本文へ移動

今日のニュース

来年1月の比内とりの市 コロナ感染防止で中止に 実行委が代替企画を検討

2020-09-17
 来年1月23、24日に予定されていた大館市比内町の冬の祭典・第37回「比内とりの市」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止が決まった。感染の終息が見通せない中、市外、県外から多くの来場者を迎えるイベント実施は難しいと実行委員会が判断した。比内地鶏の販売キャンペーンなど代替企画の検討を進めており、来月中旬の実行委で話し合う。
 例年1月の第4土・日曜に、比内グラウンドを主会場に実施。第37回に向け、6月にJAあきた北青年部、大館北秋商工会青年部、同JA比内地鶏生産部会、市比内総合支所の26人で実行委員会(角森繁永委員長)を組織。コロナ禍の中、実施できるかどうかを協議してきたが、日に比内総合支所で開かれた第4回会合で、中止を決めた。
 実行委事務局の比内総合支所は「例年2万人の人出があり、多方面から来場するため、感染対策を徹底して行うのは難しいと意見がまとまった」と話す。ポスター作製や出店者への対応などを踏まえ、この時期に決定した。 
 一方、新型コロナの影響を受けて比内地鶏の需要が低迷していることから、「販売促進につながる取り組みを」と代替の企画を検討する。これまでに「SNS(会員制交流サイト)で販売キャンペーンを行う」「名物の千羽焼きの様子を動画で公開する」などの案が出ている。例年は会場に設置した神殿で比内鶏の供養と全ての食鳥の霊に感謝する比内鶏感謝祭を行っており、神事は扇田神明社に関係者のみが集まって執り行う予定。
 比内とりの市は1985年に当時の比内町商工会青年部が始めた。特産の比内地鶏のPRと地域活性化を目的に、「食べる、見る、買う、遊ぶ」をテーマに、比内地鶏かやきや本場きりたんぽ村などの出店、ステージイベントなどを展開。第36回は初日に約8500人、最終日に約1万1500人の人出があった。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る