本文へ移動

今日のニュース

来春の小坂町長選 細越氏が4選出馬表明 9月議会最終日 新総合計画の実施に意欲

2020-09-18
9月定例会本会議で4選出馬を表明する細越氏(役場)
 任期満了(来年4月11日)に伴う小坂町長選に向け、現職の細越満氏(73)が17日、4選出馬を表明した。9月定例町議会の最終本会議で、「(任期満了まで)全力で町政に取り組んでいきたい。その後の町長選については、皆さんの力を頂き、出馬したい」と述べた。立候補を表明したのは、現職が初めてで、今後対抗馬の動きが焦点となる。
 細越氏は、6月定例会一般質問で出馬の意向を質問され、「現時点では白紙の状態。9月定例会までには、きっちりと決めたい」と9月までに態度表明する考えを示していた。
 本会議での議案審議が全て終了した後、特別に発言を求め、町長選への意向を明らかにした。「残された任期が半年強という時期になった。最後まで全力で町政に取り組んでいきたい。その後の町長選については、皆さんの力を頂き、出馬したい」と述べ、4選出馬を正式に表明した。
 閉会後、取材に応じた細越氏は、来年3月で終了する現行の第5次総合計画に言及し、「不十分なところがあり、検証して、(来年度から始まる)第6次計画につなげていきたい」と出馬の理由を話した。
 6月定例会では、これまで成し遂げた事業として、「『若者世代の定住促進』に力を注いできた」として、▽小中一貫教育の実現▽小坂鉄道レールパークを核とする「明治百年通りにぎわい創出プロジェクト」▽高校生までの医療費無償化▽小中学校の給食費半額助成▽小坂産ワイン醸造施設の小坂七滝ワイナリー整備―などを挙げた。
 自らの町政を振り返り、「私の持てる力を精いっぱい発揮しながら、誠心誠意まちづくりに取り組んできた」と町政運営の基本姿勢を示し、人口減少に歯止めを掛けることは容易でない、と指摘。各種施策を実施、継続することによって、「町の規模に見合った魅力ある町づくりを進めなければならない」と述べていた。
 2017年の前回選挙は、現職の細越氏が選挙前年の9月定例会で3選出馬を表明。対抗馬として元町長を擁立する動きが告示直前まであったが、結局対立候補は出ず、年ぶりの無投票当選を決めた。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る