本文へ移動

今日のニュース

来春の高卒就職 採用試験が解禁 コロナ禍で1カ月遅れ 「県内希望」高まる

2020-10-17
採用試験が解禁され、試験に臨む生徒(伊徳)
 来春卒業予定の高校生を対象にした企業の採用試験が16日、解禁された。今年はコロナ禍で選考が1カ月遅れでスタート。北鹿地方の企業でも内定を目指し、市内外の生徒が筆記や面接試験に臨んだ。8月末時点でのハローワーク大館管内(鷹巣出張所を含む)の求人倍率は3・87倍と売り手市場は変わらず。県内就職希望が高まる傾向を機に、企業は人材確保に一層力を入れている。
 このうち、スーパーを展開する大館市の伊徳では、解禁日に1次募集分の選考を行った。16日は市外の生徒6人、17日は市内の生徒7人の計13人の選考を行い、2次募集と合わせ計20人程度の採用を見込んでいる。この日は、感染症対策のため一定の距離を確保しながら、午前に自己紹介、午後に適性試験、一般常識、作文などの筆記を行った。緊張感に包まれる会場で生徒らが真剣な表情で試験に臨んだ。
 人事部の担当者は「選考日程が1カ月延びたことで、学校との日程調整が難しかった。コロナ禍で県内就職のニーズが高まる中、県内で活躍してくれる人材の確保に引き続き力を入れていきたい」と話した。
 ハローワーク大館によると、管内で就職を希望する生徒は218人。このうち県内希望者は前年比42人減の137人。4月の数字のため、実際は県内希望が増加しているとみられる。8月末までに出された求人は131事業所から530人で、前年同期と比べ21事業所62人少ない。販売、サービス業でやや減少しているが、コロナ禍の影響は大きく目立っていない。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る