本文へ移動

今日のニュース

「共に生きる地域」理念に 鹿角市障がい者計画 策定懇談会始まる

2020-11-17
第5期鹿角市障がい者計画の評価について説明を受ける委員(福祉保健センター)
 鹿角市は本年度、障害者施策を総合的、計画的に推進するための基本方針となる第6期鹿角市障がい者計画(21~25年度)などを策定する。関係者で構成する第1回懇談会が16日、福祉保健センターで開かれ、策定体制やスケジュールのほか、新計画の構成などを確認した。
 障害者基本法などに基づき2016年3月に市が策定した「第5期鹿角市障がい者計画」と18年3月策定の「第5期鹿角市障がい福祉計画」「第1期鹿角市障がい児福祉計画」が本年度で計画満了となるため次期計画を策定する。
 懇談会は市民や関係者団体の意見を反映する目的で設置。委員には福祉・保健・医療・保育・教育・雇用の関係団体から13人を委嘱し、会長に市障害者センターかづのの成田喜輝センター長を選任した。
 市健康福祉部の豊田憲雄部長は障害者理解の推進などに触れ「障害の有無によって分け隔てられることなく、地域の一員として『共に生きる地域社会』を目指し、障害者福祉のより一層の向上が必要」とあいさつした。
 懇談会は来年2月まで全3回開催。12月下旬~1月下旬には素案に対する市民の意見募集も行う予定。
 基本的には現行の第5期計画の理念や目標の枠組みを継承しつつ、これまでの成果や課題を踏まえて見直しを行う。理念は「共に生きる地域社会の現実を目指して」。目標は「地域生活の支援のために」「充実した社会生活のために」「バリアフリーの実現のために」の三つ。
 施策には新たに「文化芸術活動・スポーツ等の振興」などを追加し、全28項目を設定する見通し。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る