本文へ移動

今日のニュース

9月上旬の北鹿地方 統計開始後、最も暑く 最高気温平均30度超 平年より3~6度高く

2020-09-16
9月に入っても厳しい暑さが続いた大館市。強い日差しを避けようと、日傘を差して歩く人も目立った(御成町)
 厳しい残暑に見舞われた北鹿地方で、9月上旬の気温が記録的な高さだったことが秋田地方気象台のまとめで分かった。最高気温の平均値は大館市、北秋田市鷹巣で32・1度となり、各地で1970年代の統計開始以降最も高くなった。平年より3~6度も高かった。
 北鹿地方は8月下旬から猛暑となる日が目立ち、例年は暑さが一服する9月に入っても厳しい残暑が続いた。大館市では9月1~10日のうち、最高気温が35度以上の「猛暑日」が3日間あり、同30度以上の「真夏日」も4日間あった。北秋田市鷹巣では3日、北鹿地方で今年最高気温となる37・9度まで上昇し、観測史上3番目の高さとなった。
 気象台によると、最高気温の平均値は北秋田市脇神で30・8度、同市阿仁合で30・7度を記録。鹿角市では29・8度となり、1977年の統計開始以降の最高値を更新した。平年は八幡平を除いた各地で25~26度台のため、3・9~5・9度も高くなった。27~29度台だった前年と比べても1・2~2・6度高かった。
 平均気温は北秋田市鷹巣で26・3度、大館市で26度、北秋田市脇神で25・2度、鹿角市で24・4度など。平年より3・8~5・3度高くなり、前年と比べても1・9~2・7度高かった。
 日照時間も多かった。鷹巣で86時間(平年50・1時間)、鹿角市で79・3時間(同48時間)、大館市で78時間(同47・2時間)など。各地で平年の1・5~1・8倍に上った。
 気象台が発表した9月上旬の気象概況(速報値)によると、高気圧に覆われて晴れた影響で、平年に比べて気温が「かなり高い」日が続き、日照時間は「かなり多い」状況となった。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る