本文へ移動

今日のニュース

スポーツで地域活性化 大館市SC第1回検討委 来年3月の設立目指す

2020-10-16
SC設立へ向け地域のスポーツ資源などに理解を深めた(タクミアリーナ)
 第1回大館市スポーツコミッション(仮称、SC)設立検討委員会は16日、大館市のタクミアリーナで開かれた。市民の健康づくり、スポーツによる街づくりなどを目的とする官民連携組織の設立に向けた最初の会合で、委員長に県体育協会テクニカルアドバイザーの花岡伸明氏を選任した。今後、3回検討委員会を開き、来年3月の設立を目指す。
 委員は地元スポーツ団体、観光関連団体などの20人。説明では、日本スポーツツーリズム推進機構事務局長の中山哲郎さんSCの取り組みを紹介。全国では、大規模大会で使用された会場の新しい活用法を探ったり、プロチームと連携してホームタウンを観光地化する動きもあるという。千葉県銚子市では、廃校の校舎を合宿専用施設に再生した事例もあり、「地域が抱えている資源を掛け合わせ、地域社会の外に出していくことが求められる」とした。
 同市は山田記念ロードレース大会がスポーツツーリズムに位置付けられ、ニプロハチ公ドーム、タクミアリーナ、高館テニスコート、天然温泉、田代岳や五色湖などが資源に挙げられる。事務局では東京五輪・パラリンピックのタイのホストタウンとしてスポーツへの関心の高まりに期待した。花岡委員長は「市民の皆さんに有益なスポーツの種をまいていきたい」と述べた。
 今後は2月までに検討委員会を3回開き、基本方針案、名称案、事業計画などを決め、3月に設立総会とシンポジウムの開催を予定している。
 SCは、スポーツ大会やイベント、合宿を誘致し、スポーツを通じた交流促進等による地域活性化と市外からの誘客を目指す官民一体型の組織で、スポーツと観光を組み合わせた「スポーツツーリズム」推進のために行政とスポーツ、観光産業、各種団体が連携して取り組む。スポーツ庁が2015年から活動を支援する事業を実施しており、19年10月時点で全国に118の組織がある。21年度末までに170まで拡大する目標を掲げている。県内では由利本荘市で「由利本荘市ヘルス・スポーツコミッション」が運営されている。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る