本文へ移動

今日のニュース

県内小中高の修学旅行 大館で受け入れ始まる 11月までに6校予約 コロナ禍で行き先変更

2020-09-18
きりたんぽづくりを楽しむ鳥海中の生徒たち(陽気な母さんの店)
 大館市内で今月から、県内の小中高校の修学旅行受け入れが始まった。新型コロナウイルスの影響で行き先を県外から県内に変更する動きがある中、11月までに6校から予約が入っており、約450人が来市する予定。県内の学校を迎えるのは本年度が初めてで、市まるごと体験推進協議会は「コロナの収束が見えない中、受け皿になりたい。この機会に大館や周辺地域の良さを知ってもらえれば」としている。
 新型コロナの影響を受け、県内の小中学校等の修学旅行は、日程を例年の5~6月から秋以降に延期したり、行き先を北海道、仙台、東京などから近隣県や県内に変更したりする動きが出ている。一部では中止を決めた学校もある。
 大館市で受け入れを担う同協議会は、県内で行き先に悩む学校の受け皿になろうと誘致活動を展開。6月下旬に鹿角広域観光推進会議、駅弁製造の花善(大館市)、ホテル鹿角(鹿角市)との4者で県南部や秋田市の旅行会社、バス会社計9カ所を訪ね、大館・鹿角地域を周遊するプランを提案してきた。その結果、9月に2校、10月に3校、11月に1校からきりたんぽづくり体験などを含む予約が入った。
 皮切りとなった16日は由利本荘市鳥海中学校の3年生23人、秋田市太平中学校の3年生3人が来市。鳥海中の生徒は2泊3日の旅程のうち、2日目に大館に立ち寄った。陽気な母さんの店では、きりたんぽづくりを体験。協議会員の手ほどきを受け、本場・大館の作り方を楽しんで学んだ。試食ではお代わりする生徒もおり、全ての鍋が空っぽになるほどの人気ぶりだった。
 同校一行はこの日、市観光交流施設・秋田犬の里も訪問。初日には史跡尾去沢鉱山(鹿角市)なども回った。当初の行き先は東京・千葉だったが、ほとんどの生徒が訪れたことのない県北部を選んだ。
 佐藤彩来(さき)さんは「本場のきりたんぽはおいしかった。普段できない経験ができ、新たに秋田の良いところを見つけられた」と笑顔を見せた。3年部主任の佐藤典子教諭(53)は「きりたんぽを食べることや、秋田犬と会うことを生徒は楽しみにしていた。収束が見えない中、今後の新たな候補の一つになったと思う」と話した。
 市まるごと体験推進協議会は「誘致活動が成果につながった。困っている学校があれば力になりたいし、この地域をもっと知ってもらい、好きになってほしい。今後も県内の学校向けに誘致・PRを進め、行き先の候補地として考える学校が増えてくれれば」と期待を込めた。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る