本文へ移動

今日のニュース

露熊山峡 地域の宝・景勝地復活を 北秋田 荒瀬の住民ら50人で鍋っこ 「ナベ岩」や「モッケ岩」見学も

2020-10-13
 北秋田市阿仁荒瀬地区の西側にある景勝地・露熊山峡の再活性化に取り組む住民団体・荒瀬かだまり(佐々木修会長)は11日、露熊山峡の旧キャンプ場で「鍋っこ会」を開催した。荒瀬地区の住民ら約50人が鍋岩周辺を散策したり昼食を味わったりして、整備が進む山峡の現状を体感した。
 露熊山峡は荒瀬地区の国道105号から西に約3㌔の距離にあり、奇岩や巨岩が点在する。かつては霊場や炭鉱、集落があり、小学校の遠足コースとして子どもたちも訪れる場所だったが、約50年前に集落もなくなり人が近づかなくなったという。
 地域の宝である景勝地を復活させようと、旧荒瀬小学校のOBを中心に荒瀬かだまりを結成。「露熊プロジェクト」を立ち上げ、住民からの寄付や協力を呼び掛けながら活動を始めた。7月から3回ほどメンバーが集まって山峡での作業を実施した。車両の通行が困難な状態だった林道は地元企業の協力を得て土砂を撤去。見どころの一つである鍋岩や、キャンプ場までのルートでは手すりや案内看板の設置、周辺の草刈りなどの整備を進めてきた。
 今回は寄付への協力など住民への感謝を込め、本年度の活動の集大成となるイベントを企画。現地の様子を見てもらおうと住民に呼び掛けたところ、荒瀬地区の住民を中心に子どもから70歳代まで約50人が参加。荒瀬地区コミュニティセンターに集合し、マイクロバスで露熊山峡へ移動した。
 鍋岩や集落跡地、キャンプ場への分岐地点でバスから降り、希望者は鍋岩に向かった。手すりが設置された道を下っていくと川音が次第に大きくなり、露熊川沿いに高さ約30㍍の巨大な鍋岩が現れた。
 参加者は崖のように切り立った巨岩を見上げると、自然が作り上げた景観を楽しんだ。子どもの頃の学校行事や日常的に鍋岩へ訪れていたという参加者も多く、「懐かしい」と笑いながら当時の思い出を振り返っていた。
 鍋っこ会では地元の女性たちが作ったきりたんぽ鍋や山菜を使ったおかずが振る舞われ、旧キャンプ場に敷いたゴザの上で味わった。参加者は「紅葉の時期にまた来たい」などと口々に話しながら、楽しいひとときを過ごしていた。
 20年ぶりに山峡へ訪れたという荒瀬自治会長の湊一彦さん(77)は「当時の様子から一変したが、ここに来ると昔の思い出がよみがえる。荒瀬地区の活性化につながるよう今後も活動を長く続けてほしい」と期待を寄せた。このほか露熊集落の跡地や、カエルの形をした「モッケ岩」など名前が付けられた奇岩を見て回るバスツアーも行った。
 荒瀬かだまりによると、今後は冬囲いなどを行って来春以降も現在の状態を維持できるよう備え、本年度の活動を終える予定。来年度もさらに整備を進め、「誰でも簡単に、気楽に行けるようにしたい」と話している。
 
巨大な鍋岩を見上げる参加者(露熊山峡)
きりたんぽ鍋を味わいながら昔の思い出を振り返る住民たち(旧キャンプ場)
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る