちでは名称発表イベントのパブリックビューイングが行われた
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る