本文へ移動

今日のニュース

事業停止の鹿角パークホテル 再開へ県外企業と交渉 地元は今後の展開に期待

2020-10-15
再開へ向け交渉が進められている鹿角パークホテル(鹿角市花輪)
 新型コロナウイルス感染症拡大などの影響を受け、5月に破産手続きに入った鹿角パークホテル(鹿角市花輪)の再開に向け、福島県内の企業と交渉が進んでいることが14日分かった。花輪地区のシティーホテルとしては最大規模だっただけに、地元商店街などは交渉の行方に期待を寄せている。
 同社は1980(昭和55)年に設立。花輪地区では宴会場を備えたシティーホテルとして最大級の規模で、宿泊のほか各種会合、披露宴など幅広い需要に対応。地域住民に親しまれ、ピーク時の95年12月期には年売上高約7億円を計上した。
 しかし、その後は地区の人口減少や同業ホテルとの競合で売り上げは下降線をたどり、2019年12月期の年売上高は約2億円まで減少した。
 さらに新型コロナの感染拡大で宴会や宿泊のキャンセルが相次ぎ、今年4月の売り上げは前年同月の20%にとどまっていた。スポンサー企業を探すなどして事業存続を模索したものの、売り上げ回復の見込みが立たず、資金繰りも限界に達し、5月1日事業を停止した。
 地域経済への影響が懸念されることから再開への期待は強く、これまで市議会でも再々取り上げられてきた。9月定例市議会の一般質問に答え、児玉一市長は「地域経済の回復のためにも、新たな経営体によって再開されることが最良であると考え、可能性のある方に相談しているところ」と前向きに交渉している状況であることを説明していた。有力な相手が見つかれば、積極的に支援していく考えを示している。
 同社の債権者集会は13日、秋田市の秋田地方裁判所で開かれ、破産管財人が財産の換価状況などを報告した。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る