本文へ移動

今日のニュース

縄文遺跡群現地調査 12日間の日程終了 文化庁らが会見「一定の理解得られた」

2020-09-18
上小阿仁村議会の本会議(村役場)
 上小阿仁村の9月定例議会は17日、最終本会議を開き、初日に提案された2019年度各会計決算8件を認定、一般会計補正予算案など議案7件を可決したほか、インフルエンザ予防接種の費用助成を全村民に拡大するための事業費を計上し追加提案した一般会計補正予算案と、議員発議の意見書1件も可決し、閉会した。
 19年度各会計の決算のうち、一般会計は歳入25億1374万5000円、歳出23億8838万円で差し引き1億2536万5000円の黒字。繰越財源を差し引いた実質収支額は1億2125万7000円だった。特別会計では5会計で繰越金を計上しており、総額は719万4000円となった。
 20年度の補正予算は、一般会計が1億6951万9000円の追加で補正後の総額は28億3750万6000円。歳出の主なものは、村税条例整備支援業務委託料が132万円、テニスコート休憩所改修工事が170万5000円、森林デジタル化推進事業負担金が455万5000円、伊勢堂下橋護岸補修工事が266万2000円など。
 この日追加提案した一般会計補正予算は、インフルエンザの予防接種にかかる費用への助成の対象を全村民に拡大するため、これまでの「中学生以下」および「高齢者」に加え、「16歳(高校1年生相当)から65歳未満の人」に対する経費を追加するもの。
 対象人数は883人で、助成額は1500円(1回)。歳出のうち、地域振興基金積立金を132万5000円減額し、同額をインフルエンザ予防接種料に組み替えた。予算の総額に変更はない。中田吉穂村長は北鹿新聞などの取材に、全村民への助成について「本年度だけではなく、来年度以降も継続する」との方針を示した。
 議員発議で提出し、可決した意見書は「新型コロナウイルス感染症の影響に伴う地方財政の急激な悪化に対し地方税財源の確保を求める意見書」。「今後の地方財政は、かつてない厳しい状況になることが予想される」などとして、安定的な財政運営のための地方税・地方交付税等の確保・充実を求めている。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る