本文へ移動

今日のニュース

児童虐待相談 「身体的」が増加傾向 大館市 改正法の体罰禁止浸透か DV関連も増

2020-11-17
 大館市で児童に対する身体的虐待の相談が増加傾向にある。改正法で明記した「しつけ」と称する体罰禁止が浸透してきたとみられ、身近に相談相手がいれば回避できたケースも少なくない。配偶者からの暴力(ドメスティックバイオレンス、DV)に関する相談も増えつつある。11月は児童虐待防止とDV防止の推進月間。市は「一人で悩まず相談を」と呼び掛けている。
 市や児童相談所、警察などで構成する市子ども・家族支援ネットワーク(要保護児童対策地域協議会)によると、4~10月に対応した相談は64件で前年に比べほぼ横ばい。このうち新規は27件だった。
 種類別の割合をみると、身体的虐待が50%で前年同期比13ポイント増、子どもに対して暴言を吐くといった「心理的虐待」は34%で12ポイント減、育児放棄などの「ネグレクト」は16%で1ポイント減となっている。
 親などから子どもへの体罰禁止を盛り込んだ改正児童虐待防止法は4月に施行され、たとえ「しつけ」だとしても身体に苦痛を引き起こす行為は体罰に当たると明確にした。具体例として▽注意したが言うことを聞かないので頰をたたく▽宿題をしないので夕飯を与えない―などを挙げている。
 市子ども課の担当者は、身体的虐待に関する相談が増えたことについて「親がしつけのためだと思っても、たたくなどの行為は虐待だということが周知されてきたのではないか」とみる。「さまざまな要因が複合的に絡み合って行為に至るため、身近な相談相手が必要」とした上で、「悩みを打ち明ける人がいれば未然に防げるケースもあった」と明かす。
 DV関連は、今年に入って対応した事例はないものの、子どもや一人親、離婚関連などの相談の背景に出てくることが多いという。「少しずつ増加している傾向にある」と担当者は懸念する。
 同ネットワークは毎年この時期、大型店で児童虐待・DV防止キャンペーンを展開しているが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため中止。代替策として「人目を気にせず手に取ることができるから」と、スーパーや書店などのトイレにチラシやパンフレットを置かせてもらう取り組みを行っている。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る