本文へ移動

今日のニュース

啓翁桜 「超促成出荷」に挑戦 鹿角の栽培グループ 寒冷な地の利生かし 早出し〝日本一〟へ

2020-11-16
啓翁桜の枝を秋田八幡平スキー場敷地に運ぶ佐藤会長(鹿角市八幡平)
 鹿角地域の冬期農業品目として有望視されている早咲き桜「かづの啓翁桜(けいおうざくら)」。本格出荷開始から3年目の今年は、寒冷地・鹿角の気象条件を生かした「超促成出荷」に取り組む。栽培グループの佐藤義隆会長は「日本一早い桜の出荷に挑戦したい」と意気込んでいる。
 啓翁桜は、促成室の中で温度調節しながら真冬の開花を促すもので、正月飾りやフラワーアレンジメントの材料などとして人気が高まっている。花は一重で薄紅色。枝はスプレー状になる。販売時期は12月中旬から3月上旬まで。
 鹿角地域では2015年春から栽培が始まり、18年に東京・大田市場に初出荷した。現在は3法人と7個人が4・2haで栽培している。
 促成出荷には主に、出荷開始が1月15日ごろの「普通促成出荷」、12月25日ごろの「早期促成出荷」、12月17日ごろの「超促成出荷」の3種類がある。
 栽培グループは昨年、「早期促成出荷」に取り組んだが、今年はさらに1週間ほど早い出荷を目指す。佐藤会長は「超促成出荷した桜の価格は普通促成出荷の2倍。早出しのメリットがある。市場の後押しもあって今回、初めて取り組むことにした」と話す。
 桜の花芽は、8度以下の低温に一定期間さらされると休眠から目覚め、開花に向かう性質がある。早期出荷には、低温に遭遇させる時期を早めることが必要となるため、より寒冷な八幡平で低温にさらすことにした。場所は秋田八幡平スキー場の敷地を借りた。
 超促成出荷を行うのは、佐藤会長が所有する花輪の圃場で刈り取った枝1500本。今月12日から軽トラックで同スキー場に運び始め、25日ごろまで屋外に置いて保管する。その後、花輪の促成室に移し、12月17日の出荷開始を目指す。
 佐藤会長は「主産地の山形県では昨年の出荷開始が12月18日だった。山形より寒い地の利を生かし、早期出荷地域として認知されることや生産者の拡大、所得の確保につなげたい」と抱負を話した。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る