本文へ移動

今日のニュース

鷹南小の精神受け継いで 閉校記念式典 146年の歴史に感謝

2020-11-16
学校への感謝の思いを呼び掛けや合唱に込めた児童たち(鷹巣南小学校)
 北秋田市鷹巣南小学校(山本英幸校長)の閉校記念式典が15日、同校で行われた。児童や地域住民ら約250人が146年の歴史を振り返り、来春に控える鷹巣中央小との統合に向けて思いを新たにした。
 同校によると、1874(明治7)年8月に七日市小学校として創立。小猿部小などへの統合、改称を経て、1972年に南小が開校し、現校舎へ移転した。野球や陸上、自転車部などが全国大会に出場するなど、好成績を収めた。来年4月に鷹巣中央小と統合し、「清鷹小」となる。
 閉校式典は体育館で行われ、全校児童55人のほか、保護者、元教職員、地域住民などが出席。開式前には児童が地域に伝わる伝統芸能「上舟木駒踊り」と「七日市奴踊り」を披露した。
 山本校長は式辞で「地域から学校がなくなる寂しさはあるが、子どもたちの思いは清鷹小に引き継がれる。新しいステージでも子どもたちがのびのびと成長し、大いに活躍することを期待している」と述べた。津谷永光市長は「心も体も豊かに成長した卒業生が活躍しているのは市としても誇り。学校の精神が清鷹小に受け継がれることを願う」とあいさつした。
 全校児童の呼び掛けと合唱では学校の歴史や各学年の取り組みなどを振り返り、「これまでずっと見守ってくれた南小学校、ありがとうございました」と力強く述べ、「BELIEVE」を合唱。最後に出席者が学校への思いをはせながら校歌を斉唱した。
 式典後には思い出を語る会が行われた。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る