本文へ移動

今日のニュース

扇田病院着服事件訴訟 受刑者に支払い命じる 地裁大館支部 市請求認め1億円超

2020-10-16
 大館市立扇田病院の外来診療費着服事件で、市が医事業務の元委託業者・東北ビル管財(本社・大館市)と元会計窓口担当従業員の女性受刑者(51)=業務上横領罪で懲役3年6月確定=に対し、連帯して1億5063万円の損害賠償等を支払うよう求めた訴訟の判決で、地裁大館支部(川﨑学裁判長)は15日、市の請求を全面的に認め、受刑者に着服金元金など1億1567万円と遅延損害金を支払うよう命じた。市と東北ビル管財との間では1日に和解が成立している。
 訴状などによると、市は2017年11月に提訴。受刑者が東北ビル管財に所属して同病院の収納業務を担当していた2010年7月から17年4月までの間、外来診療費の一部1億516万円を着服した不法行為で損害を被ったとして、同社と受刑者に賠償を求めていた。受刑者は「診療費の一部を着服したことは認めるが、金額は争う」としていた。
 判決によると、同支部は受刑者による不法行為で市に損害が発生したとし、市の請求を全面的に認める判断をした。受刑者に対し、着服金元金に当たる1億516万円と弁護士費用1051万円に加え、遅延損害金を支払うよう命じた。
 この日は市と受刑者との間の訴訟に関する判決が言い渡された。市と同社との間では1日に和解が成立しており、同社が着服金元金に遅延損害金の一部を加えて、解決金1億2062万円を支払う内容で合意している。
 市は「被告会社からの和解解決金が支払われた場合は、請求額から1億2062万円を差し引き、(受刑者に対して残りの)3000万円を請求することになる」としている。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る